&Renoトップ リノベーションのハウツー 浴室リフォームの相場は?リフォームの相場や注意点を紹介

浴室リフォームの相場は?リフォームの相場や注意点を紹介

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4291

浴室リフォームの相場は?リフォームの相場や注意点を紹介

汚れが目立つようになったので浴室をリフォームしたいと思ったものの、どのくらいの費用がかかるのかわからないので不安に感じたことはないでしょうか。

今回は、浴室のリフォームの内容と相場について詳しくまとめました。また、リフォームを依頼するときの注意点についても紹介しています。浴室のリフォームを検討されている方は、この記事を一読してください。
 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

浴室のリフォームは2種類ある

浴室リフォームの相場は?リフォームの相場や注意点を紹介"

浴室のリフォームは大きく分けて2種類あります。ひとつは「在来工法でのリフォーム」、もうひとつは「ユニットバスのリフォーム」です。


在来工法の浴室リフォームとは

在来工法とは、タイルやコンクリートを使用した浴室です。一昔前は、在来工法の浴室が主流でした。下地材で防水処理をしたあとにタイルを床や壁に貼り付けて仕上げます。

在来工法のメリットは、こだわりのある浴室を設計できるでしょう。床や壁、窓のサイズを自由に決めることができます。さらに、浴室に手すりを設置して、バリアフリーに対応した浴室のリフォームも可能です。オリジナルの浴室にこだわりたい人は在来工法がよいでしょう。


ユニットバスのリフォームとは

ユニットバスとは、浴槽と床、壁と天井などがワンセットになった浴室です。ほとんどのマンションではユニットバスを採用しています。さらに、一戸建てでもユニットバスを設置する例が多い傾向にあります。

ユニットバスのメリットは断熱性と言われます。ユニットバスは、家という箱の中に浴室という箱を設置した二重構造になっており、浴室の熱が外に逃げにくくなっています。そのため、冬場でも暖かさを保ちやすいとされます。

さらにユニットバスには、段差が小さいというメリットもあります。小さな子どもから年配の方まで安心して利用できる浴室と言えるでしょう。

浴室リフォームの相場

浴室リフォームの相場は?リフォームの相場や注意点を紹介"

浴室のリフォームの相場は、在来工法の浴室にリフォームするのか、ユニットバスへのリフォームにするのかによって費用が異なります。


在来工法の浴室リフォーム

在来工法の浴室リフォームに関しては、浴槽の素材によって費用が異なります。
以下は、浴槽入れ替えとタイル張替えを行った場合の費用例です。

・ホーロー  52~63万円
・人造大理石 48~58万円
・FRP    42~52万円
(参考:相場が分かる!お風呂・浴室のリフォーム費用をスッキリ解説

ホーローは、耐久性と保温性に優れる一方で、表面のガラス面が劣化したり、内部の金属がさびやすいなどのデメリットもあります。

FRPとは繊維強化プラスチックです。価格は安いですが汚れが目立ちやすいというデメリットもあります。

人造大理石は高級感や質感に優れ、汚れに強いというメリットがありますが、価格が比較的高いことや穴があけづらいため、追い炊き機能が後付けできないなどのデメリットもあります。

素材については、予算や目的に合わせて選びましょう。

 

ユニットバスのリフォーム

浴室リフォームの相場は?リフォームの相場や注意点を紹介"

(参考:相場が分かる!お風呂・浴室のリフォーム費用をスッキリ解説

ユニットバスのリフォームに関しては、浴室のサイズや使用するユニットバスのグレードによって費用が異なります。上表は、費用の目安としてご参照ください。

一般的なマンションの浴室の広さは0.75坪です。一方、一般的な一戸建ての浴室の広さは1坪です。

ローグレードとは、シャワーや水栓などの最低限の機能が備わったモデルです。また、ミドルグレードは、ローグレードのモデルに断熱材入りの床や浴槽が備わっています。ハイグレードは、高級感のあるデザインで、高機能のシャワーや水栓が備わったモデルです。

グレードを決めるときには、予算や目的に合わせて選ぶのがよいでしょう。
 

在来工法からユニットバスへ交換する場合

浴室リフォームの相場は?リフォームの相場や注意点を紹介"

(参考:相場が分かる!お風呂・浴室のリフォーム費用をスッキリ解説

築年数の長い一戸建てに住んでいるご家庭の場合には、リフォームのタイミングで在来工法の浴室からユニットバスへの交換を検討する場合も多くあります。在来工法の浴室からユニットバスへ交換する場合の費用は上表のとおりです。

築年数が20年以上経過した建物については、壁や床のタイルがひび割れを起こして腐食していることがあり得ます。そのような場合は、ユニットバスを設置する前に下地補修が必要な場合もあります。下地補修をした場合は、下地補修をしていない場合よりも5万円ほど高くなると覚えておいておくとよいでしょう。
 

浴室リフォームを依頼するときの注意点

浴室リフォームの相場は?リフォームの相場や注意点を紹介"

浴室に限りませんが、リフォームの際には安心して任せられる業者を選ぶことが重要と言われます。おすすめは、リフォームを相談したときにプロの視点からアドバイスしてもらえる業者やリフォームの実績の多い業者でしょう。

マンションの浴室については、工事中に水漏れなどが発生すると階下の住人やマンション全体にも迷惑をかけることにもなるので、信頼できる業者を選びたいものです。可能ならば複数の業者に相談してみることがよいでしょう。

 

まとめ

浴室のリフォームは、在来工法の浴室とユニットバスによって費用が様々です。予算や目的に合わせて検討することをおすすめします。

また、リフォームを依頼するときは、安心して任すことができる業者を選びましょう。できる限り、複数の業者と相談することがよいでしょう。


 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  5. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  6. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  7. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  8. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  9. タイルならDIYしやすい?ひと味違う土間空間の演出

  10. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表