&Renoトップ その他 雑誌を活用した「理想の暮らしのアイディア探し」

雑誌を活用した「理想の暮らしのアイディア探し」

雑誌を活用した「理想の暮らしのアイディア探し」

リノベーションや新築で理想の暮らしを実現したいと思っている方はたくさんいらっしゃると思います。同時に今は自分では思いついていない新しいアイディアを入れたいと思っている方も多いことでしょう。

今回の記事では「理想の暮らしのアイディア探しに雑誌を活用しよう」というお話をしていきます。

なお特定のリノベーションに関する雑誌や住宅に関する雑誌をお勧めすることは一切ございません。ぜひ安心して読み進めていただければと思います 。

1:人は目的の書籍を買う

もしみなさんが、家をリノベーションや新築で刷新しようと思ったらどんな雑誌や書籍を買いますか。

おそらく、というか通常はリノベーション専門誌や新築専門誌を購入されることでしょう。ただイメージだけでなく、費用感や各手続きなどの確認もされる方が多いので至って当たり前の流れです。

そう、人は目的がテーマの書籍を普通は買うのです。

もしディズニーランドに行くならばディズニーランドのガイドブックを買うことでしょう。そこで村上春樹の小説を買う方はいらっしゃらないはずです。

しかし、アイディアを探すに際してはこの当たり前を取っ払うと良いでしょう。

2:家の理想は家から考える必要はない

例えば、理想の家が漠然と北欧風の家だとしましょう。その場合輸入住宅を中心とした住宅本を購入されるでしょう。

しかし、大切なのはイメージを膨らませ、アイディアを湧き出させることなので、全く異なるジャンルの雑誌や本に手を出すことをオススメします。

例えば、北欧の旅行ガイドブック。これを買って、気になるデザインのお店があったらそれをインターネットで検索してみます。インターネットでは画像検索もできますし、Instagram全盛期の現代では、Instagramユーザーが投稿したらオシャレな写真もたくさん見つかるはずです。

また、家のデザインと全く異なるものでも良いでしょう。例えば女性ファッション誌ではトレンドに合わせた素敵なファッションを確認できます。その衣装の色味や合わせ方などを見て、それが気に入れば家のインテリアコーディネートに転用してみると面白いでしょう。

そう、理想やアイディアを探す上では何も家の事例でのみリサーチをする必要はないということでしょう。

スキャンダルなどが掲載されている週刊誌でも、時として読み応えがあり今後に活かせるコラムに出会うかもしれません。見すぎて優柔不断になってしまっては元も子もないですが、広く情報を得て、自分の理想や新しいアイディアを徹底的に考えれば、自ずと理想の答えは導き出せるはずなのです。

3:スマホ・タブレットを活用したアイディア探し

とは言っても、雑誌を多く購入すると地味に出費が嵩みます。旅行ガイドブックなどではより嵩みます。
そこでオススメしたいのがスマホやタブレットで数多くの雑誌を定額で閲覧できるサービスです。
例えば、以下のサービスなどです。(※50音順掲載)

・FODマガジン

・Kindle Unlimited

・ブック放題

・楽天マガジン

取扱い雑誌数は各サービスで多少異なりますが、定額で雑誌が読み放題なのは非常にお得です。

雑誌によっては紙雑誌でのみ閲覧できるページもございますが、定額であれば大きく気にするものでもありません。

アイディア探しは広くやる、そしてよく考える。

「理想の暮らしのアイディア探し」をするために是非実践してみてください。

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表