&Renoトップ リノベーションのハウツー 一軒家リフォームの時期・費用とおしゃれなリフォームを成功させるためのヒントをご紹介!

一軒家リフォームの時期・費用とおしゃれなリフォームを成功させるためのヒントをご紹介!

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4177

一軒家リフォームの時期・費用とおしゃれなリフォームを成功させるためのヒントをご紹介!

「リフォーム」と聞くと、かなり大掛かりな工事をイメージしてしまいますが、家の様々な場所や部位をメンテナンスすることも、リフォームと言えます。

しかしいざ、リフォームをするとは言っても、「リフォームするのに適したタイミングや費用がわからない…」と言う方も多いかと思います。

そして、どうせリフォームをするのなら、「おしゃれなリフォームをしたい!」と思いますよね。
今回は、リフォームに適したタイミングと、リフォーム費用についてお伝えしつつ、おしゃれなリフォームを成功させるためのヒントもお伝えしようと思います。
 

一軒家リフォーム時期はいつが良い?

リフォームは、家の部位によっても適切な時期が違うと言われます。
このため、一軒家を丸々リフォームをすると言うよりは、各場所や部位別に適切なタイミングでリフォームやメンテナンスをすることで、効率的にリフォームをすることができるでしょう。

【床や壁などの内装】
フローリングの張り替え:10〜15年(歩くと軋む音がしたり、へこみを発見した際には、補修を検討しましょう。)
畳の交換:およそ5年ごとに裏返し・表替えをし、10〜15年で新しく張り替えましょう。
壁紙の貼り替え:10年

【水まわり・ガスまわり】
キッチン・トイレ・浴室・洗面所などは、10〜20年での交換のが目途と言われます。

水まわりやガスまわりは、劣化していてもわかりづらいのですが、知らない間に腐食が進んでいる場合が多いので、10〜20年以内には、リフォームすることをおすすめします。

【窓周り・建具】
窓周りや建具は20〜30年くらいでのリフォームが目途でしょう。

窓周りは、ガラスが割れている部分の補修、建て付けを改善、結露の防止対策などをしましょう。

【外壁】
外壁に関しては、10年ごとに塗装を行うことをおすすめします。

外壁は、常に雨や風、日光、湿気などにさらされている部分ですので、どうしても劣化が進んでしまいがちです。
外壁をメンテナンスしない場合、塗装が落ちて壁がひび割れしてしまったり、ひび割れから構造部分に不具合が発生することもあり得ます。
このような事態が起こってしまった後でリフォームをしようとすると、高額な費用が必要となってしまうため、できれば10年ごとのメンテナンスを行いましょう。

【屋根】
塗装:10年
葺き替え:20年

屋根も外壁と同じく、常に雨や風、日光、湿気などにさらされている部分であり、劣化しやすい部位のひとつです。
屋根は劣化を自分の目で確かめることはなかなか難しいのですが、建築されてから10年以上経っている場合は、劣化が生じていると思って良いでしょう。
屋根の劣化が進むと、屋根の張り替えも必要になり、高額な費用が必要になってしまいますので、こちらも早めのメンテナンスが必要でしょう。

一軒家リフォームの費用相場

次は、一軒家リフォームをした際の費用相場についてご紹介します。

どのようなリフォームをするかによっても値段は大きく異なりますが、一軒家リフォームをするにあたって、1000万円前後のお金をリフォームに投資している人が多いようです。
(出典:プロが教える!一戸建てリフォームの費用相場を完全解説!

一軒家のリフォームは、大きく分けると、先ほどもご紹介したような「原状回復を目的としたリフォーム」、「内装を新築同然に作り替えてしまうリノベーション」の2つがあります。

前者の費用相場は200〜500万円ほどですが、後者となると1000万円以上の費用が必要と言われます。

どちらのスタイルを選ぶかは、今の家の状態やどのような暮らしをしていくか、によって決めましょう。

例えば、築年数が30年以上経っていたり、今の暮らし方と家の間取りが合っていなかったりする場合は、内装や間取りを変えることができるリノベーションの方が、快適な家を手に入れることができるため、良いと言えるでしょう。

また、一方で築年数が20年くらいで、今の家の間取りが気に入っている場合は、メンテナンス要素の強い、原状回復のリフォームがおすすめです。

おしゃれな一軒家リフォームを成功させるためのポイントをご紹介

一軒家リフォームの時期・費用とおしゃれなリフォームを成功させるためのヒントをご紹介!"

リフォームのコンセプトを決めよう
家をリフォームするためには、どんなイメージの家にしたいのか、コンセプトを決める必要があるでしょう。

北欧スタイルのおしゃれな部屋にしたいのか、黒と白で統一したシックな部屋にするのか、など、部屋ごとのテーマを決めてから予算や具体的なデザイン、業者を決めていきましょう。

色や形、質感は統一感を持たせよう
部屋をおしゃれにするためには、統一感も大切です。
最初に決めたコンセプトに沿って、壁や床、インテリアの色や形、質感などの統一がおすすめです。

例えば、シンプルでスタイリッシュな部屋にする場合、床や壁、インテリアの色は黒と白をベースとし、インテリアの質感は無機質で、形は直線的なものを増やしてみましょう。色・形・質感の統一で、コンセプトに沿った部屋が出来上がるでしょう。

部屋の印象は壁紙や天井の交換で変わる
壁紙や天井クロスの貼り替えを行うと、部屋の印象が大きく変わります。

例えば、今まで壁紙も天井も全て白色だった部屋を、一部の壁紙だけ水色にすると、爽やかでおしゃれな雰囲気を出すことができるでしょう。

部屋の雰囲気は床材によっても変わる
部屋の雰囲気は、床材によっても大きく変わります。

例えば木のフローリングにすれば、温かみのある部屋に。
また、タイル材を敷けば、ホテルライクな落ち着いたお部屋を演出することもできます。

床材の選択次第で、様々なテーマのお部屋へとリフォームできますね。
 

まとめ

一軒家リフォームの時期・費用とおしゃれなリフォームを成功させるためのヒントをご紹介!"

一軒家リフォームと一言で言っても、家の部屋全てを改造してしまうような大掛かりな工事ではなく、床を張り替えたり、外壁をメンテナンスすることもリフォームと言えます。

大きな買い物の一軒家に、これからも大切に住んでいくためには、もっとリフォームを身近にしていき、知識をつけて、リフォームを定期的に行うことが重要でしょう。

そしてせっかくリフォームをするのであれば、今までと違った雰囲気のお部屋にするべく、こだわってみるのも楽しいですね。
 

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表