&Renoトップ リノベーションのハウツー 増築をしたい!その費用と相場は?

増築をしたい!その費用と相場は?

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/4155

増築をしたい!その費用と相場は?

みなさんは家の増築を考えたことはありますか?「今の家は壊したくないけどコストを抑えつつ居住スペースが増えたらいいな」と考えている方にとっては、増築という方法はベストな方法だといえます。
今回は増築について解説しつつ場所別の費用や相場、増築の注意点もご紹介していきます。

増築とは?

増築をしたい!その費用と相場は?"

増築とは、すでにある建物やその敷地内に新しく建物を建て「床面積を増やす」ことです。リフォームや改修、改築などとは意味合いが違います。

例えば、平家だった住宅を2階建てにするのも増築ですし、庭に離れを新設することも増築といいます。

【場所別】増築時の費用相場

増築をしたいと思った時に、切っても切れないのがコスト面です。増築にかかる費用を、まずは簡単にイメージできるように下記の費用相場をご覧ください。

木造住宅:35万円/畳
鉄骨住宅:50万円/畳
2階の部分増築:60万円/畳
(出典:家の増築にかかる費用相場はいくら? 増築の種類や注意点も紹介します

住宅の構造が木造なのか鉄骨構造なのか、増築を1階部分でするのか2階部分でするのかによって値段が変わってきます。ざっくりとした費用相場は上記の通りとなりますが、場所別の相場もご紹介します。具体的に費用相場を見ていきましょう。

ベランダ・バルコニー
住宅の窓部分にベランダやバルコニーを増築する場合、およそ30万円〜50万円で増築が可能です。

トイレ
住宅の間取りや便器のグレードによっても金額は変わりますが、1坪ほどのトイレ増築で120万円前後の費用になります。水まわりを増設する場合は、難易度や配管工事にかかる手間によっても金額に差が出ます。

寝室
すでにある寝室をさらに広くするために、例えば3畳程増築する場合は190万円前後の費用がかかります。増築部分も元々の寝室の造りと同じ床・屋根・壁にするとなると、費用がさらに増す可能性もあります。

和室
例えば和室8畳を増築する場合、およそ250万円ほどの費用がかかります。増築部分に畳を敷いたり壁や天井を和室用に作ったりする必要があり、その分の費用も必要になります。
(場所別費用の出典:工事箇所・広さ別の増築費用を完全解説!費用抑える4つの秘訣も伝授

増築の際の注意点

増築を行う際には、いくつかの注意点があります。

増築工事が可能なのか確認が必要
住んでいる家に増築が可能なのかどうか、まずはそこから確認が必要です。具体的に増築が可能かどうかは「建ぺい率」「容積率」に問題がないかを確認することで分かります。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合のことです。この割合は、地域によってパーセンテージが異なりますが、30%〜80%の間で定められています。例えば130m2の敷地面積に65m2の建築面積の建物を建てた場合、その建ぺい率は50%です。

容積率とは敷地面積に対する延べ床面積の割合のことで、延べ床面積とは住宅内全ての階の床面積を合計したものです。容積率をさらに噛み砕いて説明すると、「敷地面積に対して、何階の建物を建てることが許されるのか」という意味合いになります。

この建ぺい率と容積率を超えて増築をすることはできないので注意が必要です。この2つの数字に関しては、増築を依頼するリフォーム会社が計算をしてくれるので一度確認をしましょう。

水回り工事の費用に注意
2階部分を増築するにあたってトイレやお風呂、洗面所などを増築する場合は水回り工事が発生します。そのため、さらに費用がかさみます。水回り工事の具体的な内容は給水工事と排水用配管工事、防水工事などです。予算と相談しながら、増築をする必要があるのかを検討しましょう。

建築確認申請が必要
増築を行った際には、「建築確認申請」が必要となる場合が多いので注意が必要です。建築確認申請とは、増築などを行った際に建物が法令上問題がないかどうかを審査する制度のこと。先ほどお伝えした建ぺい率と容積率などが地域ごとに制限されているので、事前に確認申請が必要な場合が多いのです。防火・準防火地域に居住されている方は、施工面積に関係なく確認申請が必要です。「10m2を超える増築」を実施したい場合も確認申請が必要となります。

確認申請の手続きは自分で行うのではなく、リフォーム会社で手続きをしてもらえるのでプロの手に任せましょう。ただし審査に時間がかかる上、審査に合格しないと増築工事を開始できないので余裕を持って進めていくことが大切です。

優良な増築リフォーム会社の選び方

増築をしたい!その費用と相場は?"

増築を検討する際は、依頼先のリフォーム会社選びもとても重要です。そこで、増築を任せられる優良なリフォーム会社選びのポイントをご紹介します。

複数の会社に見積もり依頼を出す
最初からリフォーム会社を決めてしまうのではなく、複数の候補会社へ見積もりをとっておきましょう。全ての見積もりが揃ってから自分たちの要望が叶えられそうな業者なのかを、値段と相談しながら検討を進めていくといいでしょう。見積もり比較をし金額だけで判断すると、増築後に「増築したけど住みづらい」「雨漏りが発生する」などの問題やトラブルが発生する可能性があります。安さだけで判断はしないよう気をつけましょう。

今住んでいる住宅の建築を担当したハウスメーカーもしくは工務店に依頼する
今の住まいを建てたハウスメーカーに依頼するメリットは、家の構造や工法を熟知しているためスムーズに増築の計画を進められる点やトラブルになりにくい点です。一度連絡をとって、見積もりを出してもらいましょう。

信頼をおける会社かどうかをチェックする
信頼できるリフォーム会社・工務店かどうかを判断するためには、「建築業の許認可を受けているのかどうか」「保険には加入しているのか」「アフターサービスの充実度はどうか」「増築の実績は多いのか」を確認する必要があります。これらを満たしているかどうかで、信頼をおけるリフォーム会社なのか見極めましょう。

まとめ

増築の費用相場は、条件や業者によって大きく変わります。注意点もあるので、まずは信頼のおける業者を見つけ出して費用を抑えつつ自宅を理想的な状態へと増築できるよう計画を立てていきましょう。

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.23【リノベ|インタビュー】ひと続きの土間とリ...

  3. vol.32【リノベ|インタビュー】抜群の収納力と余白...

  4. 住宅ローン返済いつから?~家賃と二重払いにならないリノ...

  5. 【不動産のプロから学ぶ】失敗しない物件探し。優先順位を...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表