リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。

close menu

リノベのハウツー

2020.09.26

5人家族に最適な部屋数とは、マンションと一戸建てに分けて分かりやすく紹介

5人家族に最適な部屋数とは、マンションと一戸建てに分けて分かりやすく紹介

 

新築を購入するときや、引っ越しをするときに気になることとして、部屋数が挙げられます。最新の設備は設置してあるものの、部屋数が少ない場合には、窮屈に感じることもあるでしょう。特に5人家族については、家族間のトラブルを避けるためにも、慎重に検討しておきたいものです。
 
そこで今回は、5人家族に最適な部屋数をまとめました。この記事では、マンションと一戸建てに分けて、それぞれの理想の部屋数を紹介します。住宅の購入を考えている方や引っ越しを検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


 

こんな記事も読まれています

マンションの部屋数

5人家族に最適な部屋数とは、マンションと一戸建てに分けて分かりやすく紹介

 
国土交通省が作成した住生活基本計画(全国計画)によると、世帯人数ごとの求められる最低限の広さは以下の通りです。

5人家族に最適な部屋数とは、マンションと一戸建てに分けて分かりやすく紹介

上記の資料によると、5人家族が快適に暮らすには最低でも60m2以上の広さが必要です。ただし、間取りには注意が必要です。マンションの間取りの多くは、2LDKか3LDKとなっており、4LDKのマンションを見つけるのは難しいでしょう。
 
一方で、子どもたちのプライバシーを尊重する場合には、子どもたちがそれぞれ1人部屋を持つのが理想です。5人家族の場合は、夫婦の寝室を含めると4LDKの間取りが必要になるでしょう。そのためマンションで5人暮らしをする場合には、4LDKのマンションにこだわるのか、3LDKのマンションで妥協するのかを決めておく必要があります。
 

3LDKに5人家族が住む場合の部屋割り

3LDKの間取りに5人家族が住むときには、部屋割りに注意しなければなりません。一部屋を夫婦の寝室として利用する場合、二部屋を3人の子どもたちが利用します。そのため、一部屋を1人が使い、もう一部屋を2人で使うことになります。
 
3人の子どもの割り振り方はさまざまですが、子どもたちの年が離れている場合には年齢順で分けると良いでしょう。長男や長女が1人で一部屋を使用し、弟や妹が2人で一部屋を使用するという分け方です。
 
別の分け方として、性別があります。男の子2人と女の子1人の3人きょうだいなら、男の子たちが2人で一部屋を使い、女の子が1人で一部屋を使います。女の子が思春期を迎えたときには、特におすすめです。
 
もうひとつの方法は、3人が一部屋を使用するパターンです。この場合、勉強部屋と寝室で分けることができます。2人が就寝したいものの、1人は勉強をしたいというケースではこの方法がおすすめです。
 

受験期の子どもは要注意

子ども部屋が限られている場合には、受験期の子どもを優先して部屋を与えるのがおすすめです。受験シーズンは、できるだけ集中できる環境で勉強したいものです。家族の話し声が妨げにならないように、ほかの兄弟が1つの部屋を使うように、柔軟に対処するのが良いでしょう。

 
子どもたちが巣立つときのことも考慮に入れる

子どもたちが成長して社会人になると、親とは離れて生活する場合もあるでしょう。5人家族のマンションを購入する際には、子どもたちが巣立つときのことも考慮に入れると良いでしょう。
 
ゲストルームや書斎が欲しいという場合でも、子どもたちが家を出た後に作る方が合理的です。部屋数を決めるときには、子どもたちが親元から離れたときのケースも考えておきましょう。
 

5人で2LDKの間取りに住むのは可能?

都市部では住宅価格が高いので、2LDKが限界というケースがあります。子どもたちが小さい頃は、1つの部屋を5人の寝室として使用できるでしょう。しかし子どもたちが成長したら、子どもたち3人が1つの部屋を使う、または性別で部屋を分けるといった部屋割りが必要です。
 
3人の子どもたちが一部屋を使う場合は、カーテンの付いたロフトベッドを設置するのがおすすめです。カーテンがあれば、子どもたちのプライバシーを守れるでしょう。また勉強するスペースが必要なときには、リビングを子どもたちの勉強部屋として使うのもおすすめです。

 

一戸建てでの部屋数

5人家族に最適な部屋数とは、マンションと一戸建てに分けて分かりやすく紹介

 
独立行政法人住宅金融支援機構「2018年度 フラット35利用者調査」によると、注文住宅の平均面積は、126.8m2です。2階建ての4LDKという間取りも多いので、5人家族でもストレスを感じずに暮らせるでしょう。
 

建て売り住宅の場合 

地域によっては、4LDKの建て売り住宅を見つけるのが難しい場合もあります。そのような場合、時間をかけてでも4LDKにこだわるのか、3LDKに妥協するか、慎重に話し合う必要があるでしょう。もし3LDKの住宅を購入する場合には、マンションのケースと同じように子どもたちの部屋分けをしましょう。

 

まとめ

5人家族に最適な部屋数とは、マンションと一戸建てに分けて分かりやすく紹介

 
この記事では、5人家族が快適に暮らせる部屋数を紹介しました。子どもたちのプライバシーを尊重するなら4LDKの間取りは必要です。ただし4LDKのマンションは少ないので、場合によっては3LDKにする必要もあるでしょう。そのときには、子どもたちの部屋割りをしましょう。
 
一戸建ての場合は、4LDKの住宅を見つけるのは可能でしょう。もし見つけるのが難しい場合には、3LDKの間取りに変更するのも良いでしょう。


 

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求