リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.07.08

ユニットバスにはどんなメリットやデメリットがある?リフォームで快適なお風呂に

ユニットバスにはどんなメリットやデメリットがある?リフォームで快適なお風呂に


浴室は汚れやカビ、冬の寒さ、床の滑りやすさなどの悩みがあることも多いでしょう。悩みの中には、リフォームで解決できることもあります。浴室には様々なタイプがありますが、現在の浴室の主流はユニットバスと言われます。ユニットバスとはどのような浴室なのか、そのメリットやデメリットについてご紹介します。また、ユニットバス以外の浴室のタイプについてもみてみましょう。
 

ユニットバスとは

ユニットバスは、まず浴室サイズに合わせてサイズを決めます。施工の際には、工場でつくった浴槽や壁、天井、床、ドアなどの部材を現場に持ち込んで組み立てます。

2点ユニットバスは、浴室に洗面台が付いているもののことです。さらに、1人暮らし用の物件や家賃を抑えた物件によく見られるのは3点ユニットバスで、洗面台に加えてトイレも付いているものです。
 

リフォームでユニットバスを選ぶメリット

ユニットバスにはどんなメリットやデメリットがある?リフォームで快適なお風呂に


現在の主流であるユニットバスですが、そのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しくみていきましょう。


施工期間が短い

現場ではあらかじめ工場でつくったパーツを組み立てるだけなので、施工期間は短くて済みます。その分人件費も抑えられるでしょう。


水漏れの心配が少ない

ユニットバスは防水性の高い素材を使用しており、さらに継ぎ目のない箱型の構造のため、水漏れするリスクが少ないでしょう。そのためユニットバスはほとんどのマンションで採用されています。


断熱性に優れている

断熱性に優れており、浴室がひんやりしがちな冬でも比較的暖かいでしょう。暖かい居室から寒い浴室に移動した際に起こりやすいヒートショックを予防する効果もあります。


手入れがしやすい

浴室は湿度が高く、体や髪を洗った際の石けんカスや垢などが飛び散ってカビや汚れも付きやすい場所です。ユニットバスに使われるパーツは、浴室のためにつくられた素材でできているので、カビが生えにくく、汚れが付きにくいでしょう。


様々なデザインから選べる

ユニットバスは、家の浴室のサイズに合ったものを選ぶ必要がありますが、縦横サイズのバリエーションが豊富なので、サイズ選びに困ることは少ないでしょう。また、カラーやデザインも様々で、好みのものを選べる楽しさもあります。


様々なオプションが選べる

保温性のある浴槽やジェットバスなどがユニットバスのオプションとして準備されています。また、より手入れを楽にしたい場合は、水はけの良い床や抗菌性に優れた素材、汚れが自然に集まる排水溝などを選ぶと良いでしょう。濡れた床は滑りやすいため、特に高齢者や小さい子供がいる家庭では滑りにくい床が安心と言われます。
 

ユニットバスのデメリット

ユニットバスにはどんなメリットやデメリットがある?リフォームで快適なお風呂に


多くのメリットがあることが分かりましたが、知っておきたいデメリットもありますのでご紹介します。


通気性が悪い

気密性が高く断熱性に優れていることは、暖かい浴室になるという良い面もありますが、湿気がこもりやすく通気性が悪いというデメリットもあります。カビが発生しないように、換気をしましょう。


家の浴室のサイズによっては設置できないことも

豊富なサイズパターンがありますが、それでもサイズが合わずに設置ができないこともあります。その場合は、割高にはなりますがサイズオーダーができるメーカーを選ぶ方法もあります。


部材の後付けがむずかしい

高齢になった場合など、浴槽に入るときに手すりが欲しいと思うこともあるでしょう。ただ、後に手すりなどの新しい部材を設置したくてもできないことがあります。リフォーム時に検討しておくことをおすすめします。


こだわりがある場合は満足できない?

ユニットバスは、決められたものの中から選びます。ヒノキ風呂にしたいなどのこだわりがある場合は、ユニットバスでは満足のいく浴室にできないこともあるでしょう。
 

リフォームで検討したいユニットバス以外の浴室

現在の主流はユニットバスですが、それ以外にはどのような浴室のタイプがあるのかみてみましょう。


在来工法

従来の主流だったタイプです。下地材で防水加工を施し、その上にタイルなどを張って床や壁などを現場でつくり上げる方法です。家の浴室のサイズや形に合ったものをつくれるでしょう。

素材選びなどの自由度が高く、こだわりの浴室をつくることも可能です。ユニットバスでは難しいヒノキ風呂なども取り入れられるでしょう。ただし、施工期間が長く、コストがかかります。ユニットバスと比べると断熱性や防水性も劣ることが多く、さらに水漏れ対策なども必要と覚えておいてください。


ハーフユニットバス

ユニットバスと在来工法を組み合わせたものです。床から浴室の下半分が一体化しており、壁の上部や天井の仕上げが自由にデザインできます。

床はユニットバスのような防水性を持ちますが、壁は防水性を高めるための工事が必要とされます。浴室の上部は好きな素材やデザインを選べます。ただ、商品の種類が少なく、ユニットバスよりもコストがかかるでしょう。
 

まとめ

ユニットバスは様々なデザインから選べ、工期の短さや水漏れリスクの軽減などのメリットもあります。さらに、機能面や手入れの面からも優れた点があるといえるでしょう。ただ、通気性の悪さなど知っておきたいデメリットもあります。

浴室のリフォームをする際は、メリット・デメリットを理解した上で、ユニットバスを検討してみてはいかがでしょうか。
 

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求