&Renoトップ 誰でもわかるリノベーション用語集 「1本目地(いっぽんめじ)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「1本目地(いっぽんめじ)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5779

「1本目地(いっぽんめじ)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集


誰でもわかるリノベ用語集328
 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

■1本目地(いっぽんめじ)

「塗り目地」とは、タイルやレンガなどの目地施工のひとつです。レンガやタイルの施工をする際に目地を入れるときがありますが、1本目地の施工をすることできれいに仕上がります。

1本目地におすすめなのは吸水率の低い壁材、表面がデコボコしている壁材表面にざらつきのある壁材などです。表面に目地を残したくない方や目地部分を深くしたい方にも適しています。

1本目地の施工をする際には、目地材と水をよく混ぜて耳たぶ程度の硬さになるまで練っていきます。その後、絞り袋などに練った目地材を詰めてから、目地の幅に合わせて絞り袋の先端をカットします。目地材を詰めるときには、クリームを絞るようにゆっくりと目地に詰めていきましょう。

全ての目地に目地材を詰めたらブラシで目地を仕上げます。1日ほど時間が経過したら硬めのブラシを使って表面の汚れを落とします。


目地にはさまざまな役割がありますが、大きな役割のひとつとして外壁の吸収があります。建物の壁は剛性が強い場合でも、季節による気温の変化、梅雨の時期における気圧の変化などの影響で収縮や膨張を繰り返しています。また、台風や地震によっても動くことがあるのです。

目地には外壁の動きを吸収する役目があり、損傷防止に効果があります。その結果、建物の老朽化を防ぎ、快適な暮らしを続けられるのです。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  4. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  5. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  6. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  7. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  10. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表