&Renoトップ リノベーションのハウツー 改築の意味とは?改修・新築・増築との違いを分かりやすくご紹介

改築の意味とは?改修・新築・増築との違いを分かりやすくご紹介

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4803

改築の意味とは?改修・新築・増築との違いを分かりやすくご紹介

住宅を住みやすくしたい場合などに、改築を検討することもあるでしょう。リノベーションなどと同じように使われることもある「改築」という言葉ですが、実は細かな決まりがあります。具体的にはどのような意味を持つのでしょうか。

また、改修・新築・増築など、改築と似たような言葉もありますが、これらとは明確に異なります。改築とは何か、どのような流れで進めていくのかについて解説します。

改築の意味とは

改築の意味とは?改修・新築・増築との違いを分かりやすくご紹介"

改築とは、床面積や階数、高さなどの建物の規模や、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造などの構造をほぼ変えずに、建物を建て替えたり間取りを変更したりすることを意味します。また、住宅や事務所など何に使うための建物かという、用途も同じであることが必要です。普段は明確な意味を気にせずに使うこともありますが、厳密にはこのような意味を持ちます。

もともと建てられていた建物の一部、もしくはすべてをつくり直すのが改築ですが、その例にはさまざまなものがあります。壁を撤去して部屋を広くするなどの間取りの変更や、建物の全体的なリノベーション、さらには二世帯住宅にすることなどが挙げられます。

内容によっては、届け出が必要な場合があります。目安としては、壁や床、柱、梁、屋根、階段の改修など、工事が大規模になる場合です。届け出が必要かどうかは、行政や専門家などに相談してみましょう。

改修・新築・増築との意味の違い

改築の意味とは?改修・新築・増築との違いを分かりやすくご紹介"

普段は何気なく使っていて、改築・改修・新築・増築といった言葉の意味の違いを気にすることはあまりないでしょう。しかし、これらには明確な違いがあります。それぞれの言葉の意味との違いについて解説します。

改修と改築の違い
もともとの建物を壊すかどうかの違いです。改修の場合は、修理する際にもともとあった建物を壊しません。たとえば、部屋の壁紙を貼り替えたり、キッチン設備を新しいものに交換したりといったことが挙げられます。

新築と改築の違い
もともとの土地に建物があったかどうかの違いです。改築がもともと建てられていた建物の一部や全部をつくり直すのに対し、新築は建物がなかった土地に新たに建物をつくります。そこに最初から建物があったかどうかで、手続きは異なります。

ただ、もともとあった建物をつくり直す場合でも、建物の用途、床面積や階数などの規模、構造が一つでも異なるのであれば、それは新築に分類されます。

増築と改築の違い
床面積が増えるかどうかの違いです。住宅の面積を広くしたり、階数を増やしたりといった建て増しは、増築にあたります。先ほども述べたように、改築では床面積や階数などはほぼ同じであることが必要です。

改築の流れ

改築の意味とは?改修・新築・増築との違いを分かりやすくご紹介"

改築はどのような流れで進めていくのか、順を追って説明します。

改築の内容を話し合う
まずは、普段どのようなことを不便に感じているか、どこを変えたいか、そこをどのように変えたいかを話し合いましょう。「どうしたいか」を明確にしておくことで、施工会社に要望を伝えやすくなります。

施工会社を探して決める
ネットや専門誌、雑誌などで情報を集めましょう。実際に改築工事を行った家族や友人に聞いてみるのもおすすめです。また、工務店やリフォーム会社にはそれぞれ得意分野があります。作業可能な範囲も異なるため、要望に合った工事をしてくれる会社を探す必要があります。

数社にプランを提示してもらい、見積もりなどを比較して検討した上で1社に決めましょう。金額ももちろん大切ですが、きちんと工事をしてくれそうな信頼できる会社にお願いすると安心です。

詳しいプランを決める
どのようにしたいのか、要望をしっかりと施工会社に伝え、分からないことはそのままにしないようにしましょう。担当者に実際に建物を見てもらい、現状を確認してもらいます。

確認申請書類を作成、提出する
届け出が必要な場合は書類を作成して提出します。審査結果を待ち、確認申請の許可が出れば工事を始められます。

改築を始める
申請の許可後、工事が開始されます。最中に審査に来ることもあります。また、工事中は騒音やにおい、業者の出入りやトラックの駐車などで近隣住民へ迷惑をかけてしまうこともあります。トラブルを避けるためにも、事前に挨拶をしておくと安心です。

完了検査を行う
改築が完了した後に、その建物に法的な問題がないかどうか検査します。これで終了です。

まとめ

改築とは、建物の用途や規模、構造などをほぼ変えずに、もともとあった建物を建て替えたり、間取りを変更したりすることです。改修、新築、増築などの言葉は似ていますが、その意味は明確に異なります。

準備期間から完了するまで長い時間がかかる上、改築の規模が大きくなれば、費用もその分かかります。改築を行う際は、どのように変えたいのかを明確にし、信頼できる施工会社にお願いしましょう。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  2. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  4. 「親子でお料理」で、おうち時間をENJOY!...

  5. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  6. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  7. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  8. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  9. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  10. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表