リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.03.31

洗面台のリノベーションにかかる費用の相場は?安く抑えるポイントもご紹介!

洗面台のリノベーションにかかる費用の相場は?安く抑えるポイントもご紹介!

毎日の身だしなみに役立つ洗面台。古くなったり、デザインを一新したりしたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで気になるのが洗面台のリノベーションの費用。お手軽なのか、ちょっと覚悟がいるのか確認してみましょう。相場を知ることで、依頼した見積もりが高いのか安いのか、判断することもできるでしょう。納得のいくリノベーションの手助けになります。

今回は、洗面台のリノベーションの費用相場をお伝えします。

洗面台のリノベーションにかかる費用の相場

洗面台のリノベーションにかかる費用の相場は?安く抑えるポイントもご紹介!

洗面台のリノベーションには、一般的に10万円程度のものもあれば40万円かかる場合もあるとされています。施工内容によってばらつきが大きいと言えるでしょう。

洗面台のリノベーションのために、まず洗面台本体の価格を知っておきましょう。本体の価格と、まわりのオプションの価格を分けて考えると整理しやすくなります。

洗面台本体の費用相場
・10万円以内の洗面台
ユニットタイプの洗面台は、安いもので10万円以内でのリノベーションも可能とされています。
ボウルは陶器製で、幅は約75cm以下、観音開きの収納に一面鏡がついたものが多いといわれる価格帯です。

・10万~20万円の洗面台
機能やサイズのランクがアップしたものでは、10万~20万でのリノベーションが可能とされています。
ボウルのサイズは約90cmまで、シャワー水栓や引き出し式の収納など、選択肢が広がるのがこの価格帯。場合によっては鏡も二面鏡などのカスタマイズが可能と言われています。

・20万円以上の洗面台
さらに洗面台の機能や質感をアップさせると、20万円を超える価格帯となってきます。
ボウルのサイズは90cm以上、そして材質は陶器だけではなく人工大理石も選択肢となり、カラーも選べるようになると言われています。手入れのしやすさを求めた素材選びも可能になる場合があります。

洗面台まわりのオプションの費用相場
洗面台に求める機能は人それぞれ。豊富なオプションから何を採用するかでも価格が変わってきます。ここにその一例を紹介します。

・床をクッションフロアにする:2~5万円
水回りに役立つクッションフロア。およそ1坪サイズのものであれば、2~5万円かかるのが一般的です。

・鏡を曇り止めにする:3千円~1万円
急いでいるのに鏡が曇って、拭くのにひと手間。そんなわずらわしさを軽減してくれる鏡の曇り止め加工は、3千円~1万円で可能とされています。

・LED照明:1.3万円~2万円
省電力、長持ちとメリットの多いLED。1箇所につき1.3万円~2万円程度かかるのが一般的な相場です。

・洗濯機パンの交換:1.5万円~3.5万円
洗濯機の受け皿となる洗濯機パン。洗濯機からの水漏れを受け止めるなどの大切な機能を持っています。洗面台のリノベーションと共に、古くなったものは交換することをオススメします。一般的には1.5万円~3.5万円かかるとされています。

洗面台本体やオプションの価格相場をご紹介しました。実際には、今ある洗面台の撤去作業や水道管の工事費、壁紙の貼り替えなどの費用も加わる可能性があります。見積もりの内訳をしっかり確認すると良いでしょう。

洗面台は毎日のように使う大切な家具。できれば使いやすいものを選びたいところです。続けて、洗面台のリノベーションにおける注意点を解説します。

洗面台のリノベーションで気を付けたいこと

洗面台のリノベーションにかかる費用の相場は?安く抑えるポイントもご紹介!

「安さや高級感を追求したものの、使いづらさを感じる…」そうならないためにも、洗面台のリノベーションにおける注意点を知っておきましょう。

洗面台の高さは使いやすいか
洗面台の高さが合っていないと、腰痛の原因になる、水がこぼれやすくなる等のデメリットが生じてきます。
一般的に推奨される洗面台の高さは、「身長÷2」とされています。もしご家族で身長に差がある場合は、踏み台や厚底スリッパを使う方法もあります。

洗面台の収納の量やタイプ
洗面台では、タオルや石鹸、歯ブラシ等の美容用品を使うこととなります。どんなタイプの収納がどのくらいあるかによって、毎日の使い勝手が大きく変わるでしょう。

見せる収納と、見せない収納で分けることができるかも大切なポイントです。見せる収納ではインテリア性を意識できるうえ、すぐ手に取れるというメリットもあります。歯ブラシやコップなど頻繁に使うものは、オシャレなものを選んでおくのも手です。

隠す収納でも、引き出しやボックス等で仕切っておくことで中身が整理しやすくなるでしょう。洗面台に合った色や素材のボックスやかごを置いて、インテリア性を高めるのも◎。

洗面台ボウルの大きさや形
洗面ボウルの形状は、使い勝手や手入れのしやすさに影響します。

浅く小さめのボウルは水はねしやすい場合があり、服が濡れたり掃除の手間がかかったりすると言われています。小ぶりなデザインが好みな方は、水はねしやすい点に注意しておきましょう。

また、ボウルが埋め込まれていないタイプの洗面台は手入れにひと手間かかる場合があります。ボウルと洗面カウンターの間にすきまができ、汚れや水がたまってしまうことも。

洗面台のリノベーション費用を抑える3つのポイント

洗面台のリノベーションにかかる費用の相場は?安く抑えるポイントもご紹介!

洗面台をリノベーションするにあたって、費用を抑える3つのポイントをご紹介。ある程度のこだわりを保ちつつ、できるだけ安価でリノベーションするためのコツを揃えました。

1. 地元の工務店に依頼する
工務店の場合、広告等に多大な費用をかけていない場合があります。施工費に上乗せされる金額が減る分、安く工事を行ってくれる可能性があります。

2. 収納等はDIYする
こだわった収納も費用が高くなる原因。しかしDIYで済ませてしまえば、比較的シンプルな洗面台で費用を抑えることができるかもしれません。収納ボックスの利用や壁棚等の見せる収納を生かす方法もあります。

3. メーカーを重要視しない
有名メーカーにこだわるとリノベーション費用が高くつく場合もあります。メーカー名よりも機能やデザインで判断した方が、好みの洗面台を安く手に入れることができることもあります。

まとめ

日々の身支度に欠かせない、洗面台のリノベーションにかかる費用や選び方を解説しました。使いやすさやデザイン性を追求すると費用も高くなりがちですが、部分的なDIYや工務店に依頼する等、安くするコツもあります。洗面台のリノベーション検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求