&Renoトップ リノベーションのハウツー マンションのトイレリフォーム価格や相場は?注意点やポイントも解説

マンションのトイレリフォーム価格や相場は?注意点やポイントも解説

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4172

マンションのトイレリフォーム価格や相場は?注意点やポイントも解説

マンション住まいで、年季の入ったトイレを使用していたり、トイレの内装が気に入らなかったり、使いづらかったりすると「トイレのリフォームをしたいな」と思いますよね。

実際のところ、マンションでのトイレリフォームはいくら位かかるのでしょうか。
また、オススメのトイレリフォームも知りたいですよね。

今回は、マンションのトイレリフォームをテーマに、費用相場や注意点、オススメのトイレリフォームをご紹介します。
 

マンションでのトイレリフォームにかかる費用相場

マンションのトイレリフォームにかかる費用相場はどのくらいなのでしょうか。
リフォーム内容により価格相場も様々。いくつかの例をあげてご紹介します。

便器を取り替える
トイレの便器のみを取り替える場合、費用目途は下記です。

ウォッシュレットトイレ 2.5万円〜5.8万円
タンク式トイレ 9万円〜22万円
タンクレストイレ 13万円〜32万円
(出典:マンションのトイレリフォームを完全解説!費用相場や注意点など)

内装リフォーム(壁紙の貼り替えと床の張り替え)
内装リフォームをする場合、壁紙の貼り替えや床の張り替えがあります。

壁紙の貼り替え 約3万円〜5万円(一畳程度の広さ・天井も含めて貼り替えの場合)
床の張り替え 約2万円〜3万円(一畳以下の場合)


収納スペース設置
トイレリフォームに際して、収納棚や埋め込み式収納スペースの設置をする場合もあります。

板を壁に取り付けて棚を作る場合は約3万円、壁に穴を開けて埋め込む収納スペースを設置する場合は約10万円が必要と言われます。

また、トイレ本体と収納がセットになっているキャビネット付きトイレは、トイレ本体含め約20万円で設置が可能です。


手洗い場と収納スペース
手洗い場と収納スペース一体型もあります。

値段はサイズによって変わりますが、小規模なものだと約6万円、大きいものであれば約15万円で設置可能でしょう。

ただし、手洗い場を新設する場合、水道配管の延長が必要です。工事費用は約1万円ほどと言われます。
(出典:マンションのトイレリフォームにかかる費用や価格は?

マンショントイレリフォームでチェックすべきポイント

マンションのトイレリフォーム価格や相場は?注意点やポイントも解説"

トイレは毎日何度も使う場所。だからこそ、使いやすさを実現するため、またトラブルを避けるためにも注意すべきポイントをお伝えします。


マンショントイレの排水形式のチェック
マンションのトイレの排水形式は、「床排水」と「壁排水」の2種類があります。
この2種類の形式に分かれて、トイレは販売されているため、自宅マンションの排水形式に合ったトイレを選択する必要があります。

床排水:トイレの下から床下へと、汚水が流れる配管が通っている。
最近はこの排水方式を採用しているマンションが多いと言われます。

壁排水:トイレの背後の壁に配管を伸ばして汚水を流す。
昔は床下に空間があまりなかったため、採用しているマンションが多い傾向でしたが、建築技術の
進化により、床排水形式が増加の傾向。


トイレの広さと便座の大きさのバランス
「便器が大きい方がゆったりと座りやすい…」など、便器のサイズや機能面ばかりに注目しがちですが、トイレの部屋の広さと便器の大きさのバランスを考慮する必要があるでしょう。
便座に座っても体を動かす余裕もない状態だと、せっかくリフォームしても使いづらいトイレになってしまうことも。

理想のバランスとしては、便座の先から前側の壁やドアまでの距離を50cm程度は確保するのが良いとされています。


マンションではトイレの増設は難しい
マンションでは、トイレの増設は難しいと言われています。

一戸建ての場合は、排水管を自由に設置できるため、トイレの増設は難しくありません。しかし、マンションの排水管の場合は、他の部屋と共通で使用する「立て管」と、各部屋の排水を「立て管」までつなげる「横管」という組み合わせで出来ており、共用部である「立て菅」へ新しく配管を接続するには、管理組合の許可を得る必要があるのです。

また、マンションでトイレを増設する場合、設置場所によっては横管が長くなってしまい、十分な傾斜をつけることができず、排水が流れにくくなる原因にもなります。

「横管」の設置によって排水が流れにくくならないかどうか、など増設の見通しを立てることができたら、管理組合の許可を取り、その後に増設ができると覚えておきましょう。

マンションでのトイレ増設は、ハードルが高いと言えるでしょう。

マンションリフォームでトイレ、手洗い場、床材のオススメは?

マンションのトイレリフォーム価格や相場は?注意点やポイントも解説"

次に、オススメのトイレ、手洗い場、床をご紹介します。

【オススメのトイレ】
オススメのトイレは、「タンクレストイレ」です。
タンクレストイレは、水道管に直結して流すタイプのトイレで、水を溜めるタンクがありません。
タンクが無い分、省スペース化を実現することができ、狭い個室でも広いトイレ空間に変えることができます。

TOTO・LIXIL・パナソニック各社からタンクレストイレが販売されています。

【オススメの手洗い場】
手洗い場は、壁に取り付けるものや、カウンターと一体型になっているものなどがあります。
特に壁に取り付けるブラケットタイプは、狭いスペースでも場所を取らないため、オススメです。

【オススメの床材】
トイレの床には、クッションフロアシートがオススメです。
ビニール素材でできており、水拭きができるので掃除が楽です。

また、値段も安価なためお財布に優しい床材と言えます。
様々なデザインのクッションフロアシートがあるので、おしゃれな床にもできます。

まとめ

トイレは毎日使う場所だからこそ、少し費用はかかりますが、便器の種類から、壁、床、手洗い場までこだわって、できるだけ快適な空間を作りあげたいところです。

マンションのトイレリフォームでは、事前にチェックすべき注意点に気をつけながら、素敵なリフォームを実現してくださいね。
 

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 小上がりの和室をリフォームでリビングに作りたい!そのメ...

  2. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  3. vol.40【戸建てリノベ|インタビュー】構造を変えら...

  4. 【実例】お宅の「キッチン」拝見します!5選~リノベーシ...

  5. 住宅ローンの変動金利と固定金利について。あなたに合うの...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表