&Renoトップ リノベーションのアイテム 書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイントとは、だれでも簡単に実践できるアイデアも紹介

書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイントとは、だれでも簡単に実践できるアイデアも紹介

  • https://renovefudosan.com/andreno/show/5292

書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイントとは、だれでも簡単に実践できるアイデアも紹介

 
この記事では、書斎をスッキリさせるために大切な4つの収納のポイントを紹介します。
 
書斎を作るときに「書斎の収納方法はどうのようにすれば良いのだろう」と疑問に感じたことはありませんか。
 
書斎を快適な作業スペースにするには、部屋をスッキリさせることが重要です。そこで、収納のポイントを押さえておくことで、いつでも書斎をキレイな状態にできます。この記事で、書斎の収納方法のコツが分かりますのでぜひ参考にしてください。

 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイント

書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイントとは、だれでも簡単に実践できるアイデアも紹介"

 
書斎の収納スペースを作るときに、いきなり本棚などを購入する方もいらっしゃいます。しかし、書斎は作業スペースなので、リラックスできる空間でありたいものです。そのためには効率の良い収納によって書斎をスッキリさせることが必要でしょう。
 
書斎の収納スペースを作るときには、はじめに以下の3つのポイントを押さえておくことをおすすめします。

 
見せる収納と見せない収納を使い分ける

思い出の写真や’お気に入りの雑誌などは、インテリアの一部としても利用できます。一方で、仕事で使用する書類やパソコンケーブルなどは、なるべく見えない場所にしまっておきたいものです。
 
書斎を居心地の良い空間にするには、見せる収納と見せない収納を使い分けるようにしましょう。また、文房具などの使用頻度の高いモノについては、スタンドなどの入れ物に立てておく、ハンガーフックを使って壁につるすなどのおしゃれな収納を意識することで書斎をスッキリできます。

 
必要なものと必要でないものを分ける

書斎を作るときに注意したいこととして「圧迫感」があります。書斎にたくさんの書類や本などを置きすぎると、圧迫を感じてしまうでしょう。そうすると、書斎の居心地が悪くなり、作業がはかどらなくなってしまいます。
 
書斎を作るときには、あらかじめ必要なものと必要でないものを分けておきましょう。必要でないものは書斎から排除する、または別の部屋に収納するという意識が大切です。特に、リビングの一角や廊下などにミニ書斎スペースを作る場合には、本当に必要なものだけを収納するように心がけましょう。

 
デスクにはなるべくモノを置かないようにする

書斎をいつでも快適に状態にするために、デスク周りの整理整頓を心がけましょう。デスク周りは、文房具や書類などで散らかりやすい傾向にあります。作業に没頭してしまうと、片づけをする時間も取れなくなるので注意したいものです。
 
デスクは作業をするためのスペースなので「散らかっていても問題ないのでは」と考える方もいらっしゃいます。しかし、デスクが散らかった状態でいると、別のことに関心が向きやすくなるため、集中力を失う危険性があるのです。
 
デスク周りをスッキリさせるには、はじめからモノを置かないようにすることです。パソコンや筆記用具以外は、別の場所に収納するように意識しましょう。

 

書斎をスッキリさせる3つの収納のアイデア

書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイントとは、だれでも簡単に実践できるアイデアも紹介"

 
ここまでで、書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイントを紹介しました。しかし、この記事を読まれた方の中には「どのようにスッキリ収納させられるのか詳しく知りたい」という方もおられるのではないでしょうか。
 
ここでは、書斎をスッキリさせる収納のアイデアをまとめました。だれでも簡単に実践できるアイデアを紹介しますので参考にしてください。

 
カラーボックスを活用する

カラーボックスには以下の3つのメリットがあります。
 
・安価である
・女性でも簡単に組み立てができる
・ボックスを組み合わせることで部屋をおしゃれにできる
 
カラーボックスにキャスターを取り付ければ、ワゴンタイプの収納スペースとして活用できます。また、カラーボックスの色を統一すると、書斎をおしゃれに演出できるのでおすすめです。
 
カラーボックスを選ぶときには、素材にもこだわりましょう。スチール製のカラーボックスならクールなイメージを作れます。また、プラスチックならカジュアルな書斎にできるでしょう。木製のカラーボックスは和らいだ印象があり、リラックスできる空間に変えられます。

 
壁をディスプレイ収納のスペースにする

壁を上手に利用すると、おしゃれな収納スペースを作ることができるのでおすすめです。例えば、パンチングボードを壁に取り付けることで、文房具などをぶら下げて収納できます。また、小さな棚をパンチングボードに取り付けることで、小さな観葉植物を飾ることも可能です。
 
壁を活用したいものの、アパートの規定で穴を開けることが禁止されている場合には、ベニヤ板がおすすめです。ベニヤ板の部分に伝票や予定表などを貼り付けておけば、いつでもスケジュールをチェックできるでしょう。

 
配線の収納

書斎をスッキリさせるには、配線の収納方法にも意識しましょう。最近では、パソコンやプリンターを使用する頻度が高いので、あらかじめケーブル部分を見せないように収納します。
 
配線を収納する場合にはケーブルボックスの活用がおすすめです。デスクの下などに取り付けておくことで、ごちゃごちゃするケーブルをまとめることができるでしょう。
 
また、スマホやタブレットなどの複数のケーブルを整理したい場合にはケーブルクリップもおすすめです。壁に取り付けておけば、いつでも楽に充電ができるでしょう。

 

まとめ

書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイントとは、だれでも簡単に実践できるアイデアも紹介"

 
この記事では、書斎をスッキリさせるために大切な3つのポイントと、書斎をスッキリさせる3つの収納のアイデアを紹介しました。これらの方法を実践すれば、スペースが限られている書斎でもスッキリと片づけることができるでしょう。
 
カラーボックスやパンチングボードなどを使用して、自分だけの特別な空間を演出してください。
 
 

知って得するリノベの仕組み本(事例付き)が無料!

この記事をシェアする

人気のキーワード

Ranking

  1. 【完全版】キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  2. 【完全版】リビングリノベーションのガイド〜種類・費用・...

  3. 無垢フローリング|DIYの参考になるプロの「丁寧な施工...

  4. HAGSオリジナル「トグルスイッチ」。他にはないデザイ...

  5. 【HAGS】香が濃く・雨にも強い「屋久島地杉」を家づく...

  6. 土間もL.D.Kも書斎も!20~50万円以下のプチリノ...

  7. ホームセンターに行かなくても手に入る!本物志向のDIY...

  8. 参考にしたい!マンションでもできる!リノベで土間空間!...

  9. 【完全版】壁紙クロスリノベーションのガイド〜種類・費用...

  10. DIYゴコロをくすぐる、メキシカンタイルの楽しみ方【リ...

Writer

  • 日刊Sumai編集部

    自分らしい家づくり、住宅事例やリノベーションなどの情報を発信。ライター多数在籍

  • 山口 奈緒子

    大学院で空間デザインを専攻。輸入家具店にて勤務後、リノベ不動産でワクワクする住空間を全国へ広めている

  • 萩原 和

    リノベ不動産にてリノベーションを多数ご提案。その後マーケティング部で&Renoの企画に携わる

  • 山下 さと子

    建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働いた後、web業界へ転向しフリーランスへ。一児の母

  • 神木 千鶴

    専門商社で営業職に従事、その後出版業界でディレクター・ライターとして勤務。子育てサークル代表