2019-03-05

vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン

記事:&Reno
vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン 画像
■この記事の内容は…

□喧騒から離れて、帰ってきたらホッとできる空間をつくりたい
□キッチンは広く、大きく、開放的に
□デザインの細部にこだわることの積み重ねが、洗練された空間へと繋がる


竹下通りから一本中へ。ガヤガヤした喧騒から、家に入ると空気感が変わる。オーナーは「ここに自分が住みたい。住むならこうしたい」という想いで、デザイナーと細部にまでこだわったという。

3面採光の大空間。無垢につつまれ、ホットする瞬間を

vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
玄関を開けると、明るい光と一面の無垢材が出迎えてくれる。原宿の慌ただしさから解放される瞬間。床、キッチンは緑が映えるオーク材。色味を合わせ統一感を持たせることで落ち着く空間となる。天井は高さのある打ちっ放しのコンクリート。この荒々しさと、無垢床の温かさのコントラストが映えるデザイン。
vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン

デザイナーがこだわったのは、この採光を活かすこと。キッチンの奥にはワークスペースがあり、音は閉じつつガラスで光を届ける。3階という高さを活かし、キッチンからもワークスペースからも空を眺めることができる。

オーナーのイメージを具現化する、造作の技術

vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
約4mあるキッチン天板は、造作によるもの。TAKUMIが以前手掛けたリノベーション事例を見たオーナーが、こんなキッチンが欲しいとリクエストしたもの。奥のワークスペースともフラットになっており、一体感から広さを感じる。

賃貸なのでキッチンを既製品にすることも出来たが、自分が本当に住むという前提に立ち返った時、「やっぱりキッチンは大切」と、造作を決めたそう。

施工を請け負ったTAKUMIは、これまでもデザイナーのこだわりを正しく実現することにこだわってきたという。キッチン扉も全て造作であり、施工上難しい点も多かったがオーナー、デザイナーからのバトンを「どうしたらできるか」を追求することで、実現に至った。
vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
特筆すべきは、キッチンの床が一段下がっている点。ワークスペースで座った時に、キッチンと目線が揃うようにと計算されている。
また、この家には所々に棚が作られているが、キッチン左の棚はその一つ。フルクローズにせず、オープンにしたのは、そこがお気に入りの場所になったり、何か発見ができる場所として、日々の楽しみがそこにあるようにとデザインされた。
vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
ワークスペースは個室感がありつつ、窓一杯の光とガラスの仕切りで解放感も備えるつくり。座った位置からは、空を眺めることができる。

空間に広がりを持たせる仕掛け

vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
キッチン手前の木箱のような場所は、パントリー&冷蔵庫置き場になっている。上部が抜け、広い空間に一体感が生まれるデザイン。

窓一面には、垂れ壁の高さが横一直線に揃っており(垂れ壁はキッチン天井、玄関天井とも高さが揃えられている)、なおかつカーテンボックスに仕上げることで、洗練された印象に。このスッキリした空間デザインが全体に広がりを持たせる。
vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
奥の部屋にも仕掛けが。左写真を見ると、窓上部の垂れ壁が奥の部屋まで続いているようなデザインで、まるでそこまで窓が繋がっているかのような錯覚に。柱のように見える部分も実は、壁の一部であり、左右にある造作の棚もその効果を後押ししている。

また、ドアが無いような両サイドの壁の作りだが、実は引き戸が隠されている。

こういったシームレスな空間デザインも、また広がりに繋がる一手である。

差し色。広い部分には優しい色。ビビットな色はポイントで

vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
寝室のウォークインクローゼット。壁の全面に配色するには、白壁・無垢床になじみつつ奥行きを感じさせる、畳を少しくすませたような優しいグリーン。

必要な柱は一面鏡になっており、圧迫感を感じさせない作りになっている。
vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
ワークスペース天井の掘り下げた内側にも朱色のような赤みのある差し色を。ペンダントライトの赤いラインはトーンを揃えて。

Before→スケルトン

vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
今回のリノベーションは、もとの状態が老朽化が進んでいたため、一度すべて解体するフルスケルトンの状態からのスタートとなった。

「(TAKUMIの)瀬田さんは、良い意味で職人さんっぽくないんです(笑)」

vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
これは、リノベーションで大変だったことを伺った際のオーナーの答え。

「物腰が柔らかくて、どんなことも面倒がらずにちゃんと聞いてくれるんです。職人さんてよく頑固とか言われるかと思うんですが、瀬田さんは違うんですよね。」と。

話しやすさから、リレーションがスムーズになると、「伝わってない」などの不一致がおこりにくくなると言われるが、まさに今回の話がそれである。

また、修正点など本来は施主がチェックするのだが、今回は修正が無かったそう。以前に別物件で施工を依頼したことがあったが、修正があったものの、その仕上がりに感動するほどの丁寧さだったという。

まとめ

この部屋は、柱やライト一つ一つすべての箇所に理由がある。

例えば、玄関天井からのリビング側ダウンライトは、ソファを置いたとしても「明かりがちょうどよく照らさせるように」とか、棚を置いたとしても「スポットライトにもなる」とか、そこでの生活を細かく想像して作られているのを随所に感じる。

まさに、オーナーが言う「賃貸だけれど、自分が住みたい家」というのを大切にデザインされた空間である。

担当の声:瀬田 匠(㈱TAKUMI)

vol.17【リノベ|インタビュー】原宿×SOHO×大空間/84㎡。空viewをシェアする超オープンキッチン
デザイン性の高いリノベーションでした。そのため、施工上難しい部分もあったのですが、「できません」というのは簡単だけど、言いたくなかったんです。やっぱり、どうしたらできるのか?に尽きるように思うんです。

自分自身も、やり遂げたいという想いがあり、オーナーさんや、デザイナー、みなさんの想いを最終的にきちんと形に出来たこと、ご満足いただけたことを嬉しく思います。
■物件データ
規模/構造:RC造 3階建
築年: 1992年5月築(築26年)
対象床面積:83.893㎡
設計:studio KOOK
施工:㈱TAKUMI/Takumi Seta

■施工会社:株式会社TAKUMI
リフォームに強く、業界25年以上の経験を持つ。デザイン性の高い施工に対しても、実現する突破力が強み。
住所:東京都八王子市南町7-7
TEL:042-623-0486
http://takumi-homepro.com/company

関連リンク

リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます