&Renoトップ その他 工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法

工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法

工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法

新築や解体工事を行う際に心配なのが、騒音問題ではないでしょうか。
 
解体工事中は近隣住民と騒音トラブルになることもあるので注意が必要です。
 
どうしても避けられない騒音を周囲に理解してもらうためには、挨拶をしておくと今後の近所付き合いもスムーズになります。
 
この記事では、工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法について解説していきます。
 

解体工事は近隣住民と騒音トラブルになりやすい?

工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法"

解体工事は大きな音がしてうるさかったり、長時間続くと頭が痛くなるほどです。
 
工事の音は近隣住民に迷惑をかけてしまうのは事実ではあります。
 
解体工事の場合は、騒音問題だけでなホコリやゴミが自宅まで飛んできたり、解体時の振動で自宅が揺れる被害も起こります。
 
大きな重機が地中深くまで掘り起こすので、周囲にかなりの振動が起こってしまうのです。
 
このように、解体工事は近隣住民にとっては、迷惑以外の何物でもないというのが実情です。

工事の騒音は近隣住民にどこまで理解してもらえる?

工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法"

工事が着工する前に周囲に挨拶をしておけば、工事の騒音はある程度は理解してもらえることが多くあります。
 
解体業者の方も、近隣に被害が及ばないように粉塵が発生しないように気を使ったり、騒音や振動が発生しやすい作業は昼間に済ませるなどの工夫をします。
 
しかし、あまり度が過ぎると裁判になったり、やむを得ず工事が中断される場合もあるので注意が必要です。

例えば、埃や粉塵の飛散してしまい窓からゴミが入ってきたり、駐車場がホコリまみれになって車が被害を受ける場合もあるのです。
 
解体工事での近隣トラブルに発展しないためにも、事前に挨拶周りをすることが大切です。
 

工事の騒音トラブルを回避するための近隣住民への挨拶の方法

工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法"

多くの解体工事の施工業者は、近隣への挨拶周りを行ってから着工します。

一番理想的なのは、解体工事の施工業者と一緒に近所へ挨拶周りをすることです。

解体工事の施工業者と施主が一緒に挨拶をすることで近隣住民へ理解を得ることができます。
 
そして、解体工事の施工業者も単独で挨拶周りをするよりも一緒に周った方が理解してもらいやすいので助かるはず。
 
一緒に来てくれないと信頼度が下がってしまうので、どちらのためにもプラスになりません。
 
工事の騒音トラブルを回避するための近隣住民への挨拶は解体工事の施工業者と一緒に行いましょう。
 
どうしても解体工事の施工業者と時間の都合が合わない場合は、自分が先に挨拶をして、後から施工業者が説明することを伝えましょう。

近隣住民への挨拶のタイミングは、一般的に施行開始の10日前から一週間くらい前がベストです。
 
あまり早すぎても直接過ぎても良くないので、一週間前を目安に挨拶周りを済ませるようにしてください。

 

近隣住民への挨拶に持っていくものは?

工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法"

解体業者と一緒に近隣住民への挨拶することは、これから騒音や振動などの迷惑をかけてしまうことをお詫びする目的があります。
 
そのため、解体業者は近隣住民へ工事のスケジュール表を渡して、これから行われる工事工程や期間などを説明していきます。
 
近隣住民にとっては、前もって工事の期間や作業時間が分かれば安心するので、理解してもらいやすくなります。
 
近隣住民へはこれから迷惑がかかる気持ちの負担を軽くしてもらうために、一般的に菓子折り、タオル、石鹸、洗剤といった手土産を渡すのが理想的です。
 
ご挨拶状と一緒にお詫びの気持ちを表すために、手土産を渡すことも忘れないようにしましょう。
 
騒音をお詫びするだけでなく、今後の近所付き合いのためにも第一印象は大切です。
 
高価なものでなくても、気持ちのお土産を添えると信頼度はアップするでしょう、
 
解体業者と別々に挨拶する場合は、ご挨拶状がかぶらないように打ち合わせをしておくと良いです。
 

近隣住民への挨拶の範囲は?

工事の騒音トラブルを回避するために、近隣住民への挨拶の範囲はどれくらいの範囲を回ればよいのでしょうか?
 
近隣住民への挨拶の範囲は正確に何軒までという決まりはありません。
 
大抵の場合、隣り合う両側と向かい側、裏側の家には周った方が良いでしょう。
 
もし自分だったら騒音が気になるかなと思ったら、挨拶をしておくと安心です。
 
工事する範囲の周りにある家は最低限挨拶を済ませておくようにしてください。

 

まとめ

工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法"

今回は、工事の騒音トラブルを回避するための挨拶の方法について解説していきました。
 
解体工事の騒音問題により、近隣の方々からクレームが来たり、最悪の場合は裁判になるので注意が必要です。
 
今後の近隣の方々との付き合いのためにも、周辺の金利へ解体工事業者と挨拶周りを済ませておきましょう。
 
解体工事を行う前のマナーとして、近隣へ騒音のお詫びとしてご挨拶状と手土産を渡すことも大切です。
 

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表