リノベーションにも合う海外の個性的な照明特集

リノベーションにも合う海外の個性的な照明特集 画像


中古物件を買ってリノベーションをしたり、リノベーション済み物件を買って
間取りや備え付け家具がオシャレに出来上がった次は、
家具やインテリアにもこだわりたいところですね。

空間の中でひと際存在感のあるインテリアといえばやはり照明ではないでしょうか。

今回は個人的に気に入った海外のかなり個性的な照明を集めてみました。
リノベーション後のお部屋の雰囲気次第では照明デザインで遊ぶのもアリだと思います。
こだわり空間を作るときのイメージの一助になれば嬉しいです。

ぼんぼりのような照明



形だけを見るとちょっとひな人形の左右にあるぼんぼりのようなこちらの照明。
こういう形の和室にありそうな照明でも洋風のお部屋に合うんですね。
外が明るい時間帯には灯りがなくても素敵なインテリアになりそうです。

和紙を透かしたような照明



ミラーボールのごとく置かれた球体の照明は存在感が主役級です。
粗く漉いた和紙のようなデザインが中のライトによって、水面の反射のような模様を部屋中に映します。
壁面の流線的な鏡が何かが泳いでいるようで、見ているだけで水族館気分。
毎日通り過ぎがちなエントランスが非日常的だと日々が新鮮に過ごせそうですね。

紙細工のような照明



切った紙を組み合わせたようなデザインが印象的なこちらの照明。
照明として使わずにただ置いておけばそういうインテリアだと思われること間違いなしの個性です。
デザインは個性的ながら、単一的でない照らし方で自然光のような柔らかさを得られます。
写真のような北欧風のお部屋にとっても合いそうです。

浮いているような照明



後ろの壁面と合わせると一枚の現代アートに見えます。
下から見上げても面白そうな形で、つい覗きたくなりました。
三層になった照明はそのままで間接照明のような優しい照らし方をしてくれます。

恐竜の骨のような照明



博物館で天井から吊るされてる恐竜の骨のようだと思ったのは私だけでしょうか?
個性的なデザインであることは勿論、ライトが多数配置されていて光量もばっちりです。
一線を画したい、そんなお部屋におすすめします。

逆さまにしたワイングラスのような照明



中央の丸い鏡に写っているのがこのお部屋の照明です。
鏡越しに見える、電線を下すブラケットの部分ですが、
この周囲がお花の花びらのようになっていて、ワイングラスのフットにも見えませんか?
私はオシャレ過ぎて一瞬丸い絵が飾られてるのかと思いました。
グラスの中、青のグラデーションの鏡に写るライトが泳ぐ魚のようで幻想的です。


 

シンメトリーのような照明



壁面、天井、照明、家具が左右対称(シンメトリー)にデザインされた寝室です。
淡い色合いで統一されたお部屋と、照明の自然な色合いがよくマッチしています。
竹細工模様と日の丸のような壁面から、ほのかに和のテイストを感じました。
 

ヨーロッパの街角のランプのような照明



ロゴのようなデザインがツインのランプの間を繋いでいます。
鈍色がレトロな風合いで、淡い黄色のシェードとのコントラストが可愛いです。
お家の中でオシャレなカフェやレストラン気分が味わえそうですね。

オルゴールメリーのような照明



赤ちゃんの頭上でくるくる回るオルゴールメリーのような、
円に沿って等間隔に下された6つの個性的な照明。
白い壁と、シックな色合いで統一されたシンプルなお部屋の中で違和感なく個性を発揮します。
上手く映る位置に鏡があるのも素敵です。

つぼみのような照明



小枝についた花のつぼみのようなこちらの照明。
灯りがついていなくても白いお花のようで可愛らしくて、
灯りがつくと黄色いお花が咲くようにぱっと空間を照らしてくれそうです。
お部屋の窓枠も花びらのようで空間全体が柔らかくなっています。
 

個性的なデザインとの調和




個性的な照明って個性的な空間にしか合わないと思われている人の方が多いと思います。
私もリノベーション会社に勤めていて、シンプルなデザインに落ち着いてしまう方を見てきました。

今回紹介した10個の事例を見て、照明だけ空間から浮いてると感じるものはありましたか?
案外違和感なく統一感のある空間に溶け込んでいたのではと思います。
もし、好みだけど個性的過ぎるなんて思うインテリアがあっても、今回紹介した事例のようにプロに相談して決めていくと全体として調和のとれた空間が出来ます。
一度、プロのお話を聞いてみるのもいかがでしょうか?

カテゴリの他の記事

おすすめのリノベーション イベント