&Renoトップ リノベーションのアイテム 洗面台収納に役立つ4つのコツ、簡単に実践できるアイデアを紹介

洗面台収納に役立つ4つのコツ、簡単に実践できるアイデアを紹介

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5332

洗面台収納に役立つ4つのコツ、簡単に実践できるアイデアを紹介

 
歯を磨いたりヘアセットをしたりする洗面台。忙しい時間帯に使用することの多い場所のため、すぐに散らかってしまいます。そのため、「洗面台をスッキリと収納するにはどうすればよいのか」という悩みを抱えて方も多いようです。
 
そこで今回は、洗面台収納のコツを4つにまとめました。だれでも簡単に実践できる内容ですので、この記事を一読して洗面台をキレイにしましょう。

 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

1つ目のコツ:利用頻度を考えて収納する

洗面台収納に役立つ4つのコツ、簡単に実践できるアイデアを紹介"

 
洗面台が散らかる原因は、使用したものを元に戻せないことが挙げられます。歯ブラシや歯磨き粉の位置、使用後のタオルの位置、洗剤類の位置が定まっていないために、いざ使おうと思ったときにどこにあるのかを忘れてしまうのです。
 
洗面台の散らかりを減らすには、使用頻度に分けて収納するように心がけましょう。例えば、歯ブラシなどの毎日使用するものに関しては、出しやすい位置に保管しておきます。一方で、使用頻度の低い洗剤類に関しては、洗面台の下などに収納しましょう。

 
フェイスクリームやヘアクリームはテーマごとに分ける

洗面台の収納で特に注意したいのは、スキンケア類です。歯磨き粉やカミソリ類、フェイスクリームやヘアクリームが一緒になっていると使いづらく感じることもあるでしょう。
 
そこでクリームに関しては、テーマごとの分類をおすすめします。鏡の裏に収納スペースがある洗面台の場合は、上段にヘア関係のモノ、下段にフェイス関係のモノというように収納すれば、すぐに必要なものを見つけられるでしょう。

 
使用頻度の少ないモノについては捨てるのもおすすめ

洗面台を使いやすくためのコツは、モノをため込まないことです。モノがあふれてしまうと、使いたいものをすぐに取れ出せなくなるので注意しましょう。
 
例えば、歯ブラシを買ったものの、排水管の掃除に利用できると考えて、古い歯ブラシを取っておいてはいないでしょうか。すぐに捨てる必要はありませんが、使用機会がほとんどないと感じたなら、思い切って捨てることも大切です。

 

2つ目のコツ:見せる収納と隠す収納を使い分ける

洗面台が散らかりやすいもう一つの原因は、統一感のなさです。洗面台に洗剤類や掃除用具を収納する方も多くおられます。洗面台に保管する商品はカラフルなものが多く、統一感が失われやすいので注意が必要です。洗面台をスッキリさせるために、見せる収納と隠す収納を使い分けましょう。
 
例えば、タオル類や歯ブラシなどは見せる収納にします。ハンドクリームについても、白色などで統一できる場合は見せる収納が良いでしょう。一方で、カラフルな洗剤類については隠す収納にします。洗面台の下部にある収納ボックスなどに保管しておくと良いでしょう。
 

スペースが足りないときはカーテンで隠す

隠したいものが多すぎて、収納スペースが足りなくなることもあります。そのような場合は、カーテンで隠しましょう。カフェカーテンと突っ張り棒を使うことで簡単に隠せます。

 
ストックの保管に注意

洗剤やシャンプーのストックをため込む方がおられます。「割引していたから」という理由で大量のストックを購入してしまうと、保管するスペースが必要になってしまい不便に感じるでしょう。ストックを購入するときには、1つまでというように決めておくことも大切です。

 

3つ目のコツ:浮かせる収納を活用する

洗面台収納に役立つ4つのコツ、簡単に実践できるアイデアを紹介"

 
ドライヤーやヘアアイロンなどは、コードが絡みやすいので注意が必要です。洗面台下のスペースが空いている場合は、カゴなどを使って保管できます。あるいは、使い勝手を向上させたい場合には、ハンガーフックなどを使ってつるしておくのも良いでしょう。
 
100円ショップでは、ドライヤー専用のホルダーを販売しています。ホルダーを利用すればタオルハンガーなどに引っ掛けて収納できるので便利です。

 
電化製品は利き手側に収納すると便利

ドライヤーやヘアアイロンなどの電化製品は、利き手側に収納するのがおすすめです。右利きの人なら右側に、左利きの人は左側に保管しましょう。そうすることで、いつでもストレスなく使用できます。

 

4つ目のコツ:デッドスペースを有効活用する

洗面台の下は、デッドスペースになりやすい場所です。特にシンクの真下は収納スペースが限られているのでデッドスペースになりがちです。そのような場合は、突っ張り棒を使用するのもおすすめです。ボトル付きの洗剤やゴム手袋などを保管できます。
 
洗面台の収納スペースが限られている場合には、洗濯機の上部も活用しましょう。突っ張り棒やハンガーパイプを取り付ければ、タオル類や子供服などを保管できるので便利です。


 

まとめ

洗面台収納に役立つ4つのコツ、簡単に実践できるアイデアを紹介"

 
この記事では、洗面台をスッキリと収納するための4つのコツを紹介しました。
 
・利用頻度を考えて収納する
・見せる収納と隠す収納を使い分ける
・浮かせる収納を活用する
・デッドスペースを有効活用する
 
上記の4つを押さえておけば、散らかりやすい洗面台も簡単に整理銭湯ができます。キレイな状態に保つことができれば、毎日の歯磨きやヘアセットも快適に感じるでしょう。


 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  4. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  5. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  6. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  7. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  10. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表