&Renoトップ リノベーションのハウツー 信用できる不動産会社を選ぶためのお役立ちマニュアル

信用できる不動産会社を選ぶためのお役立ちマニュアル

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5309

信用できる不動産会社を選ぶためのお役立ちマニュアル

おしゃれな家探しのコツ

今回は「不動産会社選び」をテーマにお届けします。
 
主にこの2点を深掘りしていきます。
 
(1)こんな会社には注意しよう
(2)こんな営業マンがいたら安心
 

・物件を内覧したけど、営業マンに違和感を覚えている方
・不動産会社が多すぎてどうやって選ぶべきかわからない方
・もしかしたら中古物件を買ってリノベーションするかもしれない方
 
こんなお悩みをお持ちの方は是非ご覧ください。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

注意するべき会社

信用できる不動産会社を選ぶためのお役立ちマニュアル"

まず、こんな不動産会社には注意しましょう。
 
(1)NGワードを使っている
(2)仲介手数料無料を全面にアピールしている
(3)路上に看板を出している

 
一つずつ、詳しくご説明していきます。
 
(1)NGワードを使っている
「特選」のように、一定の基準によって不動産が選別されたことを示す用語のほか、価格が著しく安いという印象を与える用語(「格安」等)、他社よりも優位であることを意味する用語(「業界初」「日本一」等)や最上級を示す用語は、客観的、具体的な根拠を示す事実がない限り使用が禁止されています。
 
このようなNGワードを使っている会社は、コンプライアンスが徹底されておらず、信用がおける会社とは言い難いでしょう。
 
(2)仲介手数料「無料」をアピールしている
仲介手数料は不動産業の主な収益源です。無料ということはどこで利益をとるのでしょうか。基本的には、その会社が保有している物件であれば、仲介手数料は不要です。つまり、仲介手数料無料=自社保有物件の販売を積極的に行いたいと読み取ることもできるでしょう。
 
では、世の中に出回っている物件数と、一つの会社が保有している物件数、どちらが多いでしょうか。
 
答えは明確で前者です。
 
仲介手数料無料ということは、あなたが「買いたい」物件よりも、不動産会社が「売りたい」物件を優先して紹介されるということ。希望とは異なる物件を紹介される可能性が高いため、注意が必要です。
 
(3)路上看板は法律違反
路上を歩いているとたまに見かける不動産会社の看板。敷地内に収めていればいいですが、路上にはみ出るように設置されている看板は違反です。これらを守っていない=モラルが低いともいえます。
そもそも法律違反を平気で行う会社はオススメできません。

こんな営業マンがいる会社は安心

信用できる不動産会社を選ぶためのお役立ちマニュアル"

ここからは、リノベーション前提で物件探しをされる方に向けて、こんな営業マンなら安心というポイントをご紹介していきます。
 
(1)ヒアリングが丁寧
あなたが口に出している要望だけでなく、その背景にある価値観を知ろうとしてくれる。
要望を全部聞き出した上で、優先順位をつけてくれる営業マンなら安心です。
 
(2)構造についての知見がある
地震による倒壊率は構造によって異なることが分かっています。主にこの4点は住宅金融支援機構の耐震評価基準として定められています。つまり、下記の4つに該当しないと、ローンが通りにくい上、耐震面で不安が残るので注意が必要です。
 
・壁式構造とラーメン構造の混用でないこと
・平面形状が著しく不整形でないこと
・セットバックが大きくないこと
・ピロティが偏在していないこと
 
中古物件を購入する方の多くが、「耐震大丈夫なの」という不安をお持ちです。これにお答えするためには、構造の知識を持っている営業マンなら安心できるでしょう。
 
(3)ハザードマップを確認してくれる
2019年、台風19号が猛威をふるい、千葉県をはじめ日本全国で水害が相次ぎました。人々の防災意識も高まっていることから、内覧時にハザードマップを持ってきてくれる営業マンは、不安に先回りして寄り添うことのできる信頼がおける人といえます。
 
(4)管理状態の良し悪しが判断できる
管理の良し悪しでマンションの寿命や外観に大きく差がでてきます。内覧のときには下記の書類を準備しており、説明が分かりやすい営業マンは信頼がおけるでしょう。
 
・重要事項調査報告書
・長期修繕計画
・管理規約
 
(5)無理のない資金計画を組んでくれる
多くの方は住宅ローンを組まれるでしょう。その際に大切にしたいのが、「借入可能額≒返済可能額」ということ。
 
借入可能額:年収の7倍から8倍。
返済可能額:年収の5倍から6倍。
 
無理なく返していける返済可能額を算出した上で、月々の支払いコスト総額まで落とし込んで資金計画を作ってくれる営業マンなら安心です。
 
(6)リノベーションの知識が豊富である
リノベーションは自由に見えて、実は制約が多くあるのも事実。管理規約で制限されること、配管ルートや換気ルートでの制約。それらを熟知しており、リノベーションでできることできないことを即答してくれるような営業マンがいると安心です。

まとめ

信用できる不動産会社を選ぶためのお役立ちマニュアル"

怪しい不動産会社に騙されないために、具体的に気をつけるべきことを2点ご紹介しました。
 
(1)こんな会社には注意しよう
(2)こんな営業マンがいたら安心

 
これから物件選びを始めたり、既に物件を探しているけど、なかなか良い担当者に巡り会えないという方はぜひ、リノベ不動産のイベントにご参加ください。
リノベーション経験豊富なスタッフが、あなたの悩みに寄り添い、解決していきます。

こちらもオススメ

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  4. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  5. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  6. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  7. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  10. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表