リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.11.29

「間柱(まばしら)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「間柱(まばしら)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集


誰でもわかるリノベ用語集357

■間柱(まばしら)

「間柱」とは「まばしら」と読みます。誤った読み方として「かんちゅう」と言われることがありますが、正しくありません。

「間柱」とは、柱の間に設置する小さな柱のことです。木造や軽量鉄骨造の建築物で使用するもので、クギやネジを打ち込みやすくするために使います。間柱を外壁の下地として使うときには、400~500mmの間隔で取り付けます。ただし、軽量鉄骨造の場合は間隔を決めずに取り付けることもあります。

各辞書・辞典からの解説

「間柱」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「間柱」とは、以下のような文章で説明がされています。
「大壁造の場合に、柱と柱の間に取り付けられる壁下地用の垂直材で、柱のように上部の荷重を負担する部材ではない。木造の場合は、柱を2等分、または3等分した大きさのものを40~50cm間隔程度に取り付けられることが多い。」

つまり、「間柱」とは、「柱と柱の間に取り付ける垂直材」のことであるとおわかり頂けたと思います。

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求