リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.08.30

物件の方角が「南向き」がベスト?方角のメリットとデメリットを紹介

物件の方角が「南向き」がベスト?方角のメリットとデメリットを紹介

 
物件を選ぶときの条件として「方角」を含める方がいます。方角によって住み心地が変わるので、慎重に選びたいものです。
 
そこで今回は、方角ごとの特徴をまとめました。物件の方角は南向きが良いといわれますが、この記事を読むことで、おすすめの方角が分かるでしょう。引っ越しを検討している方や、物件の購入をお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

南向きの物件の特徴

物件の方角が「南向き」がベスト?方角のメリットとデメリットを紹介

 
4つの方角の中で人気が高いのが南向きの物件です。そのため、販売価格は高めの傾向にあります。
 

南向きの物件のメリット

一番のメリットは日照時間です。日の光が一日中差し込むため、洗濯物が乾かしやすいでしょう。自宅を仕事場としている方や、育児で家にいる時間が長い方については、日の光が部屋に長時間差し込むため、照明の費用を抑えられます。ほかにも、南向きの物件は部屋の湿気がこもりにくいので、結露が起こりにくいでしょう。

 
南向きの物件のデメリット

部屋の暑さに注意が必要です。夏場になると、日の光によって室温が高くなるでしょう。エアコンや扇風機で対応する必要があります。また、日の光で家具が日に焼けてしまうこともあるので、配置を考える際には注意が必要です。

 

東向きの物件の特徴

東向きの物件は、南向きの物件と同じように人気の方角です。そのため、物件は高めの傾向にあるので注意が必要です。

 
東向きの物件のメリット

一番のメリットは、スッキリとした目覚めができることです。朝日が部屋に差し込むので、自然と目が覚めるでしょう。快適な気分で朝を迎えることができます。もう一つのメリットは、夏場でも室温が上がらないことです。朝の時間帯は日の光が当たりますが、午後になると日陰になるので、ほかの方角に比べて過ごしやすく感じられます。

 
東向きの物件のデメリット

東向きの物件は、洗濯物を早めに干しておく必要があります。午後になると日の光が当たらないので、午前中のうちに乾かさなければなりません。そのため、夫婦共働きの家庭では不便に感じることもあるでしょう。
 
もう一つのデメリットは、冬場は暖房費がかかることです。午後になると室温が一気に下がるので、暖房器具で部屋を暖める必要があります。


 

西向きの物件の特徴

西向きの物件は、南向きや東向きの物件と比較すると人気は低めです。そのため物件の価格も比較的安価で購入できるでしょう。
 

西向きの物件のメリット
 
午後から夕方にかけて日の光が入るため、冬場は暖かいというメリットがあります。そのため、暖房費を抑えることができるでしょう。加えて、洗濯物は、日が沈む時間まで干すことができるので、午後の遅い時間からでも洗濯物を乾かすことができるでしょう。
 

西向きの物件のデメリット

西向きの物件は、夏場に室温が高くなるので注意しましょう。午後の気温が高い時間から日の光が部屋に差し込むため、室温が上昇します。そのため、部屋の間取りによってはエアコンをフル稼働させる必要があるでしょう。

 

北向きの物件の特徴

物件の方角が「南向き」がベスト?方角のメリットとデメリットを紹介

 
北向きの物件は、すべての方角の中で一番人気がありません。そのため、安い価格で物件を購入できるでしょう。
 

北向きの物件のメリット

直射日光が当たらないので、部屋に差し込む光はほかの方角に比べてやわらかいでしょう。テレビを視聴するときも、テレビの画面に光が当たることがないので見やすいです。また、家具を窓側に配置しても、日に焼けて変色する心配がありません。

 
北向きの物件のデメリット

日が当たらないので、洗濯物が乾きにくいという問題があります。加えて、部屋の湿気がこもりやすいという問題もあります。エアコンや空気清浄機を使用して湿度を抑える必要があるでしょう。


 

物件を購入する際のおすすめの方角

南向きの物件は、なるべく多くの日の光を部屋に取り込みたい方におすすめです。ただしライフスタイルによっては、日の光が不快に感じることもあります。夜勤で働いている人や、午後の遅い時間から出勤している人は、日の光が差し込みにくい北向きや西向きの物件の方が適しているでしょう。
 
別の注意点として、近くに高層マンションやショッピングモールなどの大きな建物があると、南向きの物件でも日が当たらないことがあります。購入前にチェックしておきましょう。
 
また、購入の予算が限られている場合、不人気の方角の物件を選ぶことで購入費用を抑えることもできます。暖房器具や照明器具を使用して妥協できるのかを検討するのも良いでしょう。
 


 

まとめ

物件の方角が「南向き」がベスト?方角のメリットとデメリットを紹介

 
方角にこだわって物件を購入する方がいます。おすすめの方角は、ライフスタイルによって異なるので、起床時間や就寝時間、出勤時間や帰宅時間に合わせて決定すると良いでしょう。また、予算が限られている場合は、不人気の方角の物件を選ぶことで費用を抑えることが可能です。家族で相談しながら、最適な方角を決定することをおすすめします。
 


 

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求