リノベ不動産 renove fudosan 日本住を、愉快に。 ローン相談、物件探し、設計・施工、入居後のインテリア提案までリノベ不動産が一貫してサポート。 WEAR_ロゴ 日本住を、愉快に。
close menu

リノベのハウツー

2020.03.04

フローリングの無垢とは?リフォームをするメリット・デメリットは?

フローリングの無垢とは?リフォームをするメリット・デメリットは?

今やおしゃれな部屋の重要な要素のひとつとも言えるフローリング。マンションでも一軒家でも、その部屋のほとんどを畳よりもフローリングにする例が増えてきました。

そんなフローリングにも種類があることを知っていましたか?今回、この記事では「無垢フローリング」について紹介をしていき、そのメリットとデメリットについて説明をしていきます。
 

フローリングの無垢って何?

フローリングの無垢とは?リフォームをするメリット・デメリットは?

そもそもフローリングの無垢って何?と思われる方もいるでしょう。フローリングに関して、無垢とは集成・積層などの木を継ぎ足す加工を施していない床材を指します。

一般的なフローリングは複合フローリングと呼ばれており、基盤となる合板の上に化粧板を貼り付けていますが、無垢材は単一木材から切り出した1枚の板です。
 

無垢フローリングにリフォームするメリットは?

フローリングの無垢とは?リフォームをするメリット・デメリットは?

それでは無垢フローリングにリフォームをするメリットについて紹介していきます。


経年劣化による風格

張り替えたばかりの綺麗なフローリングというのもいいですが、年月が経つごとの変化や色合いを楽しむことができるのが無垢フローリングのメリットといえるでしょう。

その変化は様々で、木目が際立っていくものや色が濃くなっていくものなど、無垢フローリングは年月を重ねることで出る味わい深さも魅力的と言われます。


調湿作用がある

自然素材を使っている無垢材は複合フローリングと違って調湿作用があるのもひとつのメリットです。

調湿とは湿度を増減させる特性のことで、部屋の湿度が高い時は無垢材のフローリングが湿気を吸い取ってくれるのでジメジメとした空間を軽減してくれます。逆に低い時は水分が放出されますので室内の乾燥を防いでくれます。

無垢材フローリングは部屋の湿度を調整してくれるので、いつでも快適な空間を実現することが可能でしょう。


温もりを感じることができる

無垢材フローリングは本物の木材を使っていますので、温もりを感じることもできます。複合フローリングもデザインがアップしていますが、人工的な印象は否めません。木の断面がそのままフローリングの無垢材に感じる温もりは、他に代えがたい特徴とも言われます。

また、冬は床が冷たくなりがちですが、無垢材だと熱伝導率が低く体温が奪われにくいために、実際に温もりを感じることもメリットでしょう。

さらに、複合フローリングと違って木材の柔らかさがありますので高齢者や赤ちゃんにも優しい床材と言われます。
 

無垢フローリングにリフォームするデメリットは?

次は自然素材ならではのデメリットについても紹介していきます。


水をこぼすと腐敗する原因に

木材を使っている無垢フローリングのデメリットのひとつは、水に弱い点です。一般的には、表面コーティングが施されていますが、水をこぼすと腐敗してしまう可能性があります、さらに、万が一無塗装の場合であれば、なおさらです。

シミになりやすく、水に濡れたままにしておくと腐朽菌が広がっていく可能性も。なるべくオイル塗装などを行い、水がこぼれた場合は素早く乾拭きをしましょう。


傷がつきやすい

無垢材は天然木なので、ウォールナットなどの硬い床材であっても傷がつきやすいデメリットを持っています。無垢材でも様々な種類がありますので、柔らかい木だと重たいものを落としたりすると凹んでしまうことも。ただし、ある程度は修復できるのも無垢材のよいところでしょう。

複合フローリングだと傷がついたり凹んでしまうと、修復することは難しいですが、無垢材は水を含ませることで膨らむので、凹んだ部分をカバーすることもできます。また傷を削って修復することも可能です。

さらに、全面を薄く削りなおすことで、新品に近い状態にフローリングを戻すこともできます。これも天然の木だからこその技といえるでしょう。


価格が高い

無垢材は原木から切り取ったものをそのまま使用しますので、使用できる量も限られる為、複合フローリングと比べて価格が高いのもデメリットでしょう。

合板などは端材を利用することができるので、その分コストが抑えられます。「予算的に厳しい」という場合は、無垢材の価格はデメリットとして大きく感じるのではないでしょうか。
 

まとめ

フローリングの無垢とは?リフォームをするメリット・デメリットは?

フローリングの無垢について紹介し、メリットとデメリットについて説明しましたがいかがでしたか?天然の木ならではの温かさや年月とともに深まる味わいは、複合フローリングとは違う魅力があるでしょう。さらに、調湿作用で部屋を快適にしてくれる実用性などもうれしい点です。

一方で、価格やメンテナンスの手間が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

様々な良し悪しがありますので、その部分をしっかりと考えて無垢材のフローリングにするか、しないかを検討してみてください。
 

こんな記事も読まれています

リノベーションご相談窓口

0120-409-094 受付時間 平日10:00〜18:00
資料請求 & お問い合わせ 資料請求