リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.08.07

住宅エコポイントの申請方法、受け取り方も分かりやすく紹介

住宅エコポイントの申請方法、受け取り方も分かりやすく紹介

 
一定の条件を満たした新築住宅を購入したり、リフォームをしたりするとポイントを受け取ることができる住宅エコポイント。快適な住宅を手に入れつつ、ほしい商品も手に入れられるのでお得です。
 
しかし、住宅エコポイントの制度を利用したいという人の中には「どのような手続きで商品を手に入れることができるのか知りたい」という方もいます。そこで今回は、住宅エコポイントの申請方法についてまとめました。商品を受け取れるまでのおおよその期間も紹介します。

 

住宅エコポイントとは

住宅エコポイントの申請方法、受け取り方も分かりやすく紹介

 
住宅エコポイントとは、2019年10月から始まった制度で、正式には「次世代住宅ポイント制度」といいます。長期優良住宅として認定された住宅を購入したときやバリアフリーなどのリフォームをしたときにポイントをもらうことができる制度です。

 
住宅エコポイントでさまざまな商品に交換できる

住宅エコポイントでは、さまざまな商品へ交換できます。主な商品としてパソコンやテレビなどの電化製品、マットレスや布団などの寝具、子ども用品やベビー用品などが挙げられます。商品の選択肢が多いので、ほしかった商品や気になる商品などを見つけられるでしょう。住宅エコポイントを利用することで、お得に新築住宅の購入やリフォームができます。

 
住宅エコポイントの期限

住宅エコポイントには期限が設けられているので注意しましょう。2019年10月から行われていた次世代住宅ポイント制度は、2020年3月31日で申請受付は、終了しました 。 現在では、新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年3月31日までに契約が間に合わなかった人を対象にポイントの申請が可能です。
 
現在は、新規での住宅購入やリフォームについては対象外となっていますが、新たに制度の見直しがなされれば申請できる可能性もあるため、新築住宅の購入やリフォームを検討している方はぜひチェックしておきましょう。

 

住宅エコポイントを受け取るまでの流れ

住宅エコポイントの申請方法、受け取り方も分かりやすく紹介

 
ここからは、住宅エコポイントの受け取り方を分かりやすく紹介します。新築住宅の購入やリフォームをしたものの、住宅エコポイントの申請をしていない方は、一読してください。
 

申請の時期

住宅エコポイントの申請は、工事の内容によって異なります。大きく分けて、工事完了前と工事完了後の2種類があるのでチェックしておきましょう。

 
工事完了前のケース

新築住宅の場合、建物の性能や設備の詳細を決定します。その後、工事請負契約や不動産売買契約を締結すれば、申請が可能です。リフォームの場合、工事金額が1,000万円以上で、管理組合などの決定で棟全体のリフォームをする場合にのみ工事完了前の申請ができます。
 
工事完了前に申請をするときは、工事が終わった後の完了報告が必要になるので覚えておきましょう。

 
工事完了後のケース

新築住宅を購入してから入居した後に申請をします。リフォームの工事の場合は、リフォーム工事が終わった後に入居を開始したら申請が可能です。

 
新築住宅を購入したケースで申請に必要な書類

住宅エコポイントを申請するときには、書類の提出が必要です。購入した住宅の種類や申請のタイミングによっても異なりますが、主な書類として以下のものが挙げられます。
 
・ポイント発行申請書
・分離発注事業者一覧
・ポイント交換申込書
・工事請負契約書
・建築基準法に基づく検査済証
・工事証明書
・申請者の住民票の写し
・代理申請者の本人確認書類
・工事監理報告書
・住宅証明書
・住宅設備の性能証明書
・解体工事の工事請負契約書
・除却住宅の不動産登記閉鎖事項証明書
・除却住宅の建築基準法に基づく確認済証​または 建築台帳記載事項証明書
・次世代住宅ポイント制度用耐震性能証明書​
・除却住宅の解体に伴う産業廃棄物管理票

 
リフォーム工事のケースで申請に必要な書類

リフォーム工事による住宅エコポイントの申請をする場合には、以下の書類が必要です。ただし、申請のタイミングによって書類が変わることもあるので、あらかじめリフォーム業者に相談しておきましょう。
 
・ポイント発行申請書
・分離発注事業者一覧
・ポイント交換申込書
・工事請負契約書
・フォーム工事証明書
・申請者の本人確認書類
・申請者の住民票の写し
・法人の実在確認ができる書類​
・商業登記の現在事項証明書、または 法人印の印鑑証明
・代理申請者の本人確認書類
・対象工事内容に応じた性能を証明する書類
・不動産売買契約書

 

申請書を提出してポイントを受け取る

住宅エコポイントの申請方法、受け取り方も分かりやすく紹介

 
申請のための書類がそろったなら申請書類を提出します。郵送と窓口の2種類の提出方法があるので、自分に合った方法を利用しましょう。書類が受理されると、後日に「次世代住宅ポイント発行と審査完了のお知らせ」を受け取ることができます。お知らせには、獲得したポイントが記載されているので、チェックしておきましょう。


 

まとめ

この記事では、住宅エコポイントの申請方法を紹介しました。新築住宅を購入した場合やリフォームをした場合には、住宅エコポイントをもらえる可能性があります。不動産業やリフォーム業者に相談しておきましょう。
 
エコポイントを受け取るには、申請書の提出が必要です。工事の内容や申請のタイミングによって、必要な書類が異なります。申請書を提出する前には、書類のもれがないかチェックしましょう。


 

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求