&Renoトップ リノベーション事例 簡単&オシャレ"なバルコニースタイルの作り方!8選

簡単&オシャレ"なバルコニースタイルの作り方!8選

簡単&オシャレ"なバルコニースタイルの作り方!8選

せっかくのバルコニー。何かしたいけど、どうしたらいいの?大変なことはちょっと苦手だけど、おしゃれにバルコニーライフも楽しんでみたい。そんな方に、今回はバルコニーを簡単にオシャレにアレンジ出来るアイディアをご紹介します。

①手軽にアウトドア!ダイニングテーブルをそのまま使っちゃうアイデア!

簡単&オシャレ"なバルコニースタイルの作り方!8選"

室内で使用しているダイニングテーブルをテラスでもそのまま使っちゃうというアイデアです。木の質感は室内インテリアに馴染み、ブラックのメタリック感はアウトドアのニュアンスを醸し出します。

このスタイルを狙ってテーブルを用意すれば、バルコニー用のテーブルを購入する必要がなく、手軽にトライできます。バルコニーで食事をしたくなったら移動してテラスライフを楽しむことが可能です。

アウトドアブランドのチェアをあえて室内で使用することで、空間にも非日常間が漂い、都会に居ながらキャンプライクなスタイルとなります。

参考事例:リノベ不動産|事例(間取り)

②ハンキングチェアを主役に、ウッドパネルで空間づくり

簡単&オシャレ"なバルコニースタイルの作り方!8選"

バルコニーにウッドパネルを敷くというシンプルなスタイルにも、ハンキングチェアを置くと、それだけでこだわりの癒し空間に。置き型のイスでは味わえないリゾートスタイルです。

ハンギングチェアも、可動のものを選べばリビングでも使用でき、気分にあわせてテラスタイムを楽しむことができます。

ウッドパネルは天然木や人工木など形や種類も豊富。天然木は風合いと木のぬくもりが楽しめますが、経年劣化は避けられません。ハードウッドなどの耐久性の優れているものもありますが、コストとのバランスも視野に入れる必要があります。一方、人工木は本物の木と比べると異なる点はありますが、木のニュアンスは残しつつ、耐久性やメンテナンス、コストのの点でメリットがあるものが多くあります。

③極小バルコニーなら、室内を外空間に取り込む

簡単&オシャレ"なバルコニースタイルの作り方!8選"

バルコニーに椅子とテーブルを置くほどのスペースがない場合には、このミニマムなバルコニーが参考になります。

グリーンを飾ったプチガーデンがあれば、テラスサイドに椅子を置いて、窓を開ければ簡単シンプルなテラススタイルが完成します。

手をかける面積が狭い分、プランターカバーにワインボックスを使ったり、ジュートやお気に入りの鉢にグリーンを植え替えるなど、ちょっとずつ自分好みのスタイルにアップデートしていくとよいでしょう。

④1帖ほどのスペースには、ミニマルなチェア&テーブルで、カフェスタイル

簡単&オシャレ"なバルコニースタイルの作り方!8選"

IKEAやニトリなどでよく目にするコーディネイトです。1帖ほどのスペースがあれば、バルコニーにフィットするテーブル&チェアを置くことができます。

こちらのコーディネイトで参考にしたいのは、置くだけのグリーンと、飾るだけのストリングライト。飾る手間は少ないけれど、灯り効果で雰囲気を演出してくれます。

⑤コンパクトに収納もできる、置き型のハンモック

簡単&オシャレ"なバルコニースタイルの作り方!8選"

ハンギングチェア同様に、ハンモックがあるだけで、バルコニーがぐっと色づきます。置き型ハンモックなら壁に吊るす際に必要な設置時の補強工事が不要なので、手軽に始められますね。

最近はキャンプなど持ち運びも可能な折り畳み式のハンモックもあり、使用しない時はコンパクトにたためて収納ができるものもうれしいポイント。

バルコニーにスペースがある場合は、ソファとカラーを合わせて全体をコーディネイトすると良いでしょう。

⑥究極的に簡単シンプル「ラグ置くだけ」のおしゃれ空間

バルコニーに、ウッドデッキを敷けば、リビングから繋がる一つの空間に仕上がり、室内からもバルコニーからもより広さを感じることができます。

お気に入りのラグを敷いて、クッションとブランケットを用意すれば寛ぎの空間の完成。このバルコニーもやっぱりグリーンがポイント。殺風景になりがちなバルコニーに、グリーンを置く事で彩豊かになります。

⑦第二のリビングには、椅子とラグを

一見、大変そうなこちらのバルコニーですが、小物は多いものの、よく見ると大きなものはラグ、椅子、テーブルのみ。 それも室内にあるものをそのまま使う事ができます。初期購入品が少ないこのスタイルも、 実はそんなにハードルは高くありません。こちらも大小さまざまなグリーンが効いていますね。

⑧簡単シンプルじゃ物足りない!

簡単なだけじゃなく、もう少し作りこみたいという場合には、カーテンなどで自分だけの空間を作ると良いでしょう。 バルコニーの狭さが、まったく気にならないどころか「この狭さが落ち着く」と言いたくなるスタイルです。 ランプを多く設置するのは吊るす場所などの課題がありますが、置き型にしたり、蝋燭を多めにしてみるなどすると、準備の手間が軽減されますね。

まとめ

いかがでしたか?簡単に置くだけのものかウッドバルコニーまで、オシャレなリラックススペースになるアイデアをご紹介しました。イチから作らなきゃ!と意気込まなくても、オシャレなアウトドアテーブルを設置したり、鉢植えをリメイクするだけでも簡単にオシャレなバルコニーになりますよね。
まずは手軽に、今ある椅子を持って、バルコニーに出てみませんか?

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表