&Renoトップ その他 小学生でもわかる「耐震構造」と「免震構造」について

小学生でもわかる「耐震構造」と「免震構造」について

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/1573?cl=reno_article3132&utm_source=reno

小学生でもわかる「耐震構造」と「免震構造」について

よく名前は聞いたことがあるけれど ?
 
耐震構造・免震構造一体何が違うのだろう ?
 
耐震構造のメリットは何だろう?
 
免震構造のメリットは何だろう?
 
耐震構造のデメリットは何だろう?
 
免震構造のデメリットは何だろう?
 
今回の記事では耐震構造と免震構造について分かりやすく明確に説明をしていけたらと思います。
 

■「耐震構造」とは?

「耐震構造」とは建造物自体の強度を高めて地震に耐える構造のことです。
 
日本は地震大国ですので、住宅やビル、そしてマンションもしっかりした建造物にしておく必要があります。
 
日本では、頻繁に震度5以上の地震が発生し、震度6以上の地震も決して珍しくはありません。そんな大地震が起きた場合でも、亡くなる方がおらず、住宅が倒壊することも多くはありません。
 
日本に住んでいるので当たり前に思いますが、これは非常に珍しいことです。海外では震度5強で建造物が倒壊しないことの方が珍しく、日本で震度5強で建造物が倒壊した場合は欠陥構造の建造物と疑われます。
 
これほどまでに日本の建造物の強度が高くなったのは、今まで繰り返し大地震が襲ってきたためといえるでしょう。
 
災害が起き、建造物の倒壊を目の当たりにする度に、対策が成され、頑丈な建造物を建てることに熱心な研究を捧げてきたのです。
 
なお「耐震構造」は、一戸建て住宅などで多くの建造物で採用されています。
 
この「耐震構造」は1981年の法律改正により出来上がった基準。その後に繰り返し改正はされているものの、この1981年の法律改正が一番大きな基準となっています。
 
「耐震構造」は、地震に強い住宅にするために梁を一つ多く入れたり柱と柱を鉄板でつなぎ抜けないようにしているものなど。
 
つまり、地震に対してどれだけ耐えられるかを主眼に置いた構造と言えるでしょう。そのため、「耐震構造」は新築段階で行うこともできますが、リノベーションでも行うことが十分可能です。
 
例えば、柱を強化したい場合、壁を一度くり抜き柱の部分を補強するという手順で中古物件も耐震補強をすることが可能なのです。

■「免震構造」とは?

「免震構造」とは建造物にかかる地震の力を建造物から逃がす構造のことです。
 
よって、「免震構造」のマンションに住まれている方は仮に震度6の地震が発生しても同等の揺れを体感しません。(建造物により免震の差があるため、一概に体感震度を表すことはできません)
 
分かりやすく述べると、「耐震構造」の場合には、地震が発生した場合その地震に耐えるために正面から力を受け止めるつくりになっているわけです。そのため、各部分を頑丈にしておかなければなりません。しかも、揺れを抑えることはできずとにかく耐える構造になっています。
 
仮に震度7の超巨大地震が発生した場合は、その震度7に耐えることが「耐震構造」です。
 
これに対して、免震構造の場合には揺れ自体を外に逃がす働きがあります。
 
「免震構造」の多くは10階建て以上のマンションやビルなどで積極採用されています。
 
建造物の土台部分に表層ゴムと呼ばれるものを入れ、地震が発生した際にその部分がクッションになり揺れを吸収します。左右の揺れや縦揺れを吸収するため建造物にかかる力を減らすのです。
 
なお、「免震構造」は表層ゴム等巨大な設備であるために、戸建て住居ではほぼ導入されていません。

■「耐震構造」と「免震構造」それぞれのメリット・デメリット

小学生でもわかる「耐震構造」と「免震構造」について"

「耐震構造」と「免震構造」は、それぞれ大きな地震に対して倒壊を防ぎ、人命を救うためにあるといっても過言ではありません。
 
これは、日本の歴史の中で多くの方が地震で亡くなられたことから開発された知恵と努力の結晶でもあるのです。
 
では、それぞれのメリット・デメリットは何なのでしょうか。
 
まず「耐震構造」のメリットは、各戸建て住居に導入できるだけでなく中古物件でもあとから追加仕上げをすることが可能です。資金と適応した業者さえあれば、地震に強い住宅を作ることが出来るのです。
 
では「耐震構造」のデメリットは何なのでしょうか。それは、大地震が起きた際にその震度のままの力を建造物が受けてしまうということです。建造物自体は耐えれても、家具などが倒れてしまい、それによって怪我をしてしまう恐れがあるのです。よって「耐震構造」を施した場合でも家の中の家具などが倒れてこない対策を行う必要があるわけです。
 
続いて「免震構造」のメリットについて。「免震構造」のメリットは、揺れそのものを抑える働きそのもの。それによって家具等が倒れてくる危険性や震度をそのまま感じる恐怖から逃れることができます。そのため震度7レベルの地震が発生しても家具等が倒れる可能性は低いのです。
 
それに対して「免震構造」のデメリットは、そもそも一般の戸建て住居に導入が難しいという点です。導入が進んでいないため「戸建てにどうしても」となった場合は莫大な資金がかかります。
 

まとめ

小学生でもわかる「耐震構造」と「免震構造」について"

「耐震構造」と「免震構造」は比較する対象とはなっておりません 。そもそも耐震構造ができる建造物は多いですが、免震構造ができる建造物というのは限られているわけです 。
 
そのことは今回の記事で最もみなさんにお伝えしなければならないことであります 。
 
戸建て住居ではまず「耐震構造」です。その「耐震構造」をより深掘りする記事は改めて別記事で詳細に記述していければと思います。
 

この記事をシェアする

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
  • https://renovefudosan.com/andreno/show/1573?cl=reno_article3132&utm_source=reno

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 小上がりの和室をリフォームでリビングに作りたい!そのメ...

  2. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  3. vol.40【戸建てリノベ|インタビュー】構造を変えら...

  4. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  5. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表