リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2017.09.01

リノベーションマンションに住む際の注意点

リノベーションマンションに住む際の注意点

リノベーションマンションを購入する人は増えていますが、実際にこうした建物に住むときには、予め知っておきたい大切なことも多々あります。そうした注意点を知らないで、ただ外観のデザインや内装が気に入ったから、という安易な考えで選んでしまうと後悔してしまうこともありますから、ここは充分の注意したいとことです。  

“リノベーションマンションの特徴”

 
View this post on Instagram
 

Sacco Home Tokyoさん(@sacco_home)がシェアした投稿 -

よく耳にすることが多いリノベーションマンションというものは、既存の建物に大々的な工事を施して建物自体の性能を新築同様に向上させることによって、その建物の価値をさらに高めることを言っています。しかし、これだけを聞けば、リフォームと何ら変わりないじゃないか、と言う人もいるかもしれません。でも、両者は工事の規模から見てもかなり違います。 基本的にリフォームというものは、長年使って老朽化してしまった建物を新しい状態にすることを意味する場合が多いです。たとえば、システムキッチンの入れ替えを始め、ユニットバスの入れ替え、部屋の壁紙の張り替えなど、比較的に小規模な工事を指すわけです。最近は特にこのリフォームをされる方は増えています。 これに比べてリノベーションとは、間取りの変換を始め、水道管、排水管、冷暖房換気設備の取り換えなどの大規模な工事を行います。リノベーションマンションの特徴は、自分の好きな間取りやデザインにすることが可能になるという点です。  

“築年数・周辺環境を入念に調査!”

 
View this post on Instagram
 

RENAさん(@rena.usa519)がシェアした投稿 -

こうしたリノベーションマンションは、今後ますます住む人が増えていくと考えられます。しかし、ここでも注意が必要です。それは、リノベーションと言っても、すべての建物を自分の好きなように改善させることができるわけではないということ、この点を勘違いされている方も少なくありません。 その理由として挙げることができるのは、ますその建物がある地域の問題というものがあります。その地域で何らかの規制があれば、やはりそれに従わなくてはいけません。そのマンションに住むわけですから、地域の人たちを無視して一人だけ勝手な真似はできないでしょう。 それから建物の築年数も注意点があります。たとえば、築20年以上の物件は不動産会社がリノベーションをして再販することも今は多いです。こういう物件は自分の好きな間取りやデザインにリノベーションすることはできなくなってしまいます。これではリノベーションの魅力はありません。  

“中身を変えても建物は古いままであることを忘れずに”

 
View this post on Instagram
 

カウカモ |『一点もの』の住まいに出会おう|さん(@cowcamo)がシェアした投稿 -

リノベーションマンションに住むときに注意しなくてはいけないことは他にもいろいろとありますが、たとえば、マンションを購入する場合には、可能な限り資産価値が落ちにくいマンションを選ぶことが大事です。 そこに一生住むのであれば別ですが、人生にはいろいろと転機というものがあり、転勤や転職、あるいは家庭の事情などで引っ越しを余儀なくされる場合だってあるでしょう。そんなときに売却という選択をとることもあります。だからこそ、売却のことも考えてリノベーションマンションを選ぶことが大切だと言えます。 確かにリノベーションマンションは、見た目は新築同様なのですが、よくよく考えてみますと中身は変わっていても、それはあくまでも中古の建物であることは事実です。中古であれば必然的に耐震性能という問題も出てきます。 その建物が建てられた時の耐震基準と、今現在の基準が一致していれば何も問題はありません。しかし、この耐震基準というものは,近年かなり頻繁に改正されている場合もあります。いくら大規模の工事を施すリノベーションでも、工法までは変えることはできません。この点は充分に調べておく必要があります。   リノベーションマンションは、中古でありながら、新築同様の建物の住む事ができるという大きな魅力があります。しかし、実際にこのようなマンションに住む場合には、確実に抑えておかなければならない注意点もあるわけです。そして、リノベーションされていても、それはあくまでも中古物件であるという事は忘れてはいけません。"

SHARE

キーワード

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求