&Renoトップ 誰でもわかるリノベーション用語集 「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/3016

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!

「リノベーション」と「リフォーム」、意外とこの2つの言葉は混同をされています。今回はその「リノベーション」と「リフォーム」の違いを徹底解説し、「リノベーション」を検討されている方に様々な角度からメリットに限らずデメリットも含めてお伝えをして参ります。

1:「リノベーション」と「リフォーム」とはそもそも違う意味

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!"

まずは、「リノベーション」と「リフォーム」それぞれの言葉の意味を把握しましょう。

リフォーム=部分的

リノベーション=全体的

乱暴さもありますが、簡潔に表現するとこのようになります。

これをより具体的に示すと以下のようになります。

▶リフォーム

「リフォーム」は、基本的には古くなった家の部分を新築時の状態に戻すことです。賃貸マンションの原状回復も実質的に「リフォーム」です。マイナスになっているものを0に戻すというとわかりやすいでしょうか。
英語でいうと「Reform」で、これは日本語訳すると「改良」に当たります。改めて元の状態のように良くすることというわけです。
元通りに限らず、部分的な改良も「リフォーム」です。例えばお風呂場が古くなったため一式最新設備へ取り替えること。これは「リフォーム」ということになります。


引用元:意外と混同!リフォームとリノベーションの違い(当媒体記事)


▶リノベーション
「リノベーション」は、建物自体を大規模に改修すること。古くなったから直すということではなく、間取りやデザイン自体にも手を加えて生活の向上を目指すことです。つまりマイナスになっているものを一気にプラス転嫁するイメージです。
英語いうと「Renovation」で、これは日本語訳すると「刷新」に当たります。元通りではなく、元あるものをより良くすることというわけです。
ちなみに「リノベーション」においてよく出る懸念が、建物が中古故に自然災害に耐えられるのかというもの。「リノベーション」は、デザイン面に限らず耐震補強なども含まれます。よって、それらの施行も行うことで新築より安価で不安も払拭の上で真新しい家に住むことができるのです。

引用元:意外と混同!リフォームとリノベーションの違い(当媒体記事)


つまり、家が古くなってそこを直すことは「リフォーム」。家が古くなったので全く新しいデザインコンセプトで生まれ変わらせることが「リノベーション」です。

2:「リノベーション」と「リフォーム」は混同されている

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!"

上記の説明に基づくと、今まで混同されていた方は「やろうとしていたことはリフォームではなくリノベーションだった。なので今後はリノベーションだけ情報収集をして、リフォームの情報収集はやめてしまおう」と思われるかもしれません。

しかし、この「リノベーション」「リフォーム」というものに関してはそう簡単に片付けられないのが現実であります。

なぜならば、言葉が混同されているため、実際はリノベーションの情報であってもリフォームという言葉を使用して案内しているページも多く存在するのです。その逆もまた然りです。

これは純粋にその情報発信元が間違って認識していることもあるでしょう。それであれば、「その記事は信頼できない」と片付けられます。

しかし、そう簡単ではないのです。一般的に言葉が混同されているのを認識した上で、わざとリノベーションの情報にリフォームという言葉を使用しているケースもあるのです。これは優しさからそうしているケースもあるので一概に批判するものでもありません。

当媒体ではリノベーションとリフォームは混同せずに明確に言葉を分けて使用をしていますが、そうでない媒体や各情報サイトもございます。それらサイトの情報が当社でリノベーションされるお客様に役立つことも十分に考えられます。

よって、「言葉が混同されているので、それを踏まえて情報収集を行っていこう」というスタンスでいると良いでしょう。

3:【比較】「リノベーション」と「新築」

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!"

続いては実際にリノベーションは良いものなのかを検討してまいります。この際に比較すべきなのは対リフォームではなく、新築です。全てを刷新する上で、元からあるものを活かすのがリノベーション。0から作り上げるのが新築であるためです。

まずはそれぞれのメリットやデメリットを余すこと無く上げてまいりましょう。

■リノベーションのメリット
・元の家を活かすため新築よりも総予算が安価
・元の家を活かすため工事期間が短い
・場合によっては仮住まいや引越しが不要で住みながらの順次リノベーションも可能
・予算に合わせて局所的に予算をかけたり抑えたりも可能
・新築よりも税金額が安く済む
・元の家やマンションを活かすため制約も生じるが、逆にアイディアの元となる

■リノベーションのデメリット
・元の家やマンションを活かすため制約が生じ完全な自由ではない
・元の家を活かすため、大幅な面積増は望めない
・耐震補強も可能だが、元を直すことで新築よりも時にコストが高くなる
・予算が少なすぎると部分リフォームとなってしまうこともある(新築も叶わない)

■リノベーションに向いている方
・思い出の建物を壊したくない方
・築浅物件を所有しているが内装が気に食わない方
・再建築が難しい物件(土地)や制限がある方
・様々な事情で仮住まいや引っ越しができない方
・新築よりも予算を抑えたい方

■新築のメリット
・外観含めて丸々新しいものを作り上げられる
・0ベースで設計ができるためとにかく自由度が高い
・建物の耐震補強に限らず地盤改良・補強レベルから行うことが可能
・古い家の場合、リノベーションでの耐震補強よりもコストが下がる可能性もある
・現時点での法基準や耐震基準に基づいて家を建てられる
・リノベーションよりも融資において有利な融資条件が出やすい

■新築のデメリット
・元々家がある場合、建築費用だけでなく解体費用や一次引っ越しの費用などもかかる
・その結果リノベーションよりも別途出費も増えコストが相当かかる
・工事期間が長い
・各種税金がリノベーションよりも高くなる場合がある

■新築に向いている方
・今住んでいる家の面積ではリノベーションしても手狭そうな方
・古い家に住んでいて地盤補強からしないと不安な方
・地盤は大丈夫でも白アリ等に柱が食われてしまっている方
・リノベーションでは満足いく形にならなそうな方
・予算に余裕がある方

それぞれメリットとデメリットがあり、何を取るかは価値観やそれぞれのライフスタイル、予算感で変わってきます。絶対にリノベーションがオススメなど申し上げません。

正しい選択を行うよう、参考にしてみてください。

4:【比較】「マンションリノベーション」と「戸建てリノベーション」

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!"

続いては「リノベーション」を選んだとして、マンションのリノベーションと戸建てのリノベーション。どちらが良いのかというお話をしていきます。

(1)戸建ての方が自由度がある
まず、マンションでリノベーションをする場合はマンションの管理規約に基づいてリノベーションを行います。玄関扉の変更が不可であったり、窓サッシの変更が不可だったりします。

戸建ての場合、敷地とその中にある建物は全て所有者に責任が帰属します。しかし、マンションは部屋こそは居住者所有権がありますが、共有部分があり、マンション自体は当然部屋の所有者の物ではありません。よって管理規約に従う必要があり、そもそも最初の入居時に確認を行っているのです。

よって、マンションではできることとできないことがあるという点を理解しておきましょう。なお、その規約内でアイディアを発揮し、理想的なリノベーションを実現されている方は数多くおりますので、「マンション=自由がないからオススメできない」などとはなりません。

マンションを所有していてマンションリノベーションをご検討の方は是非ご安心ください。


(2)マンションリノベーションにおける自由度はどの程度か
マンションのリノベーションで一般的に可能なことは、部屋の間取りや内装の変更です。

新たに子供部屋を設けることや居間や寝室の配置を変更したりすることは可能です。壁紙を変えることや内部のバリアフリー化も可能であることがほとんどです

また、キッチンや浴室などの水回り設備においては、最新の機器(製品)に交換することは比較的容易です。ただし配管位置の変更が容易でないため、大幅な場所移動は難しいケースがほとんどです。

なお、玄関扉は前述の通り変更不可がほとんどですが、内側はテープや壁紙を使用して内装デザインに溶け込ませることは可能です。アイディア勝負のところが多くあります。


(3)戸建ての方が劣る点は
マンションの場合はマンション自体の再補強や改修はマンションの所有者がそれを行います。よって、リノベーションを考える際に耐震補強の費用は想定されません。

それに対して、戸建の場合は耐震補強に関して一度確認する必要があり、鑑定の結果補強が必要となると大幅に費用が嵩む恐れがあります。

費用が嵩むからといって耐震補強を怠るわけにもいきませんので、リノベーションを決断する前に家の強度をご確認されることをお勧めします。

5:「リノベーション」においてリスクはどう回避していくべきか

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!"

リノベーションを行うに際して、理想通りに進んだと思ったら、「あれ…?」と後でなるケースも少なくありません。

&Renoでは以下のような事例も紹介しております。

□完璧なリノベーションと思ったら数年後に問題が起きた話

□リノベしてから気付いた「その対策忘れてた!」:騒音編

□リノベしてから気付いた「その対策忘れてた!」:大家族編

□リノベしてから気付いた「その対策忘れてた!」:新たな出費編

□リノベしてから気付いた「その対策忘れてた!」:日当たり編

要するに最初に思い描いた通りのリノベーションは叶ったものの、後から諸問題が出てくるということです。

これは新築でもそうですし、新しく賃貸物件に引っ越した場合でも起こりうる話です。なぜならば、人は皆常にライフスタイルが変遷していくからです。幸せな意味での変遷もあれば、病気などにより変遷もあるわけです。

よって、全てを想定し切ることできませんはできません。ただ、多くの方が後から「そうしとけば良かった」と思う事は先人の知恵として当媒体でも今後も紹介して、多くの方の参考になればと考えております。

6:リノベーションの理想をまずは情報収集して、導き出そう

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!"

新築においても同じことですが、「こういう家にしたい!」という強い気持ちを持つことが何よりも大切です。その理想があれば、それをそのまま実現することができるかもしれませんし、設計士がより良いものを提案してくれるかもしれません。

そのためには情報収集が欠かせないわけですが、今の時代はインターネットで情報がいくらでも手に入る時代です。情報を見すぎると逆に何が良いのかわからなくなってしまうケースもあります。

 

「あれもいい」「これもいい」となり、様々なものに影響されて、当初自らが思い描いていた理想とは全くかけ離れたものを魅力的に感じてしまうのです。

また、良くも悪くも様々なデザインの事例や資料は、当然それらを最大限魅力的に見せています。よって「これいいなあ」「あれいいなあ」と思うようにできているのです。

様々な資料や事例に魅了されてしまった結果、「これだけは譲れない」と思っていた自らの理想までも「やっぱり別の方がいいんじゃないか」と揺さぶられてしまいます。

その結果、何がベストか分からなくなり決めきれなくなってしまうのです。

悩み抜いても決められるならまだ幸せでして、実際は望んでいないものを理想と錯覚してしまいリノベーションした後に後悔することになる危険性も含んでいるのです。

引用元:リサーチにリサーチを重ねることは、リノベーションに好影響を与えるとは限らない(当媒体)

7:「リノベーション」の費用感

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!"

多くの方が気になるのがリノベーションの費用感です。

「1㎡あたり10~15万円」という見解も多く、一つの参考値ではありますが、実際のところ「ケースバイケース」です。

例えばですが、壁を活かすか壁を壊して新設するかで費用感は変わってきます。

キッチンの位置をずらすか、元を活かすかで費用感は変わってきます。

壁紙や床材の素材によっても費用感は変わってきます。

よって、「リノベーションは○○円でできる」とは言い切れないので、具体的な金額を提示することができません。

ただし、リノベーションにおいて費用を抑えることは可能であり、当媒体でもそれについて情報提示をしております。
 

1:ランニングコストを加味する

2:設定予算と上限予算を決める

3:設定予算内でいけるようにプロに相談する

4:間取りを活かす

5:絶対に妥協できないリストを作る

6:部屋別でも妥協できないリストを作る

7:目立たない部分を節約する

総じて言えば「リノベーションにおいて費用を抑えるということは、迷いなく取捨選択ができる準備をしておくこと」なのです。


引用:リノベーションで費用をしっかり抑えるための「7つ」の心得(当媒体)
 

8:まとめ(最後に)

「リノベーション」と「リフォーム」の違い、徹底解説!"

ここまで示した通り、「リノベーション」と「リフォーム」の違いから派生して、「リノベーション」について深掘りをしてまいりました。

結論は「○○がベスト」とはならず、「人それぞれ正解が異なる」ということになります。

新築かリノベーションか、戸建てリノベーションかマンションリノベーションか、はたまたここには書いていない選択肢(賃貸物件、戸建賃貸、シェアハウス、古民家、海外移住など)を選ぶか。

生活のスタイルは無限にあります。どれがベストか、考える作業は一見大変かもしれませんが、自らの未来を思い描く時間ですので、ご家族で楽しく語り合ってみましょう。

当媒体では今後もみなさまの考えるきっかけを多く発信していければと思います。

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 小上がりの和室をリフォームでリビングに作りたい!そのメ...

  3. vol.39【リノベ|インタビュー】縦長間取りのお手本...

  4. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  5. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表