2019-05-13

「梁」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

記事:&Reno
「梁」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集 画像
誰でもわかるリノベ用語集113

■梁

「梁」とは、「建物などの構造物で、柱などを支点として水平に渡す構造部材」のことです。屋根や上階の床の重さを支えるために、横木を添えるのが一般的で、この横木の総称が「梁」です。

各辞書・辞典からの解説

「梁」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「大辞林 第三版」より
「大辞林 第三版」において「梁」とは、1つ目の意味が「屋根や上階の床の重さを受け支えるために、柱上に渡される横木の総称。うつばり」、2つ目の意味が「材軸に対して直角あるいは斜めの荷重を受け、この荷重を支点に伝える細長い水平材一般をいう。ビーム」、3つ目の意味が「算盤そろばんの用語」となっています。

(2)「精選版 日本国語大辞典」より
「精選版 日本国語大辞典」において「梁」とは1つ目の意味が「木造建築で、柱の上にはり渡し、上に束や扠首(さす)をおき屋根をささえるための横木。上部の重みをささえたり、柱を強固にしたりする。うつばり」、2つ目の意味が「細長い材料がそれぞれの支点でささえられ、材に直角または斜めに曲げの力が働いているもの」とあります。

(3)「家とインテリアの用語がわかる辞典」より
「家とインテリアの用語がわかる辞典」において「梁」とは、以下のような文章で説明がされています。
「建物などの構造物で、柱などを支点として水平に渡す構造部材。建物の場合、柱の頭をつなぎ、その上の床や屋根の荷重を支える。特に、木造の日本建築では、棟(むね)と直角に渡すものをいい、棟と平行に渡す桁(けた)と区別する。」

(1)〜(3)を合わせてみると、「梁」とは「建物などの構造物で、柱などを支点として水平に渡す構造部材」のことであるとおわかり頂けたと思います。
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます