&Renoトップ リノベーショントレンド 子育てに最適なキッチンとは

子育てに最適なキッチンとは

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/3896

子育てに最適なキッチンとは

子育て世代に人気のキッチンといえば、対面式。キッチンでの作業中にもリビングで遊ぶ子どもの様子が見えたり、空間を共有できるといったメリットがあります。一方で、独立型キッチンを好むケースも。

今回は、どんなキッチンが子育てに良いのか、考察したいと思います。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

子育てでチェックしたいポイント

子育てに最適なキッチンとは"

キッチンゲートの要否

子どもがハイハイや歩きはじめのころは、キッチンにゲートをつけることが多いようです。料理中に足元に子どもがくると危ないという考えからです。そのため、「ゲートをつけることができるか」という視点が必要になります。

一方で、ゲートをつける時期は数年のみ、デザイン性を優先したいので「ゲートをつけるかどうかを優先しない」という考え方もあります。この場合は、お料理などの作業中に気を使いますが、かつての日本のお勝手(台所)にはゲートがなかったことを考えれば難しいことではないのかもしれません。
キッチン周りを子どもがウロウロできる環境であれば、手が届く範囲に危ないものを置かないということも、重要になります。


リビングで遊ぶ子どもを見やすいかどうか

「リビングで過ごす子どもを見ながら料理できる」「お料理しながら勉強をみてあげることができる」などをしたいかどうかによっても、キッチンのスタイルが変わってきます。


自分自身がオープンな空間が良いか、独立した空間が良いか

キッチンは、お料理するだけではなくちょっと一息つける空間でもあります。子育てしながらでも一人になりたい場所がキッチンである場合は独立型も検討すると良いでしょう。逆に、キッチンで作業しているときにもそうでなくても、家族と時間を共有し、広い空間で過ごしたいという場合は、LDK一体型がオススメとなります。

キッチンの種類と形状

子育てに最適なキッチンとは"

次に、理想的なキッチンを考えるにあたり、キッチンにはどんな種類にがあるのか見ていきたいと思います。

◆LDK一体型
LDKが一体となっていて、壁などで仕切られていない空間。最近のトレンドです。LDK一体型には大きく分けて対面式と壁付があります。

ー対面式
人気が高いキッチンです。キッチンでの作業中にも、子どもがリビングで遊ぶ様子が見やすく、少し成長してからも、リビング学習では"向かい合って"見てあげられるというメリットがあります。対面式にペニンシュラとアイランドがあります。

・ペニンシュラ
キッチンの端のどちらかが壁について半島になっているタイプ。マンションでよく見かけるタイプです。

・アイランド
デザイン性が高く、キッチンのどこも壁に接続していないタイプ。一般的にはスペースが必要と言われますが、リノベーションでは導線をシェアしたり、ゾーニング次第ではマンション面積50㎡台でも実現しています。キッチンぐるっと一周に人が立てるので、パーティーなど大人数で作業するスタイルにも向いています。

ー壁付
LDK一体型で壁付キッチンのケースもあります。その際、カウンターを設置し、対面式風キッチンにするなども人気です。コンロがLD側にないため油ハネなどがLDに広がりにくいというメリットがあります。また、対面式キッチンにしたいけれど、広さ(奥行き)が十分でない場合にも、サイズを調整できるカウンターを造作するなどが人気です。

◆独立型
キッチンそのものが別の部屋にあるタイプです。LDに隣接する間取りで、LDとの間に扉もないことがほとんどです。ゲートは取り付けやすい間取りが多いです。個室感があるので、子育て中でもふと一人になりたい時(それでもLDとは繋がっているので子どもの気配は感じつつ)など、自分の場所があると安心という方には向いているかもしません。

◆キッチンの形状
LDK一体型、独立型どちらともキッチンの形状に、Ⅰ型、Ⅱ型、L型、コの字型などがあります。

 

子育て世代にぴったりなキッチンとは

子育てに最適なキッチンとは"

以上のことから、

・安全性
・デザイン性
・独立性
・子どもとの関わり方
・スペースの問題
・時間軸

の点で、子育て世代には「安全」と「子どもとの関わり」を大切にする傾向が強いため、「対面式」で「ゲートを付けられる」タイプが人気であることがわかります。

一方で「ゲートがなくても問題ない」という考えもあり、デザイン性もありつつゲートも付けられるというキッチンもあります。他にも、一人になる空間が必要か、それはキッチンなのか。別の部屋でもよければLDKは一体型がいいのでは?などなど。実は、自分の中に眠っている潜在的なニーズがあったりもします。

まとめ

子育てに最適なキッチンについて、考察してみました。「子どもが小さい期間」をどう捉えるのか、というのも一つの軸になります。共働き家族であれば、共有できる時間を大切にするためLDK一体型にするという選択肢もあるでしょう。ライフスタイルに合わせて、自分にとってのベストなキッチンを選べると良いですね。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  4. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  5. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  6. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  7. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  10. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表