&Renoトップ リノベーションのハウツー 中古マンションのリノベーションを成功させるキッチンのポイント

中古マンションのリノベーションを成功させるキッチンのポイント

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4577

中古マンションのリノベーションを成功させるキッチンのポイント

リノベーションのプランを作り始めるとき、キッチンの配置は気になります。リビング・ダイニングと続くキッチンは、今では家の中心に位置していると言えます。料理以外にも色々な用途で活躍し、今では、ワークトップがダイニングテーブルへ地続きになっているプランも見かけます。

今回は、リノベーションで中心になるキッチンのお話です。リノベーション成功の秘訣はキッチンにあると言っても過言ではないでしょう。それだけキッチンは生活の一部に入っています。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

リノベーション成功のカギはキッチンにあり

コミュニケーションの取り方を考える

閉鎖的になりがちなマンションのキッチンは、コミュニケーションを取りやすいオープン型へのリノベーションが人気です。
キッチンとリビング・ダイニングを上手につなげて、コミュニケーションを取りやすくします。オープン型でも、対面式キッチンはお互いの顔が見えるので特に人気が高いです。

 
キッチンを移動する場合は、専門家との相談が不可欠

マンションリノベーションで、現在の位置からキッチンを移動させるには、専門家の手助けが不可欠です。
キッチンには、お水やお湯の配管、排水管、排気ダクトなどたくさんの設備配管がつながっています。これらの設備配管を上手に移動させる必要があります。移動できる範囲も限りがあるので、専門家の判断や手助けが不可欠です。
実際に移動させるときは、あらかじめ現地調査を行って検討を行います。床下や天井裏の空間(ふところといいます)がどのぐらいあるかなどを調査してプランを検討します。わずか1m程度の移動でも、配管の仕方やふところの具合によって移動不可というときもあります。

 

上手なキッチンの位置

中古マンションのリノベーションを成功させるキッチンのポイント"

基本はダイニングに接してプラン

キッチンの基本は、ダイニングと接してプランを作ることです。
調理・配膳や、家族・友人とのコミュニケーションを意識すると、必然的にダイニングと接してプランを作ることになります。

アイランド型や壁付け式などキッチン自体の配置は数パターンありますが、いずれもダイニングに接してプランを作ることが重要です。


オープン型とクローズド型のポイント

キッチンのプランは、大きく分けてオープン型とクローズド型に分かれます。

オープン型は、コミュニケーションや見栄えを重視したキッチンプランです。壁付けキッチンや対面式キッチン、アイランドキッチンなどです。最近販売されているマンションのほとんどの部屋がオープン型キッチンとなっています。「コミュニケーション」を意識したプランとすると、必然的にオープンキッチンになります。

もう一つのクローズド型は、機能性を重視したキッチンプランです。特に、調理中に発生する臭いや煙が拡散しにくいのが特徴です。キッチンは多くの物が集まる場所です。キッチン室としてプランした場合は必要なものがコンパクトにまとまり、作業効率がとても良いキッチンプランです。

オープン型とクローズド型、どちらも一短一長があり、生活スタイルや家族構成によって選び方が分かれます。

 

コミュニケーションが取りやすい人気のオープン型のキッチン

最近は特に、家族のコミュニケーションが取りやすいオープン型キッチンが人気です。

オープン型キッチンも、壁付け式と対面式の2種類に分かれます。どちらを選ぶかは部屋の広さやコミュニケーションの取り方を考えて決めましょう。


対面式キッチンにしたいとき

対面式は、アイランド型とベニンシュラ型の2つに分かれます。
どちらもLDが見やすくコミュニケーションが取りやすいのがポイントです。お子様を見ながらの調理や、家族や友人と会話をしながら調理を楽しめます。
対面式の設置にはある程度の広さを必要とします。


壁付け式キッチンにしたいとき

壁付けキッチンは、省スペースが魅力です。広さのとれないマンションでも、スペースを有効活用できます。
ダイニング・リビングとは接していますが、どうしても背中を向けていますので、対面式のようなコミュニケーションを取ることができません。お子様の様子を見たいときも、ふり返る必要があります。


 

中古マンションのリノベーションを成功させるキッチンのポイント"


オープン型のデメリット

オープン型のデメリットは、「常にきれいさを維持する」という所でしょう。
手元がダイニングやリビングから丸見えになりますので、常に片付ける必要があります。収納スペースも十分に確保できるように工夫する必要があります。
もう一つ、「ゴミ箱」の置き場所も確保します。オープン型のおしゃれなキッチンを維持するために、ゴミ箱の位置は見えないシンク下や、収納と一体型になった製品も検討します。

 

ズボラでもOK、掃除が楽なクローズド型

今ではあまり見なくなりましたが、クローズド型も利点があります。

クローズド型の特徴は、高い作業効率です。コンロ・シンク・冷蔵庫を結んだ「ワークトライアングル」が短く、調理作業を効率的に行うことができます。収納力もバツグンで、調理器具や食器、小物類を収納するスペースを確保することも簡単です。
調理中、多少乱雑になってももう一つ、オープン型のデメリットであった、調理中の臭いや煙が広がりにくい所もポイントです。

 

まとめ

今回はリノベーションで中心になるキッチンのお話をお伝えしました。
キッチンは、今ではコミュニケーションの中心となっており、オープン型のスタイルがとても人気があります。お互いが見えるプランが良い環境を作るのだと考えています。

今回紹介したオープン型、クローズド型のいずれにもメリット・デメリットがあります。家族構成や生活様式をよく検討したうえで設計士さんと相談したい所です。
 
 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. リノベーションとは?リフォームとの違いや費用も徹底解説!

  2. YKK...

  3. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. withコロナ時代の「不動産屋さん活用術」自宅で簡単オ...

  5. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  6. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  7. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  8. 真似したい!オシャレなリノベーションでよく見るテクニック実例

  9. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  10. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

Writer

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表

  • &Reno編集部

    BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。