自慢したくなる東京の1LDKオシャレリノベーション物件特集

自慢したくなる東京の1LDKオシャレリノベーション物件特集 画像
東京でオススメのリノベーション物件をご紹介しています。販売中の物件です。お気軽にお問合せください。

たまの休日に、友人を呼んで美味しいお酒を片手に談笑を楽しむ―。

今回は、そんなゆるりとした休日を過ごすのにぴったりなオシャレなお部屋をご紹介したいと思います。

 

 

洗練された空間の中で、あなたはどう過ごしますか?

気兼ねしない友人とお酒を楽しむも良し。

彼の手料理を囲んでその日の出来事を話し合うも良し。

もちろん、一人の時間をゆったり過ごすも良し。

 

1LDKの空間の中で過ごす時間は、十人十色。

是非、あなただけの素敵な時間を彩ってください。

 

No.1【ライオンズマンション明石町】

東京メトロ有楽町線「新富張」から徒歩4分

東京メトロ「築地」から徒歩7分

価格:4,280万円

物件の詳細はこちらをクリック

タイル遣いが特徴的なこのお部屋。

タイルの種類も様々ある中、色々なサイズのタイルを使用。

様々なカタチのタイルを使用してもゴチャゴチャしていないのは、使っている場所を変えているから。

お部屋の色を変えるのと同じように、空間ごとにまとめて使えばそんなにゴチャゴチャした感じもありません。

色は黒を基調として、床には赤みがかった木材と、それら二つをグレーで繋げてシックな雰囲気を演出しています。

シックに決めたいときは、全部を黒にまとめるのではなく、このように色と色を繋いでまとめても素敵な色合いが出来上がります。

キッチンはセパレートタイプ。

シンクとコンロが分かれているため、作業スペースを設けやすくなっています。

このお部屋では、シンクの隣を食事スペースに。

食事をした後の片付けもこれなら楽になりますね。
LDKのスペースもうまく活かせるお部屋です。
 

No.2【学芸大ニュースカイマンション】
東急東横線「学芸大学」から徒歩10分

価格:3,980万円

物件の詳細はこちらをクリック

特性のドアで開放感のある空間に仕上げているこのお部屋。

縦長のLDKも普通のドアであれば多少なりとも窮屈さを感じてしまうものですが、あえてスケルトンのガラス戸を使用することにより、その窮屈さを感じさせないように工夫してあります。

お部屋全体も落ち着いた色見を使用。

天井はモルタル風に塗装しており、今人気のインダストリアルなテイストに仕上がっています。

 

 

No.3【秀和桜丘レジデンス】

JR山手線「渋谷」から徒歩8分

価格:3780万円

物件の詳細はこちらをクリック

 

このお部屋は白を基調としており、女性向けの柔らかい雰囲気になっています。

間仕切り壁も、上半分を擦りガラスにすることで、光をうまく取り入れながら空間もしっかり区切っています。
このお部屋もNo.1の物件と同様に、タイルの使い方が非常に美しいです。

キッチンだけでなく、洗面台やお部屋のアクセントとしても、大中小のタイルをうまく組み合わせています。

お部屋の中に明るいオレンジや深い緑、青といった色の家具を1点入れて、プロヴァンススタイルから北欧スタイルにしてみるのも面白そうですね。

空間を楽しむ、という点では、白は対応力がとても高いので、家具などで遊びたい方にはオススメです。


 

外観も日本ではなかなか見ない、特徴的なデザインをしています。

 

 

No.4【パラスト下目黒】

JR山手線「目黒」から徒歩9分

価格:5880万円

物件の詳細はこちらをクリック

 

ウッドとコンクリの絶妙なコントラストが特徴的なこちらのお部屋。

コンクリートを取り入れると、男性的でクールすぎる印象になってしまいがちですが、ウッドを掛け合わせることで、クールな印象を抑え暖かさを演出。

床だけでなく、天井にも一部ウッド要素を入れることによって、お部屋全体の雰囲気を崩さずに変化をつけているところが技ありですね。

 

お部屋のレイアウトとしてオススメなのは、コンクリと合うレザー系のソファでしょうか。

アクセントに柔らかいグリーンも置くと、お部屋の雰囲気も柔らかくなり、落ち着いた空間に仕上げることができます。

逆に、クールな雰囲気を活かしたいというのであれば、モノトーンカラーで家具をまとめてみたり、メタルカラーや濃いめのウッドを追加してみるのもいいかもしれません。

 

 

No.5【マンション雅叙苑】

JR山手線「目黒」から徒歩7分

価格:5580万円

物件の詳細はこちらをクリック

 

最後にご紹介する物件は、ウッドの暖かさが特徴的なこのお部屋。

クリームカラーと赤みが強いウッドの中に、メタル系のキッチンを組み合わせて引き締め感を演出しています。

シンプルな中にインパクトのある部分を出すと、それだけで一気に空間が引き締まりますよね。

 

また、リビングのテーブルに1本下げられた照明もさりげなくも温かい空間作りに作用しています。

デンマークでは「ヒュッゲ」と呼ばれる心地よい時間や空間を造る習慣がありますが、照明の使い方一つでヒュッゲと呼ばれるような、穏やかな空間を演出することができます。


明るすぎず、暗すぎず、心地の良い空間を証明だけでなく、リノベーションで描いていただけたらと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

それぞれがそれぞれの彩リを持ったお部屋でしたね。

ちょっとした空間で、あなたの特別な時間を過ごしてみませんか?

 

その他物件の情報はこちら

ご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

カテゴリの他の記事

おすすめのリノベーション事例

おすすめのリノベーション イベント