&Renoトップ リノベーションのハウツー 寝室のスイッチの位置はどこがいい?快適に生活するために意識したいポイント

寝室のスイッチの位置はどこがいい?快適に生活するために意識したいポイント

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5900

寝室のスイッチの位置はどこがいい?快適に生活するために意識したいポイント


快適に生活する上で、意外と見落としがちなポイントが照明スイッチの位置です。生活動線を考えてスイッチの配置を考えることによって、使い勝手のいい部屋にすることができます。

今回は、寝室の照明スイッチに着目。寝室の照明スイッチの位置や、照明計画について気をつけるべきポイントをご紹介していきます。


 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

寝室の照明について気をつけるべきポイント

寝室のスイッチの位置はどこがいい?快適に生活するために意識したいポイント"


最初に、寝室の照明について気をつけるべきポイントを考えてみましょう。寝室は寝るための場所であると同時に、読書する・くつろぐ・着替えるといった、さまざまな目的で使う場所でもあります。そのため、どのような使い方をするのかイメージして照明計画を考える必要があるのです。


一室一灯照明か一室多灯照明か
寝室の照明で一般的なのが、部屋に1つシーリングライトが設置されている一室一灯照明。スイッチ1つで操作でき、部屋全体をまんべんなく照らすことができるのがメリットです。一方で、1ヶ所だけを集中的に照らすのには向きません。また、調光機能のある照明を使わないと、明るさを調節しづらいという難点もあります。対して、ダウンライトや枕元のライトなどを併用する一室多灯照明は、スイッチが多くなり複雑になりがちですが、明るさや照らす場所を細かく調節できる点がメリット。

以上より、寝室を寝る場所として使うだけであれば一室一灯照明、日中や寝る前に活動する場所として使うのであれば一室多灯照明が向いていると言えるでしょう。


眠りの質にも関係する照明の色
電球や蛍光灯を買いに行くと、色の種類があることがわかります。色によって適している場所とそうでない場所があるため、寝室の照明も色に気をつけたいところ。寝室は落ち着いて眠りに入れるよう、オレンジの暖かな光が特徴の「電球色」が向いているとされています。

逆に青白く明るい「昼光色」は、細かな作業をする仕事部屋や書斎に向いているとされ、寝室に使うのは避けた方がいい色。たかが照明の色の違いですが、眠りの質に影響を与える可能性があるため、気をつけて選ぶといいでしょう。
 

寝る前にすぐ消せる位置にスイッチ!

寝室における照明計画のポイントをご紹介しましたが、照明スイッチの位置を決める際にはどんなことを意識すればいいのでしょうか。

大体の部屋は入口近くに照明がありますよね。部屋に入ってすぐ照明をつけ、出るついでに照明を消せるベストポジションです。寝室ももちろん入った瞬間に照明をつけられた方が便利ですから、入口にスイッチは欲しいところ。

ただ、ここで寝室ならではの問題が発生します。寝室は寝るための場所であり、就寝する時には消灯する必要があります。もし入口にスイッチがあるとすれば、眠い中布団から出て、わざわざスイッチを消しに行かなければなりません。先ほどご紹介した通り、枕元に小さな読書灯があれば別ですが、1つしか照明がない場合には面倒ですよね。

以上より、寝室の照明スイッチは「寝る前にすぐ消せる場所」につけるというのがおすすめです。
 

寝室には3路スイッチがおすすめな理由

寝室の照明スイッチは、部屋の入口と寝る時に手が届く位置の2ヶ所にあるといい、ということがわかりました。しかし、通常のスイッチは1ヶ所にしか設置できません。

そんな時におすすめなのが「3路スイッチ」と呼ばれるスイッチです。

寝室のスイッチの位置はどこがいい?快適に生活するために意識したいポイント" 寝室のスイッチの位置はどこがいい?快適に生活するために意識したいポイント"

3路スイッチとは、図1のような構造をしたスイッチのこと。スイッチを切り替えることで配線が切り替わるのが特徴です。図2のように2つ組み合わせて使うことで、2ヶ所から1つの照明を操作できるようになります。寝室の照明スイッチを3路スイッチにすれば、部屋の入口・枕元両方から照明をつけたり消したりできるので、利便性が大きくアップしますね。

ただし、枕元のスイッチ位置には注意が必要。なぜなら、ベッドの高さに合わせてスイッチの位置を決めると、インテリアに制限がかかってしまうからです。例えば、低いベッドを使うこと前提でスイッチを枕元の低い位置につけた場合、仮に高いベッドに買い替えたいと思っても難しくなってしまいます。できれば、どんなベッドのサイズにも対応できる位置を検討するのがおすすめです。
 

リモコンという選択肢

スイッチを2ヶ所設けるのであれば3路スイッチがおすすめですが、もう一つ検討したいのがリモコンを使うという方法。スイッチは入口の1ヶ所だけにして、枕元ではリモコンを使って消灯できるようにしておけばいいのです。

リモコンつきの照明に買い換える、もしくは既存の照明でもリモコン対応にできる機材を購入すれば、簡単にリモコン操作が可能になります。3路スイッチに切り替えるためには、電気工事士資格を持った専門業者による工事が必要になるので、手軽さを求めるならリモコンが向いていると言えるでしょう。

しかしながら、リモコンにもデメリットはあります。1つ目は、リモコン自体を見失ってしまう可能性があること。置く場所をしっかり決めて、必ずそこに戻す癖をつけておく必要があります。

2つ目は、商品によっては大元のスイッチを切ってしまうとリモコン操作ができなくなること。主に既存の照明に取り付けて使うタイプのリモコンは、壁についているスイッチで照明をOFFにしてしまうと、リモコンでON/OFFの切り替えができません。そのため、夜寝る前にはリモコンで消灯することを習慣化する必要があります。
 

まとめ

今回は、寝室の照明スイッチの位置についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。寝室の照明はつけたり消したりが多い場所なので、スイッチの位置にはこだわりたいところです。入口・枕元の2ヶ所につける、あるいはリモコンを使うのがおすすめ。スイッチの位置を考えるだけで、暮らしの利便性がきっと高まるでしょう。
 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. リノベーションとは?リフォームとの違いや費用も徹底解説!

  2. YKK...

  3. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  4. withコロナ時代の「不動産屋さん活用術」自宅で簡単オ...

  5. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  6. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  7. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  8. 真似したい!オシャレなリノベーションでよく見るテクニック実例

  9. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  10. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

Writer

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表

  • &Reno編集部

    BeatHOUSEで日々奮闘するスタッフたち。わくわくすることを常に探しています。