&Renoトップ リノベーションのハウツー かしこくリフォーム!工事の期間が長引く原因と短くするコツを知ろう

かしこくリフォーム!工事の期間が長引く原因と短くするコツを知ろう

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4789

かしこくリフォーム!工事の期間が長引く原因と短くするコツを知ろう

リフォームをする時に気になる工事の期間。実際に工事が始まると、生活スペースの減少や仮住まいでの生活でストレスを感じてしまうかもしれません。かといって業者を急かすのも気が引ける上、それで工期が短縮されるとは考えづらいところ。

リフォーム期間は、環境や工事内容だけでなく、事前の計画の立て方で長くも短くもなります。リフォームを始める前にこそ、短く済ませるコツがあるのです。

今回は、どんな原因でリフォームが長引きやすいのか、どうすれば工期を短くできるのかについて解説します。

マンションのリフォームで期間が長引く4つの原因

かしこくリフォーム!工事の期間が長引く原因と短くするコツを知ろう"

リフォーム期間が長引きやすいのが、マンションのリフォームです。もしマンションでのリフォームを考えている場合、以下の4点に気を付けましょう。
 
 ・ 許可申請を通すために数週間かかる
 ・ マンションの規約に違反していないか
 ・ 近隣の住人とのトラブルに注意
 ・ 資材搬入にエレベーターが使えるかどうか

1つずつ解説します。

【マンションの規約に違反していないか】
通常、マンションには管理規約というものがあり、入居者の生活を保障する決まりなどが定められています。リフォームをする場合、この管理規約に違反していないかどうかを事前に確認する必要があるでしょう。

例えば、共有部分に影響を及ぼすリフォームであるとして規約違反とされた場合、工事の申請が降りない、原状回復を求められるなどの事態が起こり得ます。

【近隣の住人とのトラブルに注意】
リフォームには、少なからず工事の音や荷物の搬入作業が伴います。近隣住民の生活を妨げたとして、トラブルに発展する可能性も無いとは言い切れません。できることなら、事前の挨拶などで了解を得ておくとスムーズに工事を進行させやすくなるでしょう。

【資材搬入にエレベーターが使えるかどうか】
もしエレベーターを資材搬入に使えない場合、工事時間も費用も余計にかかる可能性があります。単純に人の手による作業が増えるため、作業効率が落ちてしまうのです。仮にエレベーターがあったとしても、リフォームに必要な資材を運べる広さかどうか確認しておきましょう。

【許可申請を通すために数週間かかる】
一般的にマンションのリフォームの場合、管理組合にリフォームの許可をもらう必要があると言われています。許可が出るまでの期間は様々ですが、工事の2~3週間前には申請が必要である場合が多いとされています。

リフォーム期間が長くなりやすいタイミング

かしこくリフォーム!工事の期間が長引く原因と短くするコツを知ろう"

思い立ったら早いうちにリフォームをしたい気持ちがあるかもしれません。ただ着工の時期を選ばないと、本来のリフォーム期間よりも長くかかってしまう場合があります。

【休日を挟む場合】
業者の休日が週末の場合や、マンションの規約で土日の作業が禁止されている場合があります。この間は作業がストップしてしまうため、リフォーム期間が延長します。

1週間で完了するリフォーム、例えばユニットバスのリフォームなどは月曜から開始してもらうことで工期時間短縮に繋がるでしょう。

また、GWやお盆などの連休も工事が長引く可能性があります。

【リフォームの繁忙期はいつ?】
世間全体でリフォームの依頼が多い時期には、人手が足りずスムーズな依頼ができないことがあります。一般的に、年末や年度末はリフォームの繁忙期と言われています。

また、ボーナスの時期である夏にも依頼が増えるとされています。急ぎのリフォームでなければ、年末、年度末、ボーナスの時期を避けて依頼すると通りやすいでしょう。閑散期には腕の良い職人を派遣してもらえたり、安めに依頼できたりといったメリットもあり得ます。

【リフォームに適さない天候や温度】
台風や大雪などの天候では、資材の調達が遅れる可能性があります。また、真夏や真冬はコンクリートが固まりにくくなることも。その他、屋根や庭など屋外のリフォームの場合は雨風による中断を強いられることもあり、季節を意識したプラン作りが大切になるでしょう。

リフォーム期間を短くするちょっとしたポイント

かしこくリフォーム!工事の期間が長引く原因と短くするコツを知ろう"

これまで、リフォームの期間が長くなる原因を解説しました。リフォーム前の手続きやリフォーム時期を選ぶことで、本来以上に工期が伸びる可能性を減らせることがお分かりいただけたと思います。
最後にもう少し、リフォーム期間を短くするためのポイントをご紹介。ちょっとした工夫が工期の短縮に繋がることをお伝えします。

荷物を減らしてリフォーム期間を短縮
荷物を減らして、スッキリと動線を確保しやすくすることでリフォーム作業がスムーズに行えるようになります。工事の妨げになるような家具があると、片付けに時間を取られてしまい工期が延長する可能性があります。

仮住まいへ引っ越してリフォーム期間を短縮
工事をスムーズに行ってもらうために、仮住まいへ引っ越すのも1つの手。工事中はいつもの生活が送れず、人によってはストレスを感じてしまうかもしれません。同じように、職人側も住人への配慮から、思うように工事計画を進めることができない場合があります。

リフォームの規模が大きければ大きいほど、住人と職人両方が気を遣うことになると言えるでしょう。リフォーム期間を大きく短縮したい、工事中の環境にストレスを感じるという方は、思い切って仮住まいへの引っ越しも検討してみましょう。
 

まとめ

リフォームの期間が長引く原因は、工事中の天候や日取りだけではなく、工事前の手続きにも隠れています。大切なのは、工事中にトラブルが起きないような事前の準備をし、業者にとって作業しやすい時期や環境を設定すること。これでリフォームの期間を短縮しやすくなります。

すぐにリフォームを始める必要がある場合には難しいかもしれませんが、一歩止まってじっくり考えることが工事中のストレス減少に繋がるでしょう。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  2. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

  4. 「親子でお料理」で、おうち時間をENJOY!...

  5. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  6. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  7. vol.41【リノベ|インタビュー】「リノベ済物件✕再...

  8. 在宅ワーカー必見!スタイル別「書斎・ワークスペース」〜...

  9. 「勉強机どこにする問題」を解決!リビング?部屋?それとも?!

  10. 在宅ワークにおすすめ!マンションで叶う「書斎」事例9選

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表