&Renoトップ リノベーション事例 【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル

バックナンバー




インテリアで人気な「北欧スタイル」。北欧とはフィンランド・デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの4カ国を指しています。北欧は日照時間が短いため、暗く寒い毎日が続くエリア。そんな土地柄がゆえに「自宅では明るく快適に暮らしたい」という想いが強く、明るさと暖かさを感じる空間づくりが生まれました。それが北欧スタイルの原点です。
 
最近ではキッチンにも多く取り入れられています。そこで今回の「キッチンの教科書」では、リノベーションによって北欧スタイルに生まれ変わった事例をご紹介します。

色と照明でメリハリをつけた“ほっ”とできるキッチン

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

北欧スタイルといえばウッディな雰囲気。白を基調にした空間が木の温もりと、アイスブルーのドアやかわいらしい照明を際立たせてくれます。

キッチン内には暖かみのある木目を部分的に使用し、天井にはダークグレーを採用することでメリハリをつけました。

カウンターキッチンが開放感を与え、ダウンライトの優しい光が柔らかさを演出しています。

家族団欒の場に変身した、北欧ナチュラルテイスト

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

キッチンの奥行を活かすためにカウンターを壁付けしたことで、コンパクトながらもお子様がお手伝いをしても十分動ける広さを確保しました。

キッチンの横にあるカウンターは、食事の盛り付けはもちろん、料理中のママの近くでお子様が勉強をしたり、片付けを終えたママが家計簿をつけたりすることができる万能テーブル的存在。

タイル調の柱やブルーのドアがアクセントになった北欧ナチュラルテイストに仕上がりました。

ビビットカラー&しっかりゾーニングで、カフェ風北欧スタイルに

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

北欧スタイルでよく使われるのが、ビビッドカラーのポイント使い。鮮やかで暖かみもあるオレンジのデザインアーチが一気に北欧テイストを高め、ナチュラルカラーの空間を彩ってくれます。

キッチンはパイン材でしっかりゾーニング。カフェのようなオシャレな雰囲気と、木材から滲み出るどこか懐かしい感じが見事に融合しています。

収納力抜群のカウンターを採用したので、整理整頓にも困りません。

白×木材×タイルで叶うヴィンテージ風北欧スタイル

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

十分に採光できるという長所を存分に活かした事例です。

白とナチュラルカラーをベースカラーにして、さらに明るい空間に変身! ウッディなキッチンカウンターと作業台は、ヴィンテージな雰囲気と木の温もりを感じさせます。

カウンターの壁に貼られた長方形のサブウェイタイルは北欧スタイルにぴったり。お手入れがしやすいのも嬉しい点です。キッチンのスポットライトが、こじゃれた印象を与えています。

コントラストでナチュラルカラーを引き立たせる上級テク

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

白い天井と壁、ダークブラウンの床のコントラストが美しいキッチンです。

白いキッチンカウンターが天井と壁に同化し、凹凸のないすっきりした印象に。

そのままでは浮いてしまうナチュラルカラーのウォールキャビネットは、ダイニングセットと色を合わせたことでしっくりと馴染みました。食卓の上のペンダントライトが遊びゴコロを感じさせます。
 

2色でつくる洗練された北欧テイスト

【キッチンデザインの教科書】2.北欧スタイル"

キッチンとダイニングを距離感でゾーニングする手法。あえて仕切りをつくらないことで、ゆったりと開放感ある空間になりました。

色は白とナチュラルカラーの2色のみですが、殺風景にならないのはナチュラルカラーを上手く使っているから。

ダイニングセットとアイランドキッチン・ウォールアートをナチュラルカラーで揃えることで、2色でも室内にメリハリと統一感が出ます。きちんとしながらオシャレな雰囲気もあるキッチンになりました。

カントリーテイストも加わった、懐かしさを感じるキッチン

カントリーテイストも感じる北欧スタイルのキッチン。白×グレーの組み合わせはクールに見える色の組み合わせですが、柔らかい印象を与えるウォームグレーにしたことで優しさが加わりました。

北欧テイストに仕上げているのが所々に使われたナチュラルカラーの木材。
天板・キャビネット・床に取り入れることで素朴な印象を与えています。 シンプルな水栓とサブウェイタイルがこなれ感を出しているのもポイント。

“キーカラー”を設定した目を引く色使い

北欧スタイルは目を引く色使いが上手なスタイル。
こちらのキッチンは、濃いブルーをキーカラーにしています。占める面積は多くないものの、存在感ばっちり。

白とウォールナットカラーだけならモダンテイストになりますが、部分的にはっきりした色を入れることで北欧ムードが漂うキッチンに。かわいらしいガラスのペンダントライトとインテリアグリーンがキッチン全体に和やかさを加えています。

ダークカラーをベースにした上品なキッチン

“ナチュラル”や“かわいらしい”イメージが強い北欧スタイルですが、落ち着いた大人の北欧スタイルにしたいなら、ダークカラーをベースにするのがオススメ。

キッチンカウンター・アイランドキッチン・床を同じダークカラーで統一すれば、かっこよく仕上がります。光沢がある白いキャビネット、ニュアンスグレーのキッチンタイルが品の良さを感じさせます。

ベーシックカラーだけでも、こんなにオシャレなキッチンに!

木とナチュラルカラーをベースにした事例です。白との2色ではシンプルになりがちなところ、部分的にタイル壁にしたり、黒板を付けてみたりすることで楽しさを加えました。キッチンのブラックのラインと照明、時計、黒板のリンク感が全体を引き締める効果も。

ベーシックカラーでも異素材ミックスすれば、表情豊かになります。インテリアグリーンを入れれば、のんびりできる安らぎの空間に。北欧スタイルには欠かせない“安息”“快適”を体現したキッチンです。

まとめ

人気の北欧スタイルも、色の組み合わせや使用する素材でこんなにも異なります。どの色をベースカラーにするかで、大人っぽくもかわいらしくも、ナチュラルにもなるのが北欧スタイルの魅力。

とはいえ、もし何から着手すればいいのかわからなければ「自分がどんな雰囲気の北欧スタイルにしたいのか」を明確にしましょう。

次に、選んだ雰囲気に合う色を決めてみる。そこから北欧スタイルに欠かせない木をどうやって取り入れるか決めていくといいですよ。

カウンターや造作キャビネットに取り入れるのか、それとも家具で取り入れるのか。自分の好きな北欧スタイルの写真を集めて、色使いや木の種類を選んでおくと便利。今回の事例集から、お好みの北欧スタイルが見つかったなら幸いです。
 
他にも、キッチンの建材や照明でオシャレなものを見つけたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。【HAGS】

 

こちらもチェック

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表