2017-09-01

【現状回復OK!】古い和室から洋室へセルフリノベーション

記事:&Reno
【現状回復OK!】古い和室から洋室へセルフリノベーション 画像
和室の部屋が減少している傾向がありますが、その代わり洋室の部屋が増えてきています。古い住宅の場合には特に和室の部屋が多いですが、和室が避けられて洋室が好まれるのは和室は畳などを敷くことでお金がかかるからです。そこで和室を洋室にリノベーションしたいわけですが、業者に依頼するとお金がかかるのでセルフリノベーションをする方法を見ていきましょう。

“釘や接着剤不要の床材が便利”

yumiさん(@fluffy.ganmo17)がシェアした投稿 -

和室のポイントはなんといっても畳があることですが、まずは畳をどかさなければなりません。畳をどかすとなれば、畳を回収してくれる業者を探す必要があります。 その一方で、畳をどかした後にフローリングにするのが普通ですので、フローリングを購入しなければなりません。フローリングは、時代とともに変化をしておりさまざまなかたちがありますが、最近はセルフリノベーションをする人のことを考えて釘や接着剤が必要のないものも登場しています。そこで、釘や接着剤が必要のないものを購入する必要があるでしょう。 そのようなものを購入することで、短時間で仕上げることができるだけでなく素人でもきれいに仕上げることが可能になります。販売されているお店は限られていますので、必要あればインターネットの通販などを利用するのも一つの方法と言えます。色の違いもありますが、部屋のイメージとぴったりのものを選ぶようにしましょう。

“貼って剥がせる壁紙を使おう”

__hyce__さん(@__m._haus__)がシェアした投稿 -

部屋の壁紙も一緒に交換する場合には、壁紙を検討しなければなりませんが通常の壁紙はノリで付けていますのでそう簡単にはがすことはできません。ですが、マンションやアパートで賃貸の場合には原状回復が関係してきますのでいくら壁紙が汚れていたとしても新しい壁紙を勝手に張り付けてしまっては原状回復の時にお金がかかってしまいます。 原状回復とは、借りた時の状態に戻すことを意味しますので、当然ながらクロスもはがさなければなりません。ただそれらと非常に面倒ですので、張り付けてはがせるタイプのクロスを利用するとよいでしょう。張り付ける時も脳裏を使うのではなく仕入れのような素材を使いますので簡単にはがすことができます。もちろん、生活をしていて紙が勝手に生えてくるようなことはめったになりません。そのようなものを利用することで原状回復にお金をかけなくても済みますので、非常に合理的なやり方です。

“退去時は簡単に撤去できます”

原状回復を考えるのに、賃貸住宅の場合においては畳の上からフローリングをつける方法があります。本来であれば、畳をそのまま捨ててしまったほうがよいですが、それだけでもお金がかかるうえに原状回復ができなくなってしまいますので畳はそのまま押し入れなどに入れておくのがよいでしょう。ただ、押し入れに入れておくといっても普段から収納が少ない賃貸住宅の場合には畳の分だけスペースを取ってしまうと生活するのに不便になります。このようなときには、トランクルームなどを借りておく必要があります。 退去するときには、壁紙をはがせるようにするだけでなくフローリングも簡単にはがせるものを使うことに大きな意味があることがわかるはずです。もっとも、生活をしている段階で簡単にはがれてしまったいけませんので慎重に作業をする必要があります。畳はいつでも復帰できるように、きれいな状態で保管をしておきましょう。 アパートやマンションなどの賃貸住宅の和室を洋室にリノベーションする場合には、フローリングも原状回復のことを考えれば合わせるものにした方がよいです。壁紙も一緒に新しくする場合には、のりではり付けるタイプではなく、シールのような素材で張り付けていつでもはがせるものを使用した方がよいです。もちろん畳も、すぐに元に戻せるようにしておきましょう。"
リノベーションイメージとブックレット

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料を差し上げます

そんなあなたに読んでいただきたいリノベーションブックがあります
非公開事例や新築では決して叶わない、そんな驚きの事例も資料の中でご紹介

お電話でのお問い合わせ
0120-74-4693
( 受付時間 10:00~21:00 )

リノベ不動産とは

『中古+リノベーション』という新しい住まいさがしの形で自分らしい理想の住まいを提供します。中古不動産のリノベーションであれば新築よりも好立地 設計や素材など全てを自分流にリーズナブルに叶えることができます。 >リノベ不動産について

同じ条件の新築より1000万も安いの!?リノベーションに興味があるかも・・・
リノベーションの費用や事例など人気の資料を無料で差し上げます