リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.09.27

コンクリートの壁が寒い理由とは、おすすめの防寒対策を紹介

コンクリートの壁が寒い理由とは、おすすめの防寒対策を紹介

 

コンクリート打ち放しの住宅は、武骨でクールな印象を与えるので、若い人を中心に人気を集めています。一方で防寒対策をしておかないと、冬場は寒くて過ごしにくくなるので注意が必要です。そのため、コンクリートの壁でも心地よい部屋にするにはどうすれば良いのだろうかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、コンクリートの壁が寒い理由と寒さを防ぐための方法をまとめました。この記事を一読すれば具体的な方法を知ることができます。コンクリート打ち放しの住宅に住んでいる方や引っ越しを考えている方はこの記事を参考にしてください。


 

コンクリートの壁が寒い理由</h2>

コンクリートの壁が寒い理由とは、おすすめの防寒対策を紹介

 
コンクリートの壁は、無機質でおしゃれなデザインだけではなく、機能性も持っています。他材質に比べて耐火性に優れており、火事が発生したときは火が他の部屋に移らないように守ります。加えて耐震性にも優れており、強い揺れが発生したときでも倒壊を防げるのです。
 
一方で、コンクリートには寒さに弱いという欠点があります。冬の季節に関しては、起床してすぐに暖房を付けてもなかなか部屋が暖まりません。反対に夏場になると室温が上がったのでエアコンを付けても涼しくならないことがあります。
 

寒さの原因はコンクリートの特徴にあった

コンクリートの壁が寒いと感じる原因のひとつは、コンクリートの特徴にあります。コンクリートと木造を比較した場合、コンクリートの方が熱伝導率は高めです。つまり冬の時期になると、外からの冷気を室内に伝えてしまうので部屋が寒く感じてしまうのです。反対に夏になると、外の熱気を室内に伝えるので部屋が涼しくなりません。
 

コンクリート打ち放しの壁の注意点

コンクリート打ち放しの住宅に関しては、通常の鉄筋コンクリート造の住宅よりも寒くなるので注意しましょう。部屋が寒くなってしまう原因は断熱材です。コンクリート打ち放しの住宅でも断熱の処理を施していれば良いのですが、ひと昔前の住宅については断熱材を入れていないこともあります。その場合、エアコンや暖房器具などで部屋を暖めようとしても時間がかかってしまうのです。
 

結露にも注意

コンクリート打ち放しの住宅に関しては、結露にも注意が必要です。室内の空気温度と壁の温度に差が生じると、結露になりやすいので注意しましょう。結露を放置すると部屋にカビが発生するので、健康にも影響が出ます。そのため、寒さに加えて結露対策もしておくことが必要です。

 

コンクリートの壁でも心地よい部屋にする方法

コンクリートの壁が寒い理由とは、おすすめの防寒対策を紹介

 
コンクリートの壁の住宅でも快適に過ごすには、外からの冷気をシャットアウトする必要があります。さまざまな方法がありますが、おすすめは断熱材の取り付けです。
 

断熱には2種類ある

断熱材を取り付けるときには、外断熱にするのか内断熱にするのか決めておきましょう。外断熱とは外壁に断熱材を取り付ける方法で、外壁の表面に加工を施して外からの冷気をシャットアウトします。一方で内断熱とは断熱材を建物の内側から入れる方法で、外断熱よりも手間やコストがかかりません。
 
主な内断熱の素材として、ロックウールやグラスウールがあります。ロックウールは玄武岩などを繊維状にしたもので、耐熱性に加えて遮音性や吸音性にも優れています。一方グラスウールとはリサイクルガラスを繊維状にしたもので、ロックウールよりも安価で購入できます。リフォーム会社と相談しながら、予算や目的に合わせて断熱材を選びましょう。
 
コンクリート打ち放しの住宅の場合

コンクリート打ち放しの住宅に関しても、断熱材による防寒対策は可能です。しかしコンクリートの武骨なデザインを残したい方は、別の方法で防寒対策をしましょう。
 
おすすめの方法は断熱シートです。名前の通りシート状になっており、床面や窓ガラスにも貼れます。DIYで簡単に貼れるので、寒さが気になる方は断熱シートで試しましょう。
 
床の底冷えが気になる方は、カーペットやじゅうたんを敷くことで冷気をシャットアウトできます。また窓から入る冷気を防ぎたい場合は、断熱カーテンがおすすめです。断熱効果のあるインテリアを使用して、寒さ対策を施しましょう。
 
防カビ塗料でカビの発生を防ぐ

コンクリートの壁については、寒さに加えて結露によるカビの発生も防ぎたいものです。結露を防ぐ方法として、断熱効果のあるペアガラスや二重サッシの設置といった方法があります。ただしその場合には窓や窓枠を交換する必要があり、費用もかかるでしょう。
 
そこで、費用を抑えたい方は防カビ塗料を利用しましょう。アクリル系やフッ素系などの塗料に防カビ剤を加えており、壁に塗るだけでカビの発生を抑えられます。屋内用の塗料もホームセンターなどで販売しているので、カビ対策を施したい方はぜひお試しください。

 

まとめ

コンクリートの壁が寒い理由とは、おすすめの防寒対策を紹介

 
今回の記事では、コンクリートの壁が寒い理由と寒さ対策について紹介しました。コンクリートの壁は、外からの冷気を伝えやすいので寒く感じてしまいます。そのため、断熱材を壁に入れるといった方法で、外の冷気をシャットアウトしましょう。
 
またコンクリート打ち放しの住宅に住んでいる方は、断熱シートの使用や断熱効果のあるインテリアで対策を施すのがおすすめです。カビに悩まされている場合は、防カビ塗料を使ってみましょう。


 

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求