2019-05-14

「縁側」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

記事:&Reno
「縁側」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集 画像
誰でもわかるリノベ用語集115

■縁側

「縁側」とは、「和風住宅で、部屋の外周部に設け、廊下や出入り口として用いる細長い板敷き」のことです。縁側のなかでも、畳敷きの場合には「縁座敷」と呼ぶことがあります。

歴史的にみると、縁は建物の床が板敷きになってからできたもので、奈良時代の住宅がもっとも早いと言われています。明治期以後の縁側は、構造からみると主屋に付加されていて、屋根も一段下げてさしかけ、天井を張らずに屋根裏をみせるのが一般的となりました。第二次世界大戦後は住宅の面積に余裕がなく、縁側のない家が多いです。

各辞書・辞典からの解説

「縁側」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「大辞林 第三版」より
「大辞林 第三版」において「縁側」とは、1つ目の意味が「家の座敷の外側に設けた、細長い板敷きの部分。えん」、2つ目の意味が「魚のひれの基部にある骨。その付近の肉」、となっています。

(2)「日本大百科全書」より
「日本大百科全書」において「縁側」とは「日本住宅の建物周囲に巡らした板敷きの通路部分、あるいは庭からの昇降のための板敷き部分」のことであると説明されています。「建物内に設けられたものを入側(いりかわ)あるいは入側縁」これらを近年「縁側」と呼んでいます。とくに畳敷きの場合は「縁座敷」と呼びます。

(3)「家とインテリアの用語がわかる辞典」より
「家とインテリアの用語がわかる辞典」において「縁側」とは、以下のような文章で説明がされています。
「和風住宅で、部屋の外周部に設け、廊下や出入り口として用いる細長い板敷き。雨戸やガラス戸と部屋との間に設けるものと、雨戸やガラス戸の外側に、通常庭に向かって設けるものがあり、後者は「濡(ぬ)れ縁」ともいう。」

(1)〜(3)を合わせてみると、「縁側」とは「和風住宅で、部屋の外周部に設け、廊下や出入り口として用いる細長い板敷き」のことであるとおわかり頂けたと思います。
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます