2019-05-12

「断熱材」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

記事:&Reno
「断熱材」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集 画像
誰でもわかるリノベ用語集111

■断熱材

「断熱材」とは、保温、遮熱のために用いる材料のことで、ロックウールやグラスウールなどの繊維質材や、ウレタンフォームなどの多孔質材など、すきまが多く空気層のある材料を使用します。

各辞書・辞典からの解説

「断熱材」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「大辞林 第三版」より
「大辞林 第三版」において「断熱材」とは、「保温・遮熱のために用いる材料」であると説明されています。「熱を伝えにくいガラス繊維・フェルト・発泡プラスチック」などを用いたものが一般的です。

(2)「日本大百科全書」より
「日本大百科全書」において「断熱材」とは「異なる温度で隣り合う二つの材料間に設けて熱の授受を少なくし、両者の温度差を保つために用いる材料」のことです。一般的に「比較的熱伝導率の大きい基材が多孔、繊維状、粉粒状になって小気孔」を多数もち、「熱伝導率の小さい複合体の形態をとっているが、多層箔(はく)材料」もあります。

(3)「家とインテリアの用語がわかる辞典」より
「家とインテリアの用語がわかる辞典」において「断熱材」とは、以下のような文章で説明がされています。
「室内と外部の熱の移動を防ぐ建材。ロックウールやグラスウールなどの繊維質材や、ウレタンフォームなどの多孔質材など、すきまが多く空気層のある材料を用いる。躯体の外側に張り付ける外張り断熱、木造などで躯体の内側(柱に挟まれた外壁と室内壁の間の空間)に入れる充填断熱などの方式がある。」

(1)〜(3)を合わせてみると、「断熱材」とは「保温・遮熱のために用いる材料」であることがおわかりいただけたと思います。
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます