&Renoトップ リノベーショントレンド システムキッチンの収納「見える化計画!」

システムキッチンの収納「見える化計画!」

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/3726

システムキッチンの収納「見える化計画!」

おうちの収納の中でも用品や小物類が多く、収納に悩むのがキッチンスペースではありませんか?
広めに設計されている収納スペースは、自由度が高く、何をどこに収納すればよいのか?どうすれば使いやすく収納出来るのか?が分からず迷ってしまうというわけです。

今回はポイントを押さえれば誰でも簡単に収納上手になれる、システムキッチンの収納ポイントをご紹介します。

収納でのお困りごと

システムキッチンの収納「見える化計画!」"

キッチン収納のお困りごとには以下のようなものが挙げれられます。

・物が多すぎて入りきれない

・どこに何を収納すればいいか分からない

・何がどこにあるか分からず使いづらい


このようなお悩みには、次の2点を押さえるだけで、格段に使い勝手が向上します。
 

1.とにかく見える化!

システムキッチンの収納「見える化計画!」"

・見える化=何がどこにあるか一目で分かる。

これだけで大変効率のよい収納になります。ご主人やお子様から、ママあれはどこ~とお呼びがかかることも少なくなるでしょう。何よりご自身がさっと取り出せることで、ストレスなく家事の時短につながりますよね。

まず最初に分類すること。そして、フライパンなど面積をとるものは、横に立てて収納するのがおすすめです。縦型の容器などには上にくる蓋部分にラベリングすることで、内容がひと目でわかり、見える化がかなり捗ります。

2.収納物の大きさを揃える

システムキッチンの収納「見える化計画!」"

収納物の大きさを揃える=無駄なスペースを減らして、収納スペースを確保。

無印良品や100均で売っている書類ケースや、ブックスタンド等を使って収納スペースをどんどん仕切ってみましょう。整頓整頓しながら収納出来るだけでなく、見た目にも統一感が出てすっきりします。

 

頻出小物は思い切って見せる収納

システムキッチンの収納「見える化計画!」"

内部の収納は大きさを揃えながら、見える化することがポイントだとお伝えしました。現在のシステムキッチンは小物収納も充実している場合も多く、すべて内部にスッキリしまうこともできます。しかし、よく使う調理器具や調味料はあえて外に出して見せる収納としてインテリアの一部にしてしまう方法もあります。

メリット:すぐ使うことが出来る。おしゃれなインテリアとして空間のアクセントになる。

デメリット:キッチン回りは油煙が立ち昇るため、場所によってはホコリや油汚れが気になる

見せる収納は空間のアクセントになるので、使い方によってはインテリア性がぐっと上がります。調味料入れや調理器具をこだわりの品で選んでインテリアの一部として飾っている事例もよく見かけます。メリット、デメリットはありますが、お部屋のスタイルに合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。
 

まとめ

とにかく物が多いキッチン収納の秘訣は「見える化」すること。お片付けが苦手な方はまずは同じ大きさのケースをいくつか購入し、とにかく分類してみることがポイントです。分類・整理されるだけでもすっきりします。キッチン収納の使い勝手がよくなると、お料理やお掃除などいつもの家事も時短が出来て、気持ちもスッキリするという話も聞きますね。毎日使う空間を、自分好みにカスタマイズ。ぜひ、楽しみながら「見える化収納」にチャレンジしてみてくださいね。

■オープン収納の事例はこちらから
関連記事:【キッチンデザインの教科書】14.収納~オシャレ度◎なオープン収納|事例5選~

■リノベで作る、お洒落なカフェスタイルキッチンはこちら
関連記事:【キッチンデザインの教科書】5.カフェスタイル

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表