&Renoトップ 誰でもわかるリノベーション用語集 「3路スイッチ(さんろすいっち)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「3路スイッチ(さんろすいっち)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/6240

「3路スイッチ(さんろすいっち)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集


誰でもわかるリノベ用語集406

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

■3路スイッチ(さんろすいっち)

「3路スイッチ」とは「さんろすいっち」と読みます。「3路スイッチ」とは、スイッチのタイプのことです。

3路スイッチとは2か所のスイッチで照明器具などの「ON」と「OFF」の切り替えができるスイッチのことです。

3路スイッチに似たスイッチとして、片切スイッチがあります。片切スイッチとの違いはスイッチの形状です。一般的に片切スイッチにはスイッチ自体が光っています。それによって暗闇でもスイッチの正確な位置が分かるでしょう。一方で3路スイッチ自体は光りません。理由は、スイッチのONとOFFの状況ではスイッチの位置が逆転してしまうからです。

別の違いととして接点の数です。電気のスイッチは2本の線がつながることで電流が流れます。片切スイッチも3路スイッチも2本の線のうち1本の線を操作しますが、片切スイッチはONとOFFを切り替える接点が1つなのに対して、3路スイッチでは2つの接点で操作します。

3路スイッチは主に階段、廊下、寝室などで使用されます。階段に照明を取り付けるときには1階と2階の両方から電気をつけられるよう、それぞれにスイッチを取り付けます。そのため、夜などで階段の下で電気をつけた後、上に上がったらスイッチを切るのです。

また、3路スイッチを玄関と廊下に取り付けた場合は、帰宅するときに電気をつけられますし、家の中に入ったら廊下にあるスイッチを使って電気を消せます。

なお、3路スイッチを取り付けられるのは電気工事士の資格を持った人のみです。

・参考:三路スイッチの用途と使い方を紹介します(https://hamanotechnicalworks.com/electrical-three-way-circuit.php#heading-a-2)

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. リノベーションとは?リフォームとの違いや費用も徹底解説!

  2. YKK...

  3. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. withコロナ時代の「不動産屋さん活用術」自宅で簡単オ...

  5. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  6. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  7. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  8. 真似したい!オシャレなリノベーションでよく見るテクニック実例

  9. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  10. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

Writer

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表

  • &Reno編集部

    BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。