リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

お客様インタビュー

2020.10.22

「ちょっと1杯」が家で楽しめる贅沢

「ちょっと1杯」が家で楽しめる贅沢

今回の記事ではリノベーションの実例を、実例写真を使用しながらご紹介。
ご紹介するのは、「「ちょっと1杯」が家で楽しめる贅沢」です。
 
■リノベーション概要
種別:マンションリノベーション
 
面積:85.21m2
 
間取り:2LDB+K
 
工期:60日
 
 
<ビフォー・アフター>

「ちょっと1杯」が家で楽しめる贅沢

今回のリノベーションでは、もともとキッチンだった場所にオーナー夫婦念願のBAR空間が誕生。床や天井を見直すことで、同じ空間とは思えないほど雰囲気をチェンジしています。構造上取り払うことのできない梁や壁面の凹凸も、上手くインテリアの一部として機能していますね。
 
 

自宅にBARという贅沢

「ちょっと1杯」が家で楽しめる贅沢 「ちょっと1杯」が家で楽しめる贅沢

この家の間取りにある「LDB」とは、「リビングダイニングバー」のこと。部屋の最大の特徴であるBAR空間は、お酒好きのオーナー夫妻にとって至福の空間です。木の質感が美しいBARカウンター、自慢のお酒をディスプレイできる壁面収納、梁に配されたグリーン。どれを取っても、こだわりが感じられます。
 
カウンターのハイスツールに腰掛けるも良し、その先にあるローテーブルのベンチやクッションに座るも良し、リビングのソファでくつろぐも良し。BAR空間では、思い思いの自分時間を過ごすことができるのです。
 
 

生活感と遊び心の融合

「ちょっと1杯」が家で楽しめる贅沢 「ちょっと1杯」が家で楽しめる贅沢

非日常を味わえるBAR空間を前面に出す代わりに、生活感のあるキッチンはあえて独立型になっています。実用性や生活感を保ったままスタイリッシュな部屋を実現したい場合には、独立型というのも一つの選択肢なのです。
 
下の画像は寝室の様子。室内にロフトスペースを設けることによって、上段はベッド、下段はウォークインクローゼットとして空間を有効活用できます。中央には大きなハンモックを設置。ここにも、遊び心と非日常感が潜んでいます。
 
暮らしやすさとこだわりや遊び心を見事に融合したリノベーションと言えるでしょう。

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求