&Renoトップ 誰でもわかるリノベーション用語集 「握り玉(にぎりだま)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「握り玉(にぎりだま)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/6120

「握り玉(にぎりだま)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集


誰でもわかるリノベ用語集395

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

■握り玉(にぎりだま)

「握り玉」とは、扉を開くときの取っ手の役目を果たす金物ののことです。業者によっては、握り玉のことをノブハンドルと呼ぶことがあります。

握り玉は電球のような丸い形をしており、握る部分が丸いのでつかみやすいという特徴があります。古いマンションやアパートなどは握り玉の取っ手を採用しており、素材はアルミニウムやステンレスなどでできています。握り玉の場合は、握ってから手前に引くとドアが開きます。

以前は多くの住宅で利用されていましたが、最近ではてこの原理でドアを開くレバーハンドルの方が人気です。

握り玉は中心に鍵が付いており、鍵を差し込んでから回転させると施錠します。また内側の握り玉は、中心部分が鍵穴ではなくサムターンになっています。サムターンを回転させると施錠や解錠が可能です。外側も内側も握り玉と鍵が一緒になっているので、デザインはコンパクトになっています。

施錠の仕組みがシンプルなので、DIYで握り玉を設置できるでしょう。値段も他のタイプのドアノブに比べて安価です。

握り玉にはさまざまなタイプがあり、大きく分けると4種類です。1つ目のタイプはチューブラ錠で、主に部屋のドアなどに設置します。2つ目のタイプはシリンダー円筒錠で、ドアの両側で施錠が可能です。握り玉の根元に小さなが穴が空いている場合は、シリンダー円筒錠なので覚えておきましょう。

3つ目はインテグラル錠で、握り玉にデッドボルトが設置しています。4つ目が表示錠で、主にトイレのドアなどに設置します。

(参考:ドアノブの種類と名前一覧~レバー・握り玉の外し方・交換方法も紹介 https://sq.jbr.co.jp/library/867#1)
 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. YKK...

  2. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  5. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  6. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  7. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  8. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  9. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  10. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表