&Renoトップ リノベーションのハウツー 洗面水栓を交換するコツ、必要な工具や詳しい取り付け方法までを解説

洗面水栓を交換するコツ、必要な工具や詳しい取り付け方法までを解説

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5337

洗面水栓を交換するコツ、必要な工具や詳しい取り付け方法までを解説

 
洗面所は毎日使用する場所です。そのため、年月を重ねるとレバー部分が動かなくなったり、水漏れが発生したりします。そのような場合には水栓部分の交換が必要になるでしょう。
 
洗面水栓について「業者に頼むのもいいが、できるなら自分で交換をしてみたい」という方もおられます。そこで今回は、洗面水栓を交換するコツについてまとめました。また、交換するときに注意したいポイントも分かりやすく解説しています。洗面水栓の交換を検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

洗面水栓の交換方法

洗面水栓を交換するコツ、必要な工具や詳しい取り付け方法までを解説"

 
洗面水栓の交換のときには、水漏れに注意しましょう。具体的には、作業の前に止水栓を止めておきます。マンションやアパートの場合は、玄関脇にあるメーターボックスの扉の中に取り付けてあるので確認しましょう。一戸建ての場合は、住宅と敷地の間に設置されている場合が多いのでチェックしてください。

 
必要な道具

洗面水栓を交換するには道具が必要です。道具が足りない場合には、近くのホームセンターなどで購入しましょう。洗面水栓の交換で必要な道具は以下のとおりです。
 
・モンキーレンチ
モンキーレンチとは、ボルトをつかむ部分をウォームギヤによって自由に動かせるレンチのことです。モンキーレンチは六角形上のネジを2点でつかむように作られています。
 
・ウォーターポンププライヤー
ウォーターポンププライヤーとは、主に配管工事で使用する工具です。通常のプライヤーに比べて柄が長いのが特徴です。また、先端が斜めになっているのでモノをつかみやすくなっています。
 
・六角レンチ
洗面台に直接するタイプの水栓の交換で使用します。六角レンチがない場合には、プラスドライバーでも代用が可能です。
 
・シールテープ
水栓が水漏れを起こす原因のひとつとしてシールテープの劣化が挙げられます。新しいシールテープに交換することで水漏れを修復できます。
 
・マイナスドライバー
止水栓を閉めるときに必要です。

 
古い水栓のタイプを確認しておく

作業を始める前に、取り付けてあった古い水栓のタイプを確認しておきます。主な水栓のタイプは以下の4つです。
 
・単水栓
昔ながらの古いタイプです。お湯か水のどちらかがだけを使用できるようになっています。
 
・ワンホール
洗面台に開けた穴に直接蛇口が付いています。
 
・ツーホール
ワンホールと同じタイプですが、蛇口が2つになっています。
 
・コンビネーション
お湯や水を出すレバー部分と吐水口が分かれています。

 
交換方法

ここでは洗面水栓の交換方法を紹介します。
 
・配管を切ってホースと逆止弁を外す
止水栓を閉めたら、まず配管を切断します。配管の根元の部分には逆止弁が取り付けてあるので、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーなどで外しましょう。シャワーホースが取り付けてある場合は、シャワーホースも取り外します。
 
・水栓の本体の固定ナットを外す
蛇口本体に固定ナットが取り付いているので、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーを使って取り外します。この作業は狭い場所で行われることもあるので、工具を使用できるスペースがあるのかチェックしておくのが良いでしょう。また、モンキーレンチを使うときには、ネジの部分にキズをつけないように注意しながら作業します。
 
・古い水栓を引き抜く
固定ナットを外したら古い水栓を引き抜きます。引き抜くときは給湯管のホースに注意しましょう。柔らかい形状のホースはすぐに引き抜けます。しかし金属製の場合には、一度ホースをまっすぐに直してから引き抜くのが良いでしょう。
 
・新しい水栓を取り付ける
古い水栓を外したら、新しい水栓を取り付けます。水栓にはナットやスリップワッシャーなどが付いているので順番に取り付けましょう。ナットがプラスチック製の場合は、強く締めすぎないように注意します。
 
・逆止弁の取り付け
水栓の取り付けが終わったなら、最後に逆止弁を取り付けます。モンキーレンチやウォーターポンププライヤーを使用して、配管の根元に逆止弁を取り付けましょう。すべての取り付けが終わったら水を流して確かめます。

 

自力での交換が難しいとき

洗面水栓を交換するコツ、必要な工具や詳しい取り付け方法までを解説"

 
水栓のタイプによっては、自力での交換が難しいときもあります。そのような場合、無理に取り付けようとせずに、業者に新しい水栓の交換を依頼しましょう。自己流で取り付けてしまうと、水栓の劣化が早くなることもあります。
 
また、取り付けの途中に水漏れなどで洗面所の壁紙を汚してしまった場合、高額の修理代がかかることもあるので注意しましょう。
 
また水栓の交換途中で作業工程が分からなくなった場合についても、作業を止めて業者に連絡しましょう。連絡するときには、どこまでの作業が終了したのかを伝えておくことで、スムーズに依頼できるでしょう。
 

 

まとめ

洗面水栓を交換するコツ、必要な工具や詳しい取り付け方法までを解説"

 
この記事では、洗面水栓の交換方法を紹介しました。水栓を交換するときは、あらかじめ必要な工具がそろっているのか確認しておきます。また、作業の前に止水栓を閉じておくことを忘れないようにしましょう。
 
新しい水栓の取り付けを行ってみたものの、途中で作業工程が分からなくなるときもあります。そのような場合、無理して作業をすすめるのではなく、業者に連絡をして、水栓を取り付けてもらうことをおすすめします。


 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  5. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  6. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  7. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  8. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  9. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  10. 【HAGS|アイテム】天然木を外壁に。50年後の経年美...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表