&Renoトップ その他 方角別、各部屋のメリット・デメリット

方角別、各部屋のメリット・デメリット

方角別、各部屋のメリット・デメリット

戸建てでもマンションでも、新築でもリノベーションでも賃貸でも、どの方角の家に住むか悩む方は多いと思います。安い部屋を選んだら日差しが入らなかったり、日差しが入ると思ったら日中暑すぎる部屋だったり…。
 
今回は方角や特性別にそれぞれのメリット・デメリットを記していきます。わかりやすく箇条書きで記していきます。

■1:南向き部屋のメリット・デメリット

まずは最も人気と言われる南向き部屋のメリット・デメリットについてです。
 
◯メリット

・日当たりが抜群
 
・戸建てでもマンションでも一番人気
 
・リビングを窓際に配置し寛ぎ空間を作りやすい
 
・ベランダが南向きだと洗濯物が乾きやすい
 
・曇りの日でもある程度明るさを取り入れることができる
 
・日中に照明をつける必要性がほとんどない
 
・冬場でも部屋の温度をある程度温かく保つことができる
 

◯デメリット

・家賃が他の方角向きの部屋よりも高く設定されている
 
・それでも人気が高く賃貸では空いていないことも多い
 
・複数部屋のある物件では、北向きの部屋も併せてあるためその差が気になる
 
・朝早い時間は東からの日差しが入らない
 
・日差しが強過ぎるということもある
 
・目の前に高い建造物があると日差しのメリットを享受できない
 

■2:東向き部屋のメリット・デメリット

続いて東向き部屋のメリット・デメリットについてです。
 

◯メリット

・朝日が差し込む
 
・午前中に家で過ごす人は清々しく過ごせる
 
・南向き、西向きよりも比較的安価
 
・夏場は午後から日差しが入らず涼しく過ごせる
 
 
◯デメリット

・午前を過ぎると、日が当たらなくなる
 
・冬場の午後は寒く感じる
 
・西向きや北向きの部屋よりは家賃は高くなる傾向にある
 
・南向きほど家賃は高くないが、西向き・北向きよりは高い傾向
 

■3:西向き部屋のメリット・デメリット

続いて西向き部屋のメリット・デメリットについてです。
 

◯メリット

・午後に日差しが差し込む
 
・そのため冬でも夕方まで暖かく過ごすことができる
 
・洗濯物の室内干しでも日差しのメリットで有効
 
・午後-夕方に在宅の人は明るい部屋で長時間過ごすことができる
 
・夕陽を見ることができる。
 
・日差しが入るも南向きより比較的安価である
 
 
◯デメリット

・夕方の西日をまぶしく感じることがある
 
・西日によって夏は夕方まで日差しの暑さを感じることがある
 
・真逆から朝日が昇るため、朝一番は日差しが入らない
 
・午後-夕方に家にいない人はメリットを享受できない
 

■4:北向き部屋のメリット・デメリット

最後に北    向き部屋のメリット・デメリットについてです。
 
◯メリット

・家賃が安い
 
・直射の時間が少なく家具の色褪せがしにくい
 
・夏は涼しい
 
 
 ◯デメリット

・直射がなく日当たりが悪い
 
・冬場は寒い
 
・洗濯物が乾きにくい

■東西南北のまとめ

このように、一般的には南向き>東向き>西向き>北向きという順で家賃が変わってきます。
 
ただし、南向きが絶対的に良いかと言うと、ここで記したようにそういうわけでもありません。
 
人それぞれのライフスタイルや好みによって選択肢が変わってくるものです。
 
筆者は現在南向きの家に住んでいますが、以前は北東向きの家に住んでいました。北東の場合、朝からお昼頃までは明るいのですが、午後になると直接日差しが入らなくなり薄暗くなりました。
 
筆者の場合は自宅兼オフィスで日中も在宅が多いため、北東向きは致命傷でり、今の南向きこそが正解と思います。
 
しかし、日中ほとんど在宅で無く、朝は少しゆっくり家を出るという方の場合は東向きの家の方が心地よく過ごせるはずです。
 
また、同一物件内でとにかく家賃が安い方が良いというのであれば北向きが正解となります。
 
このように人ぞれぞれ異なる正解を有しているので、みなさん自身のライフスタイルを考えて正解を出してみてください。
 
続いて、東西南北以外の家の特性について2つほどおまけで記していきます。
 

■角部屋のメリット・デメリット

マンションの角部屋は2つの方角に面しているため、それぞれの方角の2つのメリットを同時に享受できます。では、具体的にどのようなメリットが他にあり、デメリットは存在するのかを考えてみたいと思います。
 

◯メリット

・2方向から光が入るので日当たりが抜群
 
 ・外への視野が広いため、部屋自体も広く感じる
 
・片方に隣人がいないため、近隣トラブルのリスクが少ない
 
・ベランダが2方向に面していれば、洗濯を干す柔軟性も出る
 

◯デメリット

・メリットが一方向の部屋よりも多いため値段が高い
 
 ・日差しの差し込みが抜群の場合、冷房費が高くなる
 
 ・結露に注意が必要
 
・外の騒音が気になる場合、2方向に面しているためより騒音が気になることになる
 

■最上階の部屋のメリット・デメリット

続いてはマンションにおける最上階のメリットとデメリットを考えてみたいと思います。
 

◯メリット

・眺望が良い
 
・日差しが入りやすい
 
・空が広く見える
 
・騒音が少ない
 
・風通しが良い
 
・虫が入ってきにくい
 

◯デメリット

・家賃が同一建物の中で最も高い
 
・エレベーターの移動が長くなる
 
・容易に階段移動ができない
 
・子供の転落事故のリスクがある
※ただし、事故発生率は低層階の方が圧倒的に高い傾向にある
 

■最後に

角部屋と最上階のメリット・デメリットを追加で考えてみました。
 
予算に余裕があれば南向きの最上階角部屋が良さそうにも思いますが、移動時間が長いため急いでいる時や病気の時などでリスクを感じるのが筆者の正直なところです。
 
何がベストかは人それぞれ。それぞれの方向や部屋の位置付けのメリット・デメリットを検討して、最適な部屋選びを実践してみてください。
 

&Reno編集部

&Reno編集部

BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。

人気のキーワード

Ranking

  1. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  2. vol.21【リノベ|インタビュー】風と光と緑を感じる...

  3. 【密着1ヶ月】1Rリノベが完成するまで −第2話...

  4. 【プロがセレクト】統一感のあるお部屋の作り方

  5. 猫ちゃんとの暮らし、もっと楽しく!注目の猫アイテム13・前編

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表