リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。

close menu

リノベのハウツー

2020.11.15

【DIY塗装にトライ】浴室の壁を自分で塗装するならここをチェック

【DIY塗装にトライ】浴室の壁を自分で塗装するならここをチェック


長期にわたって使用していると、浴室の汚れやカビは気になってくるものです。もしくは中古家屋を購入した場合、予想以上に浴室の汚れが気になったことなどはありませんか?
 
今回は、浴室の壁塗装にフォーカスを当てていきます。浴室リフォームでよく行われるのは、ペンキによる塗装です。DIYでうまく対処ができるのか、業者に頼んだ場合の相場などを解説します。

 

こんな記事も読まれています

浴室の壁を塗装する

まずは、浴室の壁の素材をチェックしましょう。システムバスや全面タイル張りの場合は、塗装での対処には向きません。モルタルやコンクリートの上からすでに塗装しているものであれば、DIYで塗装していくことができます。
 

 

DIYで浴室の壁を塗装するメリットとデメリット

メリット

モルタル壁やコンクリートに塗装している壁仕上げの場合であれば、上から再度色を塗ることで、状況を改善できます。自前でやることのメリットは、塗料と備品を買いそろえることで事足りることです。業者に頼むよりも圧倒的に安く上がります。

(参考:ナフコオンラインストア「かべ・浴室商品群」
(参考:ぬりはり「トップページ」
(参考:家仲間コム「浴室塗装リフォーム/塗り替えれば費用も安く抑えられますよ!」
 
また、年を経るごとに塗料も進化しているので、新品の塗料で塗装した場合、今まで以上の防カビ効果も期待できます。
 
そして、気に入った色を使うこともできるのもグッドポイントです。暗くなりがちな浴室天井ですが、明るい色使いで雰囲気を一変させることも可能です。浴室用の防カビ対策が施されたペンキでも、色のバリエーションは多岐にわたります。
 

デメリット

色を塗り重ねるだけなので、当たり前ですが、機能が良くなるわけではありません。また、損傷が激しい場合には、素人の対処では難しいでしょう。色ムラなど、仕上がりがうまくいかない場合もあります。
 
浴室換気など機能性向上目的の場合は、機械の増設など大掛かりな工事が必要になります。壁の痛みが激しい場合、またキレイな仕上がりを求める際には、業者に頼みましょう。特に壁に穴があいているなどの場合は、壁本体の修復が必要です。一刻も早く業者に連絡を取り工事の予定を取り付けましょう。

 

浴室の壁塗装で便利なアイテム

ローラー式のハケと通常のハケは必需品です。そのほかにも、高いところを塗る際に便利な伸縮式の継ぎ柄、塗りたくない場所を保護する養生シート、マスキングテープ、使い捨ての雨かっぱなどがあると便利です。ペンキは「防カビ・浴室用・ツヤなし」ペンキを選びましょう。


 

浴室の壁塗装の手順

保護したい場所を養生シートやマスキングテープで覆ったのち、隅からハケでペンキを塗っていきます。隅を塗り終わった後、ローラー式のハケで中央部を塗っていきます。16Lのペンキで平均して80m2ほど塗ることができます。多少のムラは気にせず、大胆に塗っていきましょう。
 
1度全体の塗りが終わったら、乾燥させます。その後2度目の塗装を行います。乾燥させた後でも気になる色ムラや塗の足りない部分は、意識的にケアしながら、再度全体を塗装していきます。


 

浴室の壁塗装の事例

【DIY塗装にトライ】浴室の壁を自分で塗装するならここをチェック

塗り替えの様子。
養生テープ以外にも大きなビニールシートや新聞紙を使って、浴槽本体やシャワーヘッドなどを保護していきます。養生マスカーといって、養生テープとビニールシートが一体になったものも販売されています。
 
 

【DIY塗装にトライ】浴室の壁を自分で塗装するならここをチェック


浴室内の塗り分け例です。
壁の色は、1色だけに統一する必要はありません。2色用意して塗り分けるのも面白いです。
 
DIYの場合、ペンキ(1.6L)の代金が3,000円から5,000円ほどです。その他備品を買っても7,000円ほどですべて揃います。
 
※DIY商品の価格帯を以下に出します。
ペンキ1.8L   3,748円
小型ハケ     128円
ペイントトレイ  405円
継柄       660円
ローラー     405円 
ローラー毛    405円 
-――――――――――― 
参考価格   計5,751円

(参考:ナフコオンラインストア
 
 

浴室の壁塗装を依頼したい場合は

1坪から1.5坪の浴室であれば、壁塗装のみを発注する場合、平均して90,000円~150,000円が相場になります。
 
換気などの機能性の向上や、壁面補強・改修などの工事があればその分費用はかかります。
 
また、ユニットバスの場合、上塗り塗装には向きません。カビや汚れが気になる場合、ユニットバスごと総取り換えということになります。
 
ユニットバス本体価格 :250,000円~800,000円
ユニットバス交換工事費:700,000円~800,000円
 
この場合は、まずは現状と取れ得る対策についてまずリフォーム業者と相談することをおすすめします。

(参考:アラキ工務店「3.ユニットバス工事の適正価格」

 
 

まとめ

いかがでしたか?今回は浴室の塗装に注目して解説しました。
 
DIYとはいえ、最近ではネットで検索すると、文章での解説に加え、動画での紹介なども多く掲載されているので、心理的な負担も低くなってきました。その分、チャレンジされる方のすそ野も広がっています。
 
自分好みにすべてを賄えることが、DIYの魅力です。例え失敗したところがあっても、逆にそこに愛着がわくこともよくあります。
 
広範囲の汚れや大きな損傷など、対処不可能なものは積極的にリフォーム業者に相談をおすすめしますが、小規模の改善であれば、ご自身で対処することで自宅への愛情も深まります。
 
ちょっと快適な未来へ、DIYリフォーム始めてみませんか?

 

SHARE

キーワード

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求