&Renoトップ リノベーション事例 【キッチンデザインの教科書】7. 事例|面積50㎡台|ここまでできる!オシャレなキッチン5選

【キッチンデザインの教科書】7. 事例|面積50㎡台|ここまでできる!オシャレなキッチン5選

【キッチンデザインの教科書】7. 事例|面積50㎡台|ここまでできる!オシャレなキッチン5選

バックナンバー

キッチンは、リノベーションの中でもこだわることが多く、最も力を注ぐ部分でもあります。

前回のキッチンデザインの教科書では、アイランドやペニンシュラなど、広さが必要!と言われているキッチンも、デザイン次第で実現できるという<面積30~40㎡台のコンパクトマンション>の事例を紹介しました。

今回はマンション面積50㎡台。この広さになると、さらにデザイン性がアップし、空間にも遊びがでてきます。一人住まい~ファミリーまで幅広い方にお勧めの事例です。

事例①【50.55㎡】コンパクトマンションでもこの広さ!間取り図リンクも!

【キッチンデザインの教科書】7.

【キッチンデザインの教科書】7.

このキッチンのアイディアは「カウンター+ダイニング」、室内のコーナー部分にキッチンをまとめたというもの。そうすると、それ以外の部分を広く使うことができます。

隣接しているキッチンとダイニングの間には、透明の仕切りで圧迫感もありません。
キッチンとダイニングテーブルを一続きにして、パーティーもできるサイズのダイニングを実現。もともと細分化された3LDKだったお部屋を1LDKにすることで、リビングの広さもしっかりと確保できました。

【リノベ不動産|事例(間取り図)】
【この事例の取材記事はこちら】

事例②【52.30㎡】壁付キッチン+カウンターテーブルで、リビングをもっと広く

【キッチンデザインの教科書】7.

マンション面積が52.30㎡あると、ここまでできるという事例です。カウンターを設置して、対面式風キッチンを実現。キッチンは奥行きがあるため、対面にするとどうしても存在感が出ますが、壁付にすると空間を広く見せることができます。またカウンター上部に吊り戸などがなくリビングダイニングへの視線も抜け、より広く見せています。


 

【キッチンデザインの教科書】7.

【キッチンデザインの教科書】7.

カウンターとは別にダイニングテーブル、リビングにソファを置いてもまだこのゆとりがあり、さらには個室としての内窓のある書斎も作られています。
それぞれが、それぞれの好きな場所で、ゆったりくつろぐことができるスペースを確保した事例です。
【リノベ不動産|事例(間取り図)】

事例③【51.90㎡】アーバンアウトドア仕様のキッチン

【キッチンデザインの教科書】7.

【キッチンデザインの教科書】7.

【キッチンデザインの教科書】7.

こちらの事例は、キッチンが部屋のまん中にあるアイランドキッチン。ステンレス製の無骨なキッチンとブラックの壁紙で、室内にいながらアウトドアテイストを感じるデザインになっています。
52㎡超あるルーフバルコニーに向かってカウンターを設け、抜ける景色を眺めることができます。

【リノベ不動産|事例(間取り)】

事例④【55.97㎡】カウンター回りをデコラティブにして、オシャレな対面キッチンに

【キッチンデザインの教科書】7.

【キッチンデザインの教科書】7.

レトロカフェ風なこちらのキッチン。キッチンの間取り位置は変えていませんが、もとからあったウォールキャビネットを取り除いて、カウンターキッチンの開口部を大きくして明るい印象に。ウォールキャビネットをなくした分、後ろに壁面収納を造ってカバーしています。

煉瓦の壁が印象的な事例ですが、実は梁や柱など、取ることができない部分をデザインに取り込んでいます。梁の部分まで煉瓦にすることで、どこか海外の小道を抜けるような感覚が生まれるのです。キッチン横の通路まで全体をデザインすることで、奥行を感じることができます。

【リノベ不動産|事例(間取り)】

事例⑤【51.16㎡】部屋の奥まで光と風が届く、吊り戸を無くした対面オープンキッチン

【キッチンデザインの教科書】7.

【キッチンデザインの教科書】7.

【キッチンデザインの教科書】7.

もともと側面の壁付けだったキッチンを90度方向を変え、ペニンシュラキッチンにすることで、対面式にした事例です。

縦長の間取りながらに奥まで光が届くように上部まで仕切らずに、オープンな空間で緩やかにゾーニングしています。

キッチンからすぐアクセスできるダイニングは配膳や片付けの導線が良く、光がいっぱい降り注ぐ空間となりました。

まとめ

いかがでしたか?50㎡台という限られた広さでも、アイランドやペニンシュラキッチンを実現したり、カウンター、ダイニング、リビングから書斎まで各スペースを確保したりと、デザインによってたくさんの可能性があることがわかりました。
また、50㎡台と一口にいっても、物件の特徴も大きく影響します。叶えたいキッチンのデザインがある場合は、物件探しの段階からプロに相談などをすると安心です。
 

バックナンバー

【HAGS】リノベーションのプロが使うキッチン&建材を集めたサイト

【キッチンデザインの教科書】7. 【キッチンデザインの教科書】7.

リノベーションのプロがセレクトし、かつ使用している、オシャレなキッチンや建材を自分で購入できるサイト。

キッチンだけでなく照明やタイルなど、今まで探すのに苦労していたアイテムたち。プロが厳選したものを、まとめてチェックできるのがポイント!

こちらもチェック

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表