リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.05.10

意外と多い!あなたに合ったダクトレールのおすすめ機能を見つけよう

意外と多い!あなたに合ったダクトレールのおすすめ機能を見つけよう

おしゃれな空間の演出として好まれている、ダクトレール照明。実はいろんなタイプがあるのをご存じですか?

照明は毎日のようにお世話になるアイテム。それでいて部屋の雰囲気づくりにも重要です。「せっかくなら、ベストなものを選びたい」そんなあなたへ向けて、たくさんあるダクトレールの機能の中からおすすめ機能をピックアップ。おしゃれで便利なダクトレール探しのお手伝いをします。

ダクトレールの魅力って?

意外と多い!あなたに合ったダクトレールのおすすめ機能を見つけよう

ダクトレールは、レールに好きな照明を取り付けて部屋を照らすことができるアイテムです。魅力の1つが、その自由度の高さにあります。

 ・ 1本のレールに様々なデザインや照らし方の照明を織り交ぜて配置できる
 ・ レール上で照明を移動させたり、レールそのものの位置を変えたりすることも可能
 ・ レールの色やデザインも選ぶことができる

工夫次第で、お部屋に様々な変化を出せるのが、レール照明です。デザインにこだわりたい人にも、機能性を追求したい人にもうれしいポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

ダクトレールの取り付け方は4タイプ

意外と多い!あなたに合ったダクトレールのおすすめ機能を見つけよう

「賃貸には付けられないの?」「難しい工事が必要じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。実は、ダクトレールには賃貸でも使えるものやDIYで比較的ラクに取り付けられるものもあります。

ダクトレールの取り付け方は4タイプに大別できます。

【簡易取り付けタイプ】
天井にあらかじめ設置されている引掛けシーリングに接続するタイプです。天井へのネジ止めが不要で賃貸でも使用可能とされるものもあります。設置のカンタンさがメリットですが、取り付け場所が限られてしまうというデメリットも。

【直付けタイプ】
電気配線に直接つなぐタイプ。基本的に電気工事士の資格が必要なため、業者に依頼する必要があります。天井へのネジ止めなどの工程も必要です。簡易取り付けタイプよりも取り付け位置が自由な点はメリットと言えるでしょう。

【埋め込みタイプ】
直付けタイプと同じく工事が必要となりますが、こちらは天井に埋め込むタイプのことを言います。他のタイプでは実現が難しい、天井のスッキリ感を出すことができるメリットがあります。ただし他のタイプに比べてリフォーム費用が高いという面も。

【コンセント型】
コードを使って、コンセントから電気を供給するタイプです。基本的に天井へのネジ止めが必要となります。電気工事の必要がなく自分でも取り付け可能ですが、天井の下地を探すなどの手間が必要な場合があります。
 

シーンに合わせた、ダクトレールのおすすめ機能

意外と多い!あなたに合ったダクトレールのおすすめ機能を見つけよう

ダクトレールの大きなメリットである、自由度の高さ。様々なタイプがあるため、実際に商品選びをすると迷ってしまうかもしれません。ここではシーン別に、ダクトレールのおすすめな機能をご紹介します。

【寝室にダクトレールを付けたい】
寝室では、横になったまま手元のリモコンでオンオフ可能なタイプが便利です。複数のダクトレールを組み合わせることで段階的に明るさを調節することも可能ですが、照明自体にリモコン調節機能があるものを使っても良いでしょう。

【火災報知器と距離が近くなってしまう】
天井にある火災報知器と照明が近すぎると、誤作動の原因となり得ます。食卓など照らしたい場所の近くに火災報知器がある場合には、回転できるレールが役立つでしょう。照明と報知器の距離をとりやすくなります。

【ひと味ちがうお部屋にしたい】
レール照明の場合、照明部分の選び方次第でバリエーションに富んだ使い方が可能です。しかし「ひと味違う、ユニークな使い方」として間接照明機能が付いたレールを選ぶ手もあります。

【たくさんの照明を付けたい】
ダクトレールには荷重の限界、耐荷重があります。たくさんの照明を付けたい場合、なるべく耐荷重の高いレールを選びましょう。

また、使える照明の電圧(ワット数)にも上限があります。上限を超えて照明を付けることは故障や火災の原因となり得るため注意が必要です。上限が高いレールの方が照明の数や種類ともに選択肢が広がります。

ダクトレールの長さを変えたい、曲げたい時は?

意外と多い!あなたに合ったダクトレールのおすすめ機能を見つけよう

ダクトレールは様々な長さのものが販売されていますが、自分でカットできるタイプがあります。開口面を下に向け、金鋸を使ってのカットが推奨されています。接触不良を避けるため、切りくずはしっかり取り除きましょう。

また、専用のジョイント部品を使ってレールを伸ばしたり曲げたりすることもできる場合があります。

まとめ

ダクトレールの魅力やおすすめの機能をご紹介しました。様々な機能があるダクトレールですが、適材適所を意識すると住み心地やデザイン性の向上に役立ちます。ぜひ、理想のお部屋作りの参考にどうぞ。

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求