2017-09-01

収納が足りない部屋で実践したい収納拡張術

記事:&Reno
収納が足りない部屋で実践したい収納拡張術 画像
賃貸住宅などでは、十分な収納が少ないことがあります。なぜなら収納は有効面積として数えられず家賃を設定するときに不利になったり部屋を広く見せる効果がなくなるからです。このような場合には、自分である程度拡張させることで部屋を有効に使うことも可能になるはずです。とはいえ、どのようにして 収納を拡張させたらいいのか疑問になりますので、その答えを見て行きましょう。  

“突っ張り棚を有効活用”

 
View this post on Instagram
 

Rさん(@r_____stagram)がシェアした投稿 -

100円ショップやディスカウントストアなどって販売しているものの中に突っ張り棒があります。この突っ張り棒は、非常に収納としての役割が高くなることを知っている人は少なくないはずです。つまり、クローゼットの中も洋服をかけるところがなければ突っ張り棒を利用することで簡単に洋服をかけることができるようになるでしょう。これにより、収納の上半分を有効に利用することができ、部屋の中2無駄がなくなる可能性が高くなります。 収納は、上半分を有効に使うことができますが少し重くなってしまうと崩れてしまう可能性があります。もともとくぎなどで固定をしているわけではありませんので、ある程度耐えることができる重さに限界があるでしょう。その場合には強くしめつける人もいるかもしれませんが、そうすると収納の壁の部分が壊れてしまう可能性があるため原状回復の時にお金がかかってしまうことから注意が必要です。  

“S字フックを有効活用”

 
View this post on Instagram
 

奈緒*HappyLiving*整理収納さん(@0516nao)がシェアした投稿 -

S字を利用することにより今まで床に置いてあったものを引っ掛けることで、床の有効面積を増やすことが可能になります。基本的に床に物を置く事はあまり良くないとされており、汚れるだけでなく見た目も非常に悪いです。特に、小物等は散らかりやすいため可能な限り床の上に載せておくことが重要になります。この時S字フックがあればデッドスペースに小物を引っ掛けることができ便利です。 かけるときには、そのまま掛けることができないものもありますのでビニール袋などに入れてかけるのが良いかもしれません。例えば、薬などはビニール袋ごと薬局では出されますのでそのままの状態で掛けておくと面積を取らなくなります。このように考えれば、引き出しに今までしまっていたものを無理して詰め込むことをせず、有効なスペースを確保することができるでしょう。これにより、引き出しや部屋の中に余裕ができるのは間違いありません。  

“吸盤などで壁にくっつく収納を有効活用”

 
View this post on Instagram
 

satochanさん(@interior_satochan)がシェアした投稿 -

収納の中でも、それほど重たくないものは壁に引っ掛けておくことが必要になります。これにより、部屋を拡張させる効果が高まりますので実践してみると良いでしょう。壁にかけるものとは、直接かけるわけではなく吸盤などで引っ掛けることが必要になります。吸盤のメリットには、取り外しやすい事もそうですが、壁に傷を付けないことから賃貸住宅などでも利用することができるのがポイントになります。 賃貸住宅の場合には、住宅を退去するときに原状回復義務をすることが必要になりますが、もし、壁に大きな穴を開けてしまうと余分にお金を支払わなければならなくなるかもしれません。画鋲程度なら問題ありませんが、重たいものを仕掛けている場合にはお金をしてしまう可能性もありしかも穴が広がってしまうため原状回復義務により余分にお金を支払わなければならなくなる可能性もあります。そのように考えれば、負担が小さくなると言うでしょう。 賃貸住宅などの場合には収納が狭いことが多いですが、少し工夫をすることで収納を広げることができます。例えば、突っ張り棒を使って収納の上半分に洋服をかけることで有効な面積を広げることが可能です。それ以外にもS字フックを利用したり吸盤を使って壁にかけることで部屋の中を拡張することが可能です。このような工夫をすれば、原状回復義務を負うにあたり無駄金を使う必要がなくなります。"
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます