&Renoトップ リノベーションのハウツー 団地リノベーションのメリットとデメリット

団地リノベーションのメリットとデメリット

団地リノベーションのメリットとデメリット

最近は、団地をリノベーションしてマイホームを手に入れる人が増えているのをご存知ですか?
 
団地と言えば地味なイメージがあり、どんな風にリノベーションするのか想像つかない人も多いと思います。
 
この記事では、最近話題となっている団地リノベーションのメリット・デメリットについて解説していきます。
 
これから、普通のマンションではなく団地をリノベーションしてマイホームを購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも団地はマイホー厶として購入できるの?

団地リノベーションのメリットとデメリット"

普通のマンションをリノベーションすることはよくあるやり方ですが、そもそも団地はマイホー厶として購入できるのでしょうか?
 
あまり知られていませんが、団地も中古住宅として販売されており、マイホームとして購入することができます。
 
中古住宅として売りに出されている団地は、都道府県や市町村が管理する団地ではなく、ほとんどがUR都市機構が所有していたものです。
 
UR都市機構の団地は、周辺にある賃貸物件と同じ設備が整っているのが特徴です。
 
一般のマンションよりも築年数が古い物件が多く、リーズナブルな販売価格のため注目されています。

団地リノベーションとは?

団地リノベーションのメリットとデメリット" 団地リノベーションのメリットとデメリット"

団地リノベーションとは、団地を購入してリノベーションすることを指します。
 
普通のマンションのようにリノベーションすることで、ライフスタイルに合わせて自分好みの環境を整えることができます。
 
団地は建物が古かったり、内装や設備が均一化されていているものが多く、そのままでは個性が感じられないのがデメリット。
 
しかし、リノベーションすることで間取りを変えたり、最新の設備を投入すれば見た目を驚くほど変えることができます。

団地リノベーションのメリットは?

団地リノベーションのメリットとデメリット"

団地リノベーションの最大のメリットは、なんと言っても販売価格が安いことです。

マイホームで最もお金がかかるのは物件の購入費用なので、団地であれば予算を抑えてマイホームを購入することが可能になるのです。

団地は、同エリアでもマンションより安い物件が多く、費用を抑えてマイホームを検討する方は、視野に入れると選択の幅がぐっと広がります。
 
コストを抑えることができる分、内装のリノベーションに費用を充てて、自分好みの空間を作ることができたり、趣味の分野に予算を回すことが可能になります。
 
住宅ローンが高く、毎月の返済が大変になる一般的なマンションに比べ、団地の場合は資金繰りも楽になるケースが多く、無理のない返済プランで理想的なマイホームを手に入れることができます。

さらに、団地は一棟一棟の距離幅がしっかりとられていたり、平置きの駐車場が備わっている物件があったり、緑や公園などの周辺環境も良く、広々としていて住環境が良いこともメリットとして挙げられます。

団地リノベーションは、予算重視の方や、住環境を大切にする子育て世代の方に好条件と言えるでしょう。

団地リノベーションのデメリットは?

団地リノベーションのメリットとデメリット"

団地リノベーションの最大のデメリットは建物の古さです。

多くの団地は築年数が経っており、内装や設備をリノベーションしても外観の経年感は避けられません。しかし、管理がしっかりされている団地では、外壁の修理や塗装を定期的に施している物件もあり、古さの中にも丁寧さを感じ、逆に好印象を受けるものもあります。

また、築年数が多い団地であっても地震に強く、簡易な分譲マンションよりも優れているという意見もあります。ポイントは、築年数の古さではなく、「耐震性能や管理の状況を見極めること」です。
 
団地リノベーションを検討される場合は、耐震や配管など目に見えない部分を確認しておくことが大切です。

もう一つのデメリットは、団地には5階建て程度の建物が多くあります。その場合にエレベーターがないケースがあることです。低層階を好む場合は問題ないかもしれませんが、4,5階を検討する際にはライフスタイルに合わせて熟考が必要でしょう。

近年の健康志向に便乗して、毎日の階段昇降が健康維持に繋がるというマインドもよいかもしれません。

理想的な団地リノベーションのポイント

良い団地を見つけてリノベーションを施し、最適な家造りをするポイントを見ていきましょう。
 
まず、団地選びはリノベーションを視野に入れて選びます。そのため、ライフスタイルとよく照らし合わせて検討することが大切です。
 
団地は建物自体が古い場合が多いので、壁を抜くことができないケースなど希望通りにリノベーションができない場合もあります。
 
変えられる部分と変えられない部分は前もって確かめておき、最終的にどこまで希望通りにリノベーションできるかチェックしておきましょう。

「いずれ手放すことになるかも」という方は、立地条件が良いところを選ぶと良いでしょう。 

駅から徒歩圏内、買い物に便利で病院や銀行が近くにある団地は購入時よりも資産価値が下がりにくくなります。

団地リノベーションの費用相場は?

団地リノベーションのメリットとデメリット"

団地リノベーションの費用相場は500~800万円ほどかかります。
 
先程も述べたように、団地は築40年以上の古い建物が多く、大々的にリノベーションすると1,000万円近くかかるケースもあります。
 
具体的な団地リノベーションの費用は、リノベーションの内容と物件の広さにより変わります。
 
予算に合わせて理想的な団地リノベーションを計画しましょう。

まとめ

今回は、最近話題となっている団地リノベーションのメリット・デメリットについて解説していきました。
 
団地リノベーションは普通のマンションよりも販売価格が安い分、リノベーションにお金をかけることができます。
 
団地は周辺に緑が多く、広々として家族向きの良いお宝物件が多いのがポイント。
 
これからマイホームを購入したいと考えている方は、団地リノベーションを検討してみてはいかがですか?

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表