&Renoトップ リノベーション事例 限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★” 別 「書斎」事例9選

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★” 別 「書斎」事例9選

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★” 別 「書斎」事例9選

自宅で過ごしていて、一人になりたいとき、ちょっと集中したい時など「自分だけの空間」が欲しくなることがあります。

個室がほしいと思っても、マンション面積にも左右されますね。
リノベーションで書斎コーナーを作った9つの事例にはヒントがいっぱい。
今回は、限られたマンションスペースで叶えた、こもり度別の「書斎コーナー」をご紹介します。

こもり度★☆☆ 家族の気配を感じつつ、自分も集中できるリビングの書斎コーナー

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

こちらの事例では、広くとったリビングの一角に書斎コーナーが設けられています。

いつも家族を近くに感じたいという考えから、みんなが集うリビングに書斎を設けることにしました。
キッチンからもなんとなく様子がみえつつ、対角線に離れて壁に向かっているので、作業時には集中することが出来ます。暗くなりがちな手元は照明で明るく。

オープンな書斎コーナーで、より "書斎っぽさ"を高めているのは、絶妙な高さのオープンシェルフ。ソフトに空間を間仕切りして書斎コーナーの存在が確立されています。

リンク:この事例のインタビュー記事

こもり度★☆☆ リビングのオシャレがUPする、リビング書斎

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

こちらも同じくリビングの一角に設けられた書斎スペースです。こういったリビング書斎は、リビングを広くとりたい&書斎もほしいけど、広さが限られているという物件に人気のスタイルです。

よりオープンかつオシャレなコーナーに仕上がっていて、こもり度は高くありませんが、ダークトーンの壁の色をチョイスし、落ち着いた空間になっています。

オシャレなレールライトによって照らされたお気に入りのギターと、実は作り付けの机にはキーボードが収納され、使用しないときは閉じることでスッキリした書斎を実現しています。

リンク:この事例のインタビュー記事
 

こもり度★★☆ ロフト上の"秘密基地" な書斎スペース

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

ロフトに作られたワーキングスペース。ロフトのなかに作ることによって、階下からは見えにくくなり半個室のようなワーキングスペースが実現しました。

マンションの場合、空間の仕切りは平面になりがりですが、こちらは縦に仕切ることで、+αの空間を実現しています。

階段は収納になっていて無駄のない作りです。

リンク:リノベ不動産|事例

こもり度★★☆ 縦格子のスリットで程よい個室感

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

こちらも、リビングの一角に作られたワーキングスペースですが、半個室のようなこもれる書斎スペースとなっています。

完全に仕切るのではなく壁上部に縦格子を作ることによって、キッチンやリビングにいる他の家族の存在も感じられる、ほどよい書斎感を実現しています。

木材をふんだんに使うことで、あたたかみのある半個室になりました。

リンク:リノベ不動産|事例

こもり度★★☆寝室の外なら、時間を気にしないでOKなワークスペース

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

ベッドルームと分割してあえてミニマムなワーキングスペースを作った事例です。

ベッドルームに取り込めばより広いスペースとなりますが、あえて壁の外に設けることで個室感を確保し、また独立しているので、時間を気にすることなく作業が可能になります。

リンク:リノベ不動産|事例

こもり度★★★開放感と、こもり感どっちも◎な "内窓"

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

こちらは、リビングに完全個室タイプの書斎スペース。独立した部屋でありながら、室内窓で書斎のなかにいても閉塞感は感じません。

この室内窓は、開ければリビングともつながり、集中したいときには閉めることで一人の空間にもできるフレキシブルなアイテムです。

壁はクリーンな白でアクセントにペールブルーを少し。個室部分とリビングの壁色を同じにすることによってリビングをより広く見せる効果があります。

リンク:リノベ不動産|事例(Before/After)

こもり度★★★マンション面積52.3㎡で、しっかりこもれる書斎を実現

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

限られたマンションスペースでも叶う!”こもり度★★★”

これぞ書斎といったこもれるワーキングスペースです。リンクの間取り図にもありますが、マンション面積52.3㎡の空間にシンプルに必要なものを配置。広いリビングと、こもれる書斎を実現した事例です。

書斎は、リビング側はかすれたブルーグレーのニュアンスカラーで空間を仕切り、上部に取り付けられた小窓で書斎に光を取り入れます。書斎は縦長の作りですが、デスク部分をコの字型にすることで作業スペースも広がりました。ライティングレールで明るさもオシャレさもアップ。まさにこだわりの自分だけの空間になりました。

リンク:リノベ不動産|事例(間取り)

まとめ

それぞれこもり度別にリノベーションアイディアをご紹介しました。書斎とひとくちに言っても家族の勉強スペースであったり、ママのワーキングスペースとして使用したり家庭によって用途も好みも様々ですよね。

スペースや予算で諦めずに専門家に家族の希望をどんどん伝えてみると、工夫やアイディアで実現できる可能性が広がります。専門家と相談して自分好みの素敵な書斎を作ってみていはいかがでしょうか。

 

こちらもチェック

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表