&Renoトップ その他 生活に合わせた洗濯機の選び方

生活に合わせた洗濯機の選び方

生活に合わせた洗濯機の選び方

“生活に合わせた洗濯機の選び方”

 

生活の中で必要不可欠なものの一つに、洗濯機があります。昔のように、洗濯板を使っていた時代とは異なり洗濯にかける時間が少なくなってきました。最初は二層式が出回り、そのうち全自動式になり最近ではドラム式の洗濯機が一般的になっています。選び方としては、その生活スタイルに合わせたものを選ぶ必要がありますが、実際にどのような選び方を考えたらいいのか問題になります。  

“ドラム式洗濯機の特徴”

8pppiesさん(@8pppies)がシェアした投稿 -

洗濯機の選び方の中でもドラム式洗濯機には、縦型よりも大きさが一回り大きいのが特徴になります。家庭用ですので、選び方を考えてもコインランドリーで利用しているドラム式のものを導入するのは難しいですが、それよりも一回り小さいものなら選びやすいといえるでしょう。 大きさがそれなりにあるため、大量の洗濯物を一度に洗うことができるのが特徴になります。また、今まで洗うことができなかったこたつ布団なども洗うことが可能になりますので、わざわざコインランドリーに行きお金と時間をかけて洗濯をする必要がなくなったわけです。 選び方としては、サイズで選ぶ方法と金額で選ぶ方法があります。金額の選び方としては、予算に合わせる必要がありますが安いものでも10万円以上をします。一方で、高いものになると30万円を超えることは少なくありません。その生活スタイルに合わせたサイズを選べば、ストレスなく利用することができるでしょう。  

“タテ型洗濯機の特徴”

どらこさん(@doraco0331)がシェアした投稿 -

縦型洗濯機の特徴は、ドラム式と比べて大きさは小さいですが汚れがよく落ちるとの話しが多いです。これはドラム式が出てから比較するようになって初めてわかったことですが、大容量の洗濯物を洗うことができない半面、細かいところまで汚れを落とすことができるのが特徴になります。 また、ドラム式のように大きくないため日本の住宅に合っているのも特徴の一つと言えるでしょう。中には、ドラム式を導入したいのに、洗濯機を置くスペースがないため仕方なく縦型のものをいている家も多いです。特にマンションやアパートなど賃貸住宅の洗濯機を置くスペースは、可能な限りフローリングのある部屋を広く見せるため、必要最低限のスペースしかありません。そのため、部屋を壊さない限りドラム式の洗濯機を利用することができないわけです。多くの場合消去法として、縦型しか利用できないことになります。  

“生活に合わせた選び方は?”

生活に合わせた選び方としては、通常であれば縦型のもので十分といえるでしょう。値段も5万円ぐらいから購入できるだけでなく、サイズも小さなものがありますので賃貸住宅などに住む人ばかりでなく一戸建て住宅や分譲マンションに住む人にとってもぴったりのサイズになります。 家族が少ない人の場合でも、縦型のものは非常に重宝するでしょう。そもそも家族が少なければ、一度に洗う量も少ないわけで、わざわざドラム式を購入する理由が見当たりません。もちろん、布団などを洗う時には限界がありますがよほど頻繁に布団を洗う家でない限り特に不便をすることはありません。 これに対して、ドラム式の場合にはたくさんの洗濯物が出る家にとっては非常にありがたいものです。今まで1日に2回洗濯機を回していたところ、一回だけですむことが多くなりますので大幅な時間の節約になるわけです。  

“まとめ”

現在の日本では、家庭内で必要とされている洗濯機は大きく分けて2種類あります。一般的に流通しているものは縦型のものになりますが、2010年以降はドラム式のものが流行してきており、ドラム式を使っている家庭も少なくありません。 それぞれメリットとデメリットがありますので、その生活スタイルに合わせたものを購入するべきです。    "

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表