&Renoトップ リノベーションのアイテム ベッセル型洗面器のデザインと使い勝手を解説します

ベッセル型洗面器のデザインと使い勝手を解説します

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5316

ベッセル型洗面器のデザインと使い勝手を解説します

「造作洗面台にしたいけどどんなデザインが良いのだろう」
「インテリアに合うオシャレなデザインにしたい」
「洗面台の形を変えると使い勝手はどうなのか気になる」

毎日何度も使用する洗面台は、気持ちのよい空間にしたいですよね。

手や顔を洗うだけでなく、ヘアメイクなど身だしなみを整える場所としてドレッサー代わりに使用されている方も多く、こだわりたい空間の1つではないでしょうか。

既製品以外にも様々な洗面タイプがありますが、今回は最もデザイン性が高いものの1つであるベッセル型洗面器をテーマに、特徴や使い勝手を紹介していきます。

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

ベッセル型洗面器の実例

ベッセル型洗面器とは、洗面器、つまり洗面ボウルをカウンターの上置くように設置するスタイルのことです。ベッセル型洗面器の実例を見ていきましょう。



丸い形がオシャレな洗面ボウル

ベッセル型洗面器のデザインと使い勝手を解説します"

丸い形がオシャレなベッセル型の洗面ボウルです。

出典:「【セット】洗面ボウルセット CEL531R-MW



並んで使える大きな洗面ボウル

ベッセル型洗面器のデザインと使い勝手を解説します"

スクウェアタイプの大きな洗面ボウルです。二人並んで使える広さが魅力的です。

出典:「洗面ボウル 壁付け型 SB5106

ベッセル型洗面器のデザインのポイント

続いて、デザイン面でのポイントを整理してみましょう。


1.洗面ボウルのデザインを活かせる

ベッセル型洗面器のスタイルは、カウンターの上に洗面ボウルを設置するため洗面ボウルのフォルムがオブジェのように存在感を発揮し、デザイン性が際立ちます。高級感のあるホテルライクな空間にできる点が魅力です。


2.好きなデザインの洗面器とカウンターを選べる

好みの洗面器と、カウンターやキャビネットを組み合わせてオリジナルの洗面台をつくることができるため、洗面ボウルが埋め込まれて一体化している洗面台に比べて、デザインの自由度が高いことが特徴です。

洗面器やミラーの形状、水栓の設置位置、カウンターの色や材質といったように、選択肢が非常に多く、理想に近いデザインになるよう組み合わせていくことができます。


3.自分の使いやすい寸法で設計できる

ユニットのような、カウンターと洗面ボウル一体型ではないため、間取りや生活スタイルに合わせて自由に高さや幅、奥行きを決めることが可能です。

棚を設ける場合も、実際に収納したいものに合わせたぴったりの寸法でオーダーすることで、使いやすく見た目も綺麗に納めることができます。
 

ベッセル型洗面器の使い勝手

ベッセル型洗面器の使い勝手も確認しておきましょう。


使う人に合わせて作れる

使用する人の身長や、用途に応じたオリジナルの寸法で設計できるため、ご家庭に合った機能的な洗面台をつくることができると言えるでしょう。


お手入れに手間がかかる

洗面ボウルまわりに隙間が多く、お手入れに多少手間がかかります。また、洗面ボウルのフォルムや材質と、水栓の仕様の相性によっては水はねを起こしやすく、予想外のところに水が飛び散るケースもあります。

壁と洗面ボウルのスキマ、洗面ボウルの周りなどに汚れがたまりやすいことは理解しておきたい点です。


カウンターの高さに注意

洗面ボウルの高さを考慮すると、その分カウンターやキャビネットの位置を低くする必要があるため、使用しづらいという方もいます。

また、洗面ボウルの高さを抑えて浅型のものとした場合、小さなスペースで手を洗うことになるためゆったりと使いたい方にとってはストレスを感じることもあるでしょう。

ベッセル型洗面器のメリット・デメリット

最後にベッセル型洗面器のメリット・デメリットをまとめて確認します。


メリット

〇デザイン性の高さ

ベッセル型のメリットの一つはデザイン性がとても高い点です。

他のタイプの洗面器と違い、洗面ボウル自体のデザインがアクセントとなった印象的な空間作りに役立ちます。


〇設計の自由度

造作なら洗面ボウルとカウンターをそれぞれ選んで組み合わせることができたり、使いやすい洗面台になるよう寸法を調整したりすることができます。


デメリット

〇お手入れの手間

お手入れのしやすさを重視して設計されたものが多い既製品のユニット洗面台と比べると、メンテナンスに手間がかかることが多いです。

洗面ボウルとカウンターの上にあるので、飛び散った水や汚れはボウルに流しいれることができなかったり、洗面ボウルと壁の間が掃除しづらかったりする点は、注意しておきたいポイントです。


〇カウンターの高さ

洗面ボウルの高さがあるので、その分カウンターやキャビネットの位置が低くくなります。浅型の洗面ボウルもありますが、ゆったりと使いたい方にとってはストレスを感じることもあるでしょう。

まとめ

今回はベッセル型洗面器についてご説明しました。

ベッセル型洗面器はデザイン性に優れたタイプです。洗面所をステキな空間としたいときに役に立ちます。一方お手入れや使い勝手を重視するにはやや難しい点があります。

メリット・デメリットを押さえてしっかりと選んでいきたいものです。


・参考文献:和田 浩一, 他,世界で一番やさしいインテリア,エクスナレッジ,2018/11

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  3. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  4. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  5. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  6. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  7. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  8. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  9. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

  10. 【HAGS|アイテム】天然木を外壁に。50年後の経年美...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表