リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.05.24

子供部屋の間仕切りにおすすめな引き戸。メリットやデメリット、設置する際のポイントとは?

子供部屋の間仕切りにおすすめな引き戸。メリットやデメリット、設置する際のポイントとは?

家を購入する時点ではまだ子供がいなかったり、いてもまだ小さかったりすることがあります。家族計画がまだはっきりしていなくて、子供部屋がいくつ必要になるかわからない場合もあるでしょう。そのような場合でも柔軟に部屋を対応させられるのが、間仕切りに引き戸を使う方法です。

間仕切りに引き戸を使うことで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。設置する場合にはどのような点に気を付けたらよいのかを含め解説していきます。

引き戸とは

子供部屋の間仕切りにおすすめな引き戸。メリットやデメリット、設置する際のポイントとは?

引き戸とは、ふすまや障子、雨戸のように、横方向に滑らせて開閉する戸のことです。戸を開けたままにすることで、隣り合った部屋を一つの部屋のように使用できます。開けたままにしていても邪魔になりません。

レールや溝の上を滑らせるレールタイプは、安定感があります。床との多少の段差が生じますが、フラットに近いものもあります。

天井や壁にレールを設置して上から吊るす上吊りタイプは、床にレールがないため掃除しやすくつまずく心配もありません。ただ、上吊りタイプは気密性が劣る傾向にあります。

引き戸にもいくつかの種類があります。引き戸を開けるときに、壁にドアをスライドさせるスペースがあるのは片引き戸です。引き違い戸は2本以上のレールがあり、扉も2枚以上設置します。左右の両方から開閉できます。

引き分け戸も同じく両側にスライドできますが、レールは1本です。引き込み戸は、戸を開けると戸袋の中に収納されます。戸袋を壁として使用でき、戸をすべて引き込むと見た目がすっきりします。

子供部屋の間仕切りを引き戸にするメリット・デメリット

子供部屋の間仕切りにおすすめな引き戸。メリットやデメリット、設置する際のポイントとは?

部屋を仕切る場合、壁やカーテンなどを設置する方法もあります。引き戸を使うと、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

引き戸にするメリット
引き戸にすることで、部屋をつなげたり分けたりと臨機応変に対応できます。子供が小さいうちは、狭い個室よりも広い部屋のほうが走り回って遊べます。兄弟姉妹がいる場合は、一緒の部屋で遊んだり寝たりすることもあり、その際も大きな部屋のほうが何かと使い勝手がよいでしょう。子供がある程度大きくなって個室を欲しがった場合、引き戸であれば柔軟に対応できます。

最近はリビングなどに勉強するスペースを設けて、子供部屋として個室を作らない家庭もあります。ただ、大きくなるにつれて個室がないことにストレスを感じる子供もいます。子供がまだ小さくて、子供自身の希望がわからないうちに家を購入する場合も、引き戸があればすぐに個室を作れて便利です。

あとから壁をつくる方法もありますが、その場合はある程度費用がかかります。立ち合いが必要ですし、普通に生活しながらの工事は不便なことも多いでしょう。

長いライフステージにおいては、大きな部屋のほうが使い勝手がよいときと、個室のほうが便利なときの両方があります。部屋を自由につなげたり分けたりできることで、子供が独立したあとの部屋の使い道も広がります。たとえば子供が結婚後に帰省したときに泊まる部屋として使う場合、家族別に部屋を分けたいときにも便利です。

引き戸にするデメリット
引き戸は、壁に比べると音がもれやすいことが挙げられます。そうはいっても、遮音性や防音効果のアップした引き戸もありますし、カーテンや家具などで仕切るより音は気にならないでしょう。

子供部屋の間仕切りを引き戸にする場合のポイント

子供部屋の間仕切りにおすすめな引き戸。メリットやデメリット、設置する際のポイントとは?

子供部屋の間仕切りとして引き戸を設置する場合、いくつかおさえておきたい注意点がありますのでご紹介します。

引き戸の色や材質、大きさについて
引き戸を閉めて仕切ったとき、戸が壁のように見えます。面積も広いため、インテリアに与える影響も大きくなるでしょう。そのため、壁紙や床とのバランスを考えて色を選ぶのがおすすめです。

また、一方の部屋の子供が寝ても、もう一方の部屋にいる子供がまだ起きて勉強をしているといった状況も考えられます。そういったときのために、光がもれにくいものがおすすめです。

戸の高さが天井まであると、開けたときにより開放感があるでしょう。上吊りタイプであれば、床もすっきりします。

照明やコンセントなどの配線について
部屋をつなげて使う場合と分けて使う場合、どちらのことも考えて照明やコンセントなどの配線をしておきましょう。あとから工事をするのは時間も費用もかかります。一方の部屋から延長コードなどを使用することも可能ですが、戸を少し開けると気密性が悪くなる上、コードにつまずくなどの危険もあります。

まとめ

間仕切りに引き戸を使うと、防音性がやや劣るというデメリットはあるものの、たくさんのメリットが得られます。設置する際には、引き戸の材質や部屋の配線についても考えておきましょう。

子供部屋の間仕切りに引き戸を使うことで、可変性のある部屋になり、長いライフステージにおいて柔軟に対応できます。子供部屋の数などに悩んでいる方は、間仕切りとして引き戸を検討してみてはいかがでしょうか。

SHARE

キーワード

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求